「指輪」をめぐる原作者側とスタジオ側の裁判が、電撃的和解! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年9月11日 > 「指輪」をめぐる原作者側とスタジオ側の裁判が、電撃的和解!
メニュー

「指輪」をめぐる原作者側とスタジオ側の裁判が、電撃的和解!

2009年9月11日 12:00

いちばん安堵しているのは、やはりこの人「指輪物語」

いちばん安堵しているのは、やはりこの人
Photo:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「指輪物語」の原作者J・R・R・トールキンの遺産管理慈善団体トールキン・トラストと出版社ハーパー・コリンズ社が、映画「ロード・オブ・ザ・リング」を製作したニューライン・シネマに対して、映画収益金の7.5%が支払われていないとして係争中だった裁判が、電撃的和解によって決着した。

映画「LOTR」3部作の総収益は、60億ドルにも及ぶと言われている。英ガーディアン紙によると、トールキン側は1.5億ドル~2.2億ドルの間と見られる補償金と、ニューラインを吸収合併したワーナー・ブラザースが製作に取りかかっていた映画「ホビットの冒険」の製作中止を、昨年、ロサンゼルス高等裁判所に求めていた。

今回、裁判が終結したことについて、J・R・R・トールキンの長男クリストファー・トールキンは、「法的手段が必要とされたことは残念ですが、そのおかげでトールキン・トラストが正当な権利を得られる形で係争が決着したことをうれしく思います。私たちは、ニューラインが『ホビットの冒険』の製作に邁進できるものと理解しています」と声明を発表。

一方で、ニューラインを吸収したワーナー社長兼最高執行責任者アラン・ホーンも、「私たちはトールキンの原作が映画の成功に寄与した功績を高く評価しており、訴訟問題が解決したことをたいへん喜ばしく思っています。今後もともに満足のいく作品を製作し、有益な関係を築いていきたいと思っています」と声明を発表した。

具体的な補償金の金額や合意内容について詳細は明らかにされていないが、これにより「ホビットの冒険」の製作者ピーター・ジャクソンと監督ギレルモ・デル・トロは、原作者側からのお墨付きを得て、何の障壁もなく製作に取り組めることになった。

「LOTR」3部作のプリクエル(前章)となる「ホビットの冒険」は、ガンダルフ役のイアン・マッケラン、ゴラム役のアンディ・サーキス、エルロンド役のヒューゴ・ウィービングが、3部作に引き続いて出演予定。前後編の2部作で、前編は2011年、後編は2012年に公開される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi