清水崇監督「戦慄迷宮3D」、ベネチアで特別フッテージ上映が決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年9月11日 > 清水崇監督「戦慄迷宮3D」、ベネチアで特別フッテージ上映が決定
メニュー

清水崇監督「戦慄迷宮3D」、ベネチアで特別フッテージ上映が決定

2009年9月11日 12:00

Jホラーの名手・清水監督の3D映画をベネチアはどう見る?「戦慄迷宮3D」

Jホラーの名手・清水監督の3D映画をベネチアはどう見る?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「呪怨」の清水崇監督が、日本初の本格実写3D映画として手がける「戦慄迷宮3D」のフッテージ映像が、イタリアで開催中の第66回ベネチア国際映画祭でお披露目されることになった。

ベネチア映画祭では今年、08年から09年に製作された3D映画を対象に、「最もクリエイティブな3D映画」を選ぶ「プレミアム・ぺルソール 3-Dアワードセレモニー」が開催され、「モンスターVSエイリアン」や「カールじいさんの空飛ぶ家」「アイス・エイジ3/ティラノのおとしもの」など、ハリウッド製3D映画が軒並みノミネート。「戦慄迷宮3D」はノミネートから漏れたものの、日本を含めたアジア圏で初めてとなる実写長編3D映画で「今後を期待する1本」との理由から、特別にフッテージ映像の上映が決まった。これに伴い清水監督が現地入りし、同部門のプレゼンターとして登壇する。同部門は9月11日22時30分(現地時間)から開催される。

清水監督は「自分にとってベネチアは初めてですが、そこで今年初の3D映画部門のプレゼンターを頼まれ、しかも、そんな公の場で日本初の長編3D映画『戦慄迷宮』のフッテージ映像が世界初お披露目されるとは、『初物尽くし』でうれしいような、荷が重いような……。とにかくどんな風に受け入れてもらえるのか楽しみだし、映画製作とはまた違った興奮を感じています」とコメントを発表している。

戦慄迷宮3D」は富士急ハイランドの人気お化け屋敷をモチーフにしたホラー映画で、「誰も知らない」の柳楽優弥が主演。日本公開は10月17日。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi