宮崎駿監督、「コクリコ坂から」吾朗監督に「映画監督は2本目が大事」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年12月16日 > 宮崎駿監督、「コクリコ坂から」吾朗監督に「映画監督は2本目が大事」
メニュー

宮崎駿監督、「コクリコ坂から」吾朗監督に「映画監督は2本目が大事」

2010年12月16日 00:01

ジブリ新作は「コクリコ坂から」 ジブリ新作は「コクリコ坂から」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが12月15日、東京・有楽町の東宝本社で最新作「コクリコ坂から」の製作報告会を行った。鈴木プロデューサーは、宮崎駿監督がメガホンをとる長男の宮崎吾朗監督に対し「映画監督は2本目が大事で、本当の評価が出る。1本目はビギナーズラックもあるんだ」とメッセージを伝えたことを明かした。

同作は、「なかよし」(講談社刊)で1980年1~8月号に連載されていた高橋千鶴・佐山哲郎(原作)の少女漫画が原作。映画では1963年の横浜を舞台に置き換え、下宿屋を経営する女系家族の長女・小松崎海が、高校の生徒会長と新聞部部長の青年2人に振り回されながら日常をおくる姿を描く。鈴木プロデューサーは、企画背景を「約15年前、信州にある宮さん(宮崎駿監督)の山小屋へ夏休みで行ったら、テレビも新聞もないなか、雑誌の『リボン』や『なかよし』があった」と説明。そして、「話すことが何もないから、『コクリコ坂から』のストーリーの続きがどうなるかを語り合った」そうで、翌年も同じことを続けたという。

そして昨年末、駿監督から「スタジオジブリ経営5カ年計画」という表を見せられたと明かす。そのなかで、最初の3年は若い人材の登用、最後の2年は超大作の製作を打ち明けられたそうで「その第1弾が『借りぐらしのアリエッティ』だった。今回は吾朗くんにしたいと話したら、『2本目が成果が問われる。ダメだったら解任の可能性もあるが、やらせよう』と言っていた。宮さんは、いまだに『ゲド戦記』を吾朗くんに撮らせたことについて、僕のことを許していないんですよ」と笑った。

製作については、「非常に順調に遅れています。現在は絵コンテ作成の最後の段階。67年生まれの吾朗くんにとっては時代劇を撮るようなもの。ただ、昔は良かったじゃダメ。今、この時代に撮る意味を見極めないといけない」。原作との違いについて、「見え方は違うかもしれないけれど、基本的には同じ。少女漫画は心象風景をつなげていくから、原作と映画で出来上がりに差が出るのは仕方がない」と話した。

駿監督はシナリオを手がけているが、「口も手も出さない」と宣言していたという。この日公開されたポスターは自ら書き下ろしたそうで、「吾朗くんが嫌がるかもしれないと思ったが、『この絵はとてもいいです』と言ったから、これを使おうと即決した」。シナリオについては、「宮さんは今回、禁じ手を使った。これまでカットバックはなかったが、今回はいっぱい出てくる。それがとても面白いと思った」と手ごたえをうかがわせた。

また、主題歌については手嶌葵が歌うことも発表された。

コクリコ坂から」は、2011年夏に全国で公開。

レビュー利用規約に同意の上、コメント投稿する

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 寄生獣の評論 寄生獣 哲学的モチーフ、ギリギリの衝撃映像、役者の力が後編への期待をあおる
  • フューリーの評論 フューリー ディテールにこだわった体感型戦争映画の新たな到達点
  • くるみ割り人形の評論 くるみ割り人形 35年もの歳月を遡及する増田セバスチャンとサンリオとの出逢い
映画評論の一覧を見る