グーグーだって猫である
ホーム > 作品情報 > 映画「グーグーだって猫である」
メニュー

グーグーだって猫である

劇場公開日

解説

人気少女漫画家・大島弓子が飼い猫との日々を綴った自伝的エッセイ漫画を、「ジョゼと虎と魚たち」「メゾン・ド・ヒミコ」の犬童一心監督が映画化。吉祥寺に暮らす漫画家の麻子は、愛猫サバが死んだ悲しみで漫画が描けなくなり、空虚な日々を送っていた。そんなある日、麻子はペットショップで運命的に出会った子猫を、グーグーと名付けて飼うことに。主演の小泉今日子が5年ぶりの新曲で主題歌も担当。共演に上野樹里、加瀬亮、お笑い芸人の森三中ら。

作品データ

製作年 2008年
製作国 日本
配給 アスミック・エース
上映時間 116分
オフィシャルサイト  

DVD・ブルーレイ特集

豪華キャストで贈る、幸せ溢れる感動の“猫ムービー”
DVD・ブルーレイ特集

クルクル変わる表情が愛らしい、アメリカン・ショートヘアの“グーグー”――確かに可愛い猫たちが登場するのだけれど、「猫好きの、猫好きによる、猫好きのための映画」とは単純にくくれない。「グーグーだって猫である」は、ちょっと不思議で、観る人すべての心をほっこりあったかくさせてくれる映画なのだ。 DVD・ブルーレイ特集

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
2.9 2.9 (全18件)
  • マシュマロみたい 吉祥寺の町の風景はすごく良かった。音楽が細野晴臣さんだったり、エンドロールに槇村さとるさんの名前があったりして、力入ってます。 が。 後は、うーん。ほわーんとしてて、かみごたえがなく、よくわから... ...続きを読む

    fukui42 fukui42さん  2016年11月24日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • イマイチかな 昔よく行った、吉祥寺のいせやと井の頭公園が懐かしかった。それだけ。 ...続きを読む

    あっちゃんのパパと あっちゃんのパパとさん  2016年6月10日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • 本質的には重苦しい内容なんですが ネタバレ! 漫画家大島弓子の自伝的ストーリー。 原作コミックは未読です。 映画は、数多くの漫画家が住む《吉祥寺》とゆうカルチャー文化の街を、様々な角度から世界に向けて紹介する役のマーティ・フリードマン。 小... ...続きを読む

    松井の天井直撃ホームラン 松井の天井直撃ホームランさん  2015年3月24日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

グーグーだって猫である グーグーだって猫である グーグーだって猫である グーグーだって猫である
グーグーだって猫である グーグーだって猫である グーグーだって猫である グーグーだって猫である
2013年12月28日 2013年1月11日 2014年2月18日 2016年6月22日
¥300 ¥500 ¥400 ¥300
iTunes ビデオマーケット Google Play ShowTime
※プレミアムコースの場合

他のユーザーは「グーグーだって猫である」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi