リンダ・ハミルトン、元夫ジェームズ・キャメロン監督との結婚生活を激白 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2010年2月8日 > リンダ・ハミルトン、元夫ジェームズ・キャメロン監督との結婚生活を激白
メニュー

リンダ・ハミルトン、元夫ジェームズ・キャメロン監督との結婚生活を激白

2010年2月8日 11:59

世界に5人!他の4人って誰ですか?「ターミネーター」

世界に5人!他の4人って誰ですか?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ターミネーター」シリーズのサラ・コナー役で知られる女優のリンダ・ハミルトン(53)が、同作の監督で元夫のジェームズ・キャメロン(55)との結婚生活について赤裸々に語った。

キャメロン監督には5回の結婚歴があり、ハミルトンはその4番目の妻にあたる。2人は「ターミネーター2」(91)の撮影中から交際を始め、97年に結婚するも99年には離婚。キャメロンが「タイタニック」(97)に端役で出演していたスージー・エイミス(現キャメロン夫人)のもとに走ったことが離婚の直接の原因だが、ハミルトンは、むしろ自分のライバルは映画「タイタニック」のほうだったと英ザ・サン紙に語っている。「彼は『タイタニック』という愛人のために私を捨てたのよ。とにかく、妻と家にいるよりも“愛人”と仕事をしていたいタイプの男だから」と、完全主義者でワーカホリックというキャメロン監督に対する世間の評価を裏付けた。

ハミルトンによれば、かつてキャメロン監督は口癖のように「父親や夫には誰だってなれるが、俺がやっていることができる人間は世界に5人しかいない。だからそっちを選ぶんだ」と言っていたらしい。結果、映画の製作でほとんど家には戻らず、一緒にいてもケンカばかりだったというが、それでも離婚後も友だち付き合いは続いているという。どうやら、離婚後も友好な関係を築くというのはキャメロン監督の得意技のようだ。今年のアカデミー賞に同監督の「アバター」と同じ最多9部門でノミネートされた「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグロー監督は彼の3番目の妻だが、やはり別れたあともいい友人同士であり、実際、ビグロー監督は最初に「ハート・ロッカー」の脚本を手にしたとき、真っ先にキャメロン監督に相談したのだとか。

ただし、それも現夫人のエイミスにとってはある種の不安材料かもしれない。ハミルトンは、「手に入らない女こそが、彼にとってのドリームガール」だと語り、エイミスに対して暗に警告を発している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi