哀川翔、ゼブラクイーン仲里依紗を絶賛 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年3月25日 > 哀川翔、ゼブラクイーン仲里依紗を絶賛
メニュー

哀川翔、ゼブラクイーン仲里依紗を絶賛

2010年3月25日 16:23

強風も雨も何のその「ゼブラーマン」

強風も雨も何のその
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 哀川翔主演、三池崇史監督、宮藤官九郎脚本の映画「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」が3月25日、開催中の第2回沖縄国際映画祭・長編プログラム「Laugh」部門で上映され、沖縄入りしている哀川が舞台挨拶を行った。

同作は、哀川の主演100本目を記念し、三池監督、宮藤脚本でタッグを組んだ「ゼブラーマン」(2004)の続編。前作は3週間限定公開ながら、興行収入5億円の大ヒットを記録した。今回は、前作の15年後の東京(ゼブラシティに改称)を舞台に、記憶喪失になった主人公・市川新市が、かつての教え子の手助けを得ながら、地球を救った英雄としての姿を取り戻していく姿を描く。撮影は既に終了しているが、CGにこだわったため現状では98%の仕上がりで、“沖縄”バージョンでのお披露目となった。

デビュー25周年を迎える哀川は、雨中のレッドカーペットにリムジンで登場。詰め掛けたファンと握手を繰り返し、「雨の中っていうのも気分がいいね。集まってくれたみんなに感謝したい」。そして、同映画祭についても「前回に増してかなりグレードアップしている感触がありますね。沖縄の皆さんの熱気、関心ぶりが伝わってきます」と語った。

撮影現場ではワイヤーでつながれている時間が長かったそうで、「かなり過酷になることは覚悟していたが、予想以上。それに、仲里依紗さん演じるゼブラクイーンがいいんです。歌って踊れて『最強の女、現る』って感じですよ。ドン! ときますから」とヒロインを絶賛した。

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」は東映配給で、5月1日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi