小泉今日子、5年ぶり新曲の主題歌披露!「グーグーだって猫である」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年4月28日 > 小泉今日子、5年ぶり新曲の主題歌披露!「グーグーだって猫である」
メニュー

小泉今日子、5年ぶり新曲の主題歌披露!「グーグーだって猫である」

2008年4月28日 12:00

独り身の小泉にも“自伝的”な役?「グーグーだって猫である」

独り身の小泉にも“自伝的”な役?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 小泉今日子の3年ぶりの最新主演作「グーグーだって猫である」の完成披露試写会が4月25日、東京・有楽町朝日ホールで行われ、小泉をはじめ、共演の上野樹里加瀬亮、監督の犬童一心が舞台挨拶に登場。小泉が細野晴臣とのデュエットで、主題歌「good good」を歌うことが発表された。03年4月のアルバム「厚木I.C.」以来5年ぶりの新曲を歌った小泉は「歌う羽目になりました」とおどけて挨拶し、「オシャレな大人の恋愛を歌っているので楽しみにしてください」とアピールした。

グーグーだって猫である」は、人気漫画家の大島弓子による自伝的エッセイ漫画の映画化で、東京・吉祥寺に暮らす天才漫画家の麻子(小泉)と飼い猫グーグーが織り成す日常を描く物語。

空中庭園」(05)以来の主演を務めた小泉は、「憧れていた大島弓子さんの映画化(作品)に出ることが出来て、幸福な日々でした。私も猫を飼っていますし、女が独りで生きていくことの気楽さや寂しさも分かっているので、麻子の役にはすんなりと入り込めました」と主人公への共感を示し、「見ていると胸がいっぱいになって、自分の言葉では言い表せない作品。生きていくことの楽しさ、大変さも愛おしいことなんだなと感じました」と大島ワールドの魅力を語った。

一方、「金髪の草原」(00)以来の大島弓子作品を手がけた犬童監督は原作の魅力について、「とてもシンプルなことだが、『毎日を大切にしなきゃ』と思わされる漫画。映画もそれに少しでも近づけることが出来れば……」と語ると、主演の小泉についても「スゴイ人。僕はこれまであまり小泉さんに深く接してこなかったが、改めてスゴイ女優なんじゃないかと発見した(笑)。撮影現場にいても、ちょっとだけ離れた場所にいるようで、必要な時は自然に戻ってくるけれど、また違う世界に独りでいることが出来る。妖精みたいな人です」と小泉の存在感の不思議な魅力を語った。「グーグーだって猫である」は9月公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi