宮崎駿監督がアニー賞監督賞候補に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年12月2日 > 宮崎駿監督がアニー賞監督賞候補に
メニュー

宮崎駿監督がアニー賞監督賞候補に

2009年12月2日 22:40

作品賞候補は難しかったか…「カールじいさんの空飛ぶ家」

作品賞候補は難しかったか…
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米アニメ界のアカデミー賞といわれる第37回アニー賞のノミネートが12月1日に発表され、ウォルト・ディズニーの配給で今夏に全米公開された「崖の上のポニョ」から、宮崎駿監督が監督賞、音楽の久石譲が音楽賞にそれぞれノミネートされた。宮崎監督はこれまでに、米アカデミー賞長編アニメーション賞を受賞した「千と千尋の神隠し」でも、アニー賞の長編アニメーション賞、監督賞などを受賞している。

長編アニメーション賞には、「くもりときどきミートボール」「コララインとボタンの魔女 3D」「ファンタスティック・ミスター・フォックス(原題)」「プリンセスと魔法のキス」「The Secret of Kells」「カールじいさんの空飛ぶ家」の6作品がノミネート。このうち「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」のヘンリー・セメック監督による「コララインとボタンの魔女」が長編アニメ、監督、音楽など8部門で合計10ノミネートを受けて最多。ピクサー・アニメーション・スタジオの「カールじいさんの空飛ぶ家」が長編アニメ、監督、音楽、脚本など8部門で合計9ノミネートを受けて追随。また、日本関連の作品では、手塚治虫の「鉄腕アトム」をCGアニメ化した「ATOM」がストーリーボードと脚本の2部門でノミネートを受けている。

昨年度は、本命と言われたピクサーの「ウォーリー」を破り、ドリームワークス・アニメの「カンフー・パンダ」が長編アニメーション賞ほか11部門を制覇。今年のドリームワークス作品「モンスターVSエイリアン」は技術部門で4つのノミネートを受けるにとどまった。

第37回アニー賞の授賞式は2010年2月6日にロサンゼルスで開催される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi