「ヱヴァ」は資格なし、では「ポニョ」は?来年のアカデミー賞アニメ部門 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年10月19日 > 「ヱヴァ」は資格なし、では「ポニョ」は?来年のアカデミー賞アニメ部門
メニュー

「ヱヴァ」は資格なし、では「ポニョ」は?来年のアカデミー賞アニメ部門

2009年10月19日 12:12

「ポニョ」はノミネートなるか?「ATOM」

「ポニョ」はノミネートなるか?
(C)2008 二馬力・GNDHDDT
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 今年夏から秋にかけて「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」(07)が全米各地で「Evangelion 1.0: You Are (Not) Alone」という英語タイトルで巡回上映され、話題を呼んでいるが、こちらはTVアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」(95~96)が元になった新シリーズであり、惜しくも米アカデミー長編アニメ賞のノミネート資格を持たないという。今年もアカデミー長編アニメ賞のエントリー数は15本以下になる見通しで(締め切りは11月2日)、アカデミー賞の規定により、今年の同部門ノミネート数は例年通りに「3本」になりそうだ。

候補資格を持つ作品をながめてみると、手塚治虫「鉄腕アトム」が原作の3Dアニメ「ATOM」(Summit)、ロバート・ゼメキス監督の「Disney's クリスマス・キャロル」(Walt Disney)、「くもりときどきミートボール」(SPE)、ロアルド・ダールが原作の「Fantastic Mr.Fox」(FOX)、「アイス・エイジ3/ティラノのおとしもの」(FOX)、ドリームワークス・アニメ「モンスターVSエイリアン」(DreamWorks)、スタジオジブリ・アニメ「崖の上のポニョ」(Walt Disney)、ディズニー・アニメ「プリンセスと魔法のキス」(Walt Disney)、ピクサー・アニメ「カールじいさんの空飛ぶ家」(Walt Disney)などが有力候補になってくる。日本関連で「ポニョ」や「ATOM」が、最終ノミネート3作品に入るかどうか大注目される。

また、昨年「おくりびと」が受賞して沸きに沸いた外国語映画賞部門では、65カ国から寄せられた各国代表の映画が10月15日にエントリーされた。

今年のカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞したミヒャエル・ハネケ監督の「ホワイト・リボン」(ドイツ代表)、ベルリン国際映画祭金熊賞を受賞したクラウディア・ローサ監督の「ミルク・オブ・ソロー」(ペルー代表)、ポン・ジュノ監督の「母なる証明」(韓国代表、10月31日公開)、君塚良一監督の「誰も守ってくれない」(日本代表)などが頂点を競うことになった。ノミネートは来年2月7日、セレモニーは3月7日に開催される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi