キャメロン監督、オスカー作品賞は「アバター」に、監督賞は元妻にとの意向 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年2月19日 > キャメロン監督、オスカー作品賞は「アバター」に、監督賞は元妻にとの意向
メニュー

キャメロン監督、オスカー作品賞は「アバター」に、監督賞は元妻にとの意向

2010年2月19日 11:29

今も良好な関係の元夫婦「アバター(2009)」

今も良好な関係の元夫婦
Photo:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第82回アカデミー賞で最多9部門にノミネートされている「アバター」のジェームズ・キャメロン監督が、作品賞は欲しいが監督賞は元妻キャスリン・ビグローにいくのが理想的な結末だと語った。ビグロー監督の「ハート・ロッカー」は、作品賞と監督賞含め同じく9部門にノミネートされている。

米Deadline Hollywoodによると、キャメロン監督は、米ジャーナリストのチャーリー・ローズとのインタビューで、「『アバター』が作品賞、ビグローが監督賞というのが、自分が夢に描く結果だ」と断言。そして、「自分のスタッフがどれだけ頑張ったか知っているし、作品賞の栄誉が授与されたら彼らもどれほど誇らしいことか。だが、私個人としてはすでにいくつか取っているからね。この仕事をする人間にとっては頂点であり、アカデミー賞の権威は尊重しているが、別に(監督賞を)2つは要らないよ」と話した。

さらに、ローズが重ねて「それはつまり、アカデミー会員に対して、作品賞は『アバター』に、しかし監督賞はキャスリン・ビグローに投票してくれということでしょうか」と畳みかけると、「そうは言わないが、そういうことになれば私はとてもハッピーだということだ」と答えた。

アカデミー会員による投票の締切りは3月2日。この発言がどう影響するか、3月7日の授賞式を待ちたい。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi