神田うの、ナヴィ族に全身変身「すっごく楽しい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月14日 > 神田うの、ナヴィ族に全身変身「すっごく楽しい」
メニュー

神田うの、ナヴィ族に全身変身「すっごく楽しい」

2010年10月14日 21:22

スタイル抜群な“ウノ”ティリ「アバター(2009)」

スタイル抜群な“ウノ”ティリ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本で興行収入154億円を超える大ヒットを記録した「アバター」に、9分間の未公開シーンを追加した「アバター 特別編」の公開を記念し10月14日、神奈川・109シネマズ川崎IMAXデジタルシアターで日本最速&最後の3D試写会が行われた。上映前にはタレントの神田うのが、約6時間かけた全身メイクでヒロイン“ネイティリ”に変身した姿を披露。「すっごく楽しい」とご満悦だった。

今回、3Dのみ全国163スクリーンで期間限定上映される「アバター 特別編」には、スティングバット、扇トカゲといった新たなパンドラの生物が登場するほか、主人公ジェイク(サム・ワーシントン)が先住民ナヴィたちとともに、主食である動物スタームビーストを狩るシーンなどが追加された。ジェームズ・キャメロン監督は「すでにファンであるあなたも、まだ見たことのないあなたも、この特別編は初めての経験となるでしょう」と自信のコメントを寄せている。

あまりに完ぺきな変身ぶりに、神田本人が自己紹介するまで、客席のだれもが正体を見抜けないほど。してやったりの神田は、「この耳をつけられた瞬間、スイッチが入った。ネイティリの妹“ウノ”ティリです」とメイク越しに満面の笑みを浮かべた。劇場公開時、周囲から「(ナヴィ族に)似ている」と言われていたといい、神田も「最初は微妙だなと思ったが、見ているうちに『あれ、似てる? 仲間!?』と思った」。それだけに本編を鑑賞した際は「クライマックスのシーンは、『一緒に戦おう!』って感じでいつも以上に感情移入できた」と興奮気味。「せっかく6時間もかけてメイクしたので、これから都内でもうひと遊びしたい。普通にバーとか行きたいな」とご機嫌で、カメラマンのリクエストにもさまざまなポーズで応えていた。

アバター 特別編」は10月16日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi