ノッチ惨敗 絵本の読み聞かせイクメンはIZAMに決定! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年10月14日 > ノッチ惨敗 絵本の読み聞かせイクメンはIZAMに決定!
メニュー

ノッチ惨敗 絵本の読み聞かせイクメンはIZAMに決定!

2010年10月14日 21:22

恐妻家キャラの2人が読み聞かせ対決「おまえうまそうだな」

恐妻家キャラの2人が読み聞かせ対決
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 恐妻家キャラで人気のIZAMとノッチ(デンジャラス)が10月14日、アニメ映画「おまえうまそうだな」の公開記念イベントに出席した。

同作は、人気絵本作家・宮西達也の「ティラノサウルスシリーズ」(ポプラ社)の映画化で、肉食恐竜ティラノサウルスと、草食恐竜アンキロサウルスの絆を描く。絵本としてはシリーズ8作目に突入し、累計150万部を超える大ヒット作だ。

この日、IZAMとノッチが挑んだのは、子どもたちに巨大絵本を読み聞かせるという「読み聞かせイクメン対決」。20組の親子を前に、恐妻家のイメージを払しょくすべく読み聞かせイクメンを目指した。

3歳の長男と1歳の長女の父であり、11月には妻の吉岡美穂が第三子を出産予定のIZAMは「早く帰った日は必ず寝る前に子どもに絵本を読んでいます」と良き父親ぶりをアピール。しかし、「全力(大声)で読むので子どもが興奮して眠れない! 読み方が大げさすぎる! と奥さんに注意されるんです……」。ノッチも「2歳の娘がいるんですが、いまだに女の子との接し方がわからなくて。一生懸命に読んでいるんですけどね、無反応なんですよ……」と苦労を明かした。

読み聞かせは、前半をノッチ、後半をIZAMが担当。会場の親子のジャッジで軍配はIZAMに。宮西氏から大判の原作絵本とパペットを贈呈されたIZAMは、「子どもはページをめくっている間に飽きちゃうので、いつも飽きないように気を付けています」とふだん実践している読み聞かせの秘けつを明かした。

また、ひと足早く同作を見た2人は、「子ども向きだけれど半泣きで感動した。いい映画だった」と口をそろえ絶賛していた。

おまえうまそうだな」は、10月16日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi