「アバター」ブルーレイ&DVD、4月発売に隠された意図とは? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年3月25日 > 「アバター」ブルーレイ&DVD、4月発売に隠された意図とは?
メニュー

「アバター」ブルーレイ&DVD、4月発売に隠された意図とは?

2010年3月25日 15:32

今度は自宅でパンドラの世界を楽しんで「アバター(2009)」

今度は自宅でパンドラの世界を楽しんで
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジェームズ・キャメロン監督最新作「アバター」のブルーレイ&DVDが4月22日(日本では23日)に発売されることが発表された。世界興行収入歴代1位の記録を打ち立てる大ヒット作で、全米や日本でもいまだ興行ランキングトップ10に名を連ねているなか、公開からわずか4カ月でのスピード発売。3月23日(現地時間)、キャメロン監督が米ロサンゼルスで発売発表会見を行い、ブルーレイ&DVDについて真相を語った。

映画の記録的大ヒットについて、「とてもいい気分だよ(笑)。もちろん予想していなかったことだ。フィルムメーカーにとって、アメリカ国内の観客だけじゃなく、まったく違った言語を話す世界中の観客に映画を通じてつながることができるということは、なによりの喜びだ」と謙虚な姿勢。現在も上映が続くなか、4月にソフト化することについて「いつ出すかということに関しては、とても慎重に戦略を練った。いま映画館で上映しているしね。ただ、“アース・デイ”(4月22日の地球環境について考える日)に合わせて発売したかったから、どちらにしてもその日に発売する意向だった」と説明した。さらに、「その日に発売することで、この映画の持つ環境問題についてのメッセージを伝えたかった。そういう意味で、このタイミングは完璧だったと思っている」と強調した。

会見には世界20カ国から100人近いジャーナリストが集まり、ブルーレイによる「アバター」の上映も行われた。キャメロン監督は、ブルーレイ、DVD化にあたりマスターディスクの色補正などにも自ら携わったといい「ブルーレイの映像画質は驚くほど素晴らしい。『アバター』の質が落ちないようにすごく気をつけて、映画公開時に色補正を担当したスタッフに、DVDとブルーレイのマスタリングの仕事も担当してもらった。彼と僕で一緒に作業をして、夜のシーンや、紫や青、赤の微妙な色合いがすべてそのまま楽しめるようにした」と胸を張った。そして、「色や映像のダイナミックな幅など、すべてが最高だ。ある意味、劇場で見るよりもよりきれいに見えるように思う」

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi