「アバター」シガニー・ウィーバー、アカデミーを批判 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年4月15日 > 「アバター」シガニー・ウィーバー、アカデミーを批判
メニュー

「アバター」シガニー・ウィーバー、アカデミーを批判

2010年4月15日 15:05

“おっぱい”が勝敗を分けた?「アバター(2009)」

“おっぱい”が勝敗を分けた?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジェームズ・キャメロン監督の大ヒット3D映画「アバター」に出演したシガニー・ウィーバーが、3月に発表された第82回アカデミー賞で、「ハート・ロッカー」の女性監督キャスリン・ビグローに監督賞を与えたアカデミー会員を批判したことが明らかになった。

ウィーバーは、プロモーションで訪れたブラジルで、現地メディアFolha Onlineに対して「ジム(・キャメロン監督)が監督賞をとれなかったのは、彼には“おっぱい”がないから。それが理由だと思う。私は彼が受賞するべきだったと思っている」と語った。

さらに、作品賞についても「昔は、たとえば『ベン・ハー』のような大作が好まれていたけど、最近は誰も見ないような小品にオスカーをあげることが流行なのよ」とチクリ。世界興収歴代1位の27億ドル(約2515億円)を稼ぎ出した「アバター」が、世界興収4000万ドル(約37億円)の「ハート・ロッカー」に負けたことへの不満を漏らした。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi