「ヤマト」山崎貴監督、「はやぶさに勇気づけられた」と感激 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年8月18日 > 「ヤマト」山崎貴監督、「はやぶさに勇気づけられた」と感激
メニュー

「ヤマト」山崎貴監督、「はやぶさに勇気づけられた」と感激

2010年8月18日 21:34

子どもたちに宇宙への夢を「宇宙戦艦ヤマト」

子どもたちに宇宙への夢を
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 往年の名作SFアニメ「宇宙戦艦ヤマト」を初めて実写映画化する「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の山崎貴監督と、小惑星探査機「はやぶさ」に使用されたイオンエンジン開発に携わった宇宙航空研究開発機構の国中均教授が8月18日、東京・霞ヶ関の文部科学省「情報ひろば」で公開対談を行った。

同作は、西暦2199年、放射能汚染された地球を救うため、はるか14万8000光年のかなたにあるイスカンダル星を目指す宇宙戦艦ヤマトと、エースパイロットの古代進(木村拓哉)ら乗組員たちの戦いを描く。

「はやぶさ」は、地球から約3億キロ離れた小惑星イトカワを探索し、打ち上げから7年を経て今年6月に地球に帰還。国中教授は、「とても遠いところまで行くというのも大変なんですが、一旦打ち上げてしまうと、人間の手で直すことができない。だから、いかに壊れないような機械を作り込むか、いかに壊さないように使うか、そして、問題が起きても直せるような第2、第3の手をどうやって用意しておくかというのが大変だったと思う」と世間を沸かせているプロジェクトについて述懐。そして、「私は子どものころにテレビで『宇宙戦艦ヤマト』を見ていました。オープニングテーマに『必ずここへ帰ってくると』というフレーズがありましたが、『はやぶさ』はまさにそれを地でいったなと思っています」と話した。

一方の山崎監督は、「日本はSF映画のジャンルで遅れをとっているので、新しいことを検証しながら実現させていかなければならないのがすごく大変。『はやぶさ』も限られた予算のなかでプロジェクトが進められていて、すごく親近感を感じました(笑)。アメリカ映画の何10分の1という予算しかないなかで、ちゃんと帰ってきた『はやぶさ』には勝手に勇気づけられています」と熱っぽく語った。さらに、「最近は宇宙への関心が薄くなってきているように思うので、今回の『はやぶさ』や、年末の『ヤマト』を見て、本当に素敵なところがあるんだということを認識してもらえる機会になれば」と訴えた。

SPACE BATTLESHIP ヤマト」は12月1日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi