小森純VS大槻教授、超常現象めぐり火花 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年2月8日 > 小森純VS大槻教授、超常現象めぐり火花
メニュー

小森純VS大槻教授、超常現象めぐり火花

2011年2月8日 18:03

大槻教授の心拍数も上がる怖さ!?「パラノーマル・アクティビティ」

大槻教授の心拍数も上がる怖さ!?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] モデルの小森純大槻義彦早稲田大学名誉教授が2月8日、都内で社会現象となった大ヒットホラーの第2弾「パラノーマル・アクティビティ2」(トッド・ウィリアムズ監督)を鑑賞し、“超常現象バトル”と題したトークショーで舌戦を繰り広げた。

同作は、低予算ながら全米で大ヒットを記録したホラー「パラノーマル・アクティビティ」の続編。前作の衝撃的なラストから1年、新たな超常現象に襲われるケイティ一家の受難を、ハンディカム映像と複数の固定監視カメラで映し出す。

これまで、はるな愛マツコ・デラックス楽しんごと、数多くのお姉系タレントが本作の恐怖を体験してきた。大槻教授は、「ポルターガイストなどの超常現象は決して起こらないことではない。ただ、科学や医学がこれだけ進歩した21世紀に、“心霊”現象という解釈は違う」とあくまで理論武装を貫いた。小森が「小学生のころ、実家の天井を黒いヘビが這っていた。ヘビは天井を這うことができないって後で聞いてゾッとした」と自らの恐怖体験を明かすと、大槻教授は「夢でも見てたんじゃないの?」と一蹴。心霊現象肯定派と否定派の間で火花が散った。

そこで、心理学者の黒須圭子氏が暗視カメラがとらえた2人の鑑賞風景と心拍数を分析。大槻教授は小森よりも高い心拍数を記録したが、「私くらいの年になると血圧が高い」と弁明。最終的には、観客の多数決で超常現象肯定派の小森に軍配が上がった。

パラノーマル・アクティビティ2」は2月11日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi