「グーグーだって猫である」イベントで上野樹里が号泣。その原因は? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年8月28日 > 「グーグーだって猫である」イベントで上野樹里が号泣。その原因は?
メニュー

「グーグーだって猫である」イベントで上野樹里が号泣。その原因は?

2008年8月28日 12:00

泣くほどのことかしら?「グーグーだって猫である」

泣くほどのことかしら?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気少女漫画家・大島弓子の自伝的エッセイ漫画を、小泉今日子主演で映画化した「グーグーだって猫である」。東京・吉祥寺を舞台にした同作が、武蔵野市の発展やPRに貢献したとして、8月27日、武蔵野市役所にて市長から主演の小泉今日子上野樹里加瀬亮森三中大島美幸村上知子黒沢かずこ)、犬童一心監督、猫のグーグーに友好市民証が授与された。動物及び著名人に授与されるのは初となる。

映画は、天才漫画家の麻子(小泉)と飼い猫グーグーが織り成す日常を描く物語で、自然豊かな井の頭公園、賑やかな商店街、閑静な住宅街など、全編通して吉祥寺の街並みが映し出されている。

井の頭公園でのロケが多かったという小泉は、「公園が市民の生活に欠かせない場所になっていて、街と人々の距離が近いと感じた」と吉祥寺の印象を語り、麻子のアシスタントを演じた上野と森三中の面々については「みんなすごく仲が良くて、気がつくといつも何か食べていた。食べてる時の顔がとても幸せそうだったので、悲しい時に思い出すといいと思う(笑)」と和気あいあいとした撮影エピソードを明かした。

そんな小泉のコメントを受けて「(確かに)よく食べていた(笑)」と認めた上野は、よほど今回の撮影が心地よかったのか、「もうすぐ撮影が終わるという時期に、村上さんから『もう会うこともないね』と冷たく言われて、それがショックで泣いてしまった。さらに撮影後の取材でも泣いてしまった」と話しながら、またしても号泣。その様子をほかのキャストらは爆笑しながら眺めていたが、思わぬ形で上野を何度も泣かせてしまった村上は、焦りながら「冗談で言っただけなのに……」とその場を取り繕っていた。

この後、犬童監督らは吉祥寺駅前に繰り出し、丸井、パルコ、タワーレコードへ“グーグー1日吉祥寺お礼まわり”を行った。なお、駅ビル・吉祥寺ロンロン内の「花火のひろば」では、グーグーをイメージしたアメリカン・ショートヘア柄の“グーグー招き猫”を展示中。

グーグーだって猫である」は9月6日よりロードショー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi