イーストウッド、ソダーバーグ、ベンダース監督最新作がカンヌへ! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年4月24日 > イーストウッド、ソダーバーグ、ベンダース監督最新作がカンヌへ!
メニュー

イーストウッド、ソダーバーグ、ベンダース監督最新作がカンヌへ!

2008年4月24日 12:00

S・ペンからの恩返しあり?「チェンジリング」

S・ペンからの恩返しあり?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 5月14~25日まで開催される第61回カンヌ国際映画祭の正式上映作品リストが4月23日早朝(仏時間)、同映画祭事務局より正式発表された。〈以下、監督名(パルムドール受賞作)〉

アメリカ人映画作家では、クリント・イーストウッド監督のスリラー「チェンジリング(The Changeling)」(アメリカ/アンジェリーナ・ジョリー主演)、パルムドール受賞経験があるスティーブン・ソダーバーグ監督(「セックスと嘘とビデオテープ」)のチェ・ゲバラ伝記映画「Che」2部作「The Argentine」「Guerrilla」(スペイン/共にベニチオ・デル・トロ主演)、脚本家チャーリー・カウフマンの初監督作品となる「Synecdoche, New York」(アメリカ/フィリップ・シーモア・ホフマン主演)がコンペティション部門に選ばれた。

中でも注目は、イーストウッド監督のスリラー「チェンジリング」。1920年代のロサンゼルスを舞台に、息子を誘拐され、何者かの子供と取り替えられてしまった母親(ジョリー)が、自分の子供を取り戻すために腐敗した警察や市の官僚らを相手に戦いを挑むという物語だ。イーストウッド監督は過去4度コンペ部門に出品されているが、パルムドール(最高賞)を受賞しておらず、今回が5度目の挑戦。今年のコンペ部門審査委員長はショーン・ペン(「ミスティック・リバー」)だけに、ビッグチャンス到来か。

他の主な有力作品は、ビム・ベンダース監督(「パリ、テキサス」)のロマンチックスリラー「The Palermo Shooting」(ドイツ/ミラ・ジョボビッチデニス・ホッパー主演)、アルノー・デプレシャン監督の家族連帯のドラマ「Un Conte de noel」(フランス/カトリーヌ・ドヌーブマチュー・アマルリック主演)、ジャ・ジャンクー監督の「24 City」(中国)、アトム・エゴヤン監督の「Adoration」(カナダ)、ウォルター・サレス&ダニエラ・トーマス監督の「Linha de Passe」(ブラジル)、ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ兄弟監督(「ロゼッタ」「ある子供」)の「The Silence of Lorna」(ベルギー)。

コンペ外招待作品には、スティーブン・スピルバーグ監督の「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」(アメリカ)、ウッディ・アレン監督の「Vicky Cristina Barcelona」(アメリカ=スペイン)など。ミッドナイト上映作品には、エミール・クストリッツァ監督(「アンダーグラウンド」ほか)のドキュメンタリー「マラドーナ」(スペイン=フランス)など。

日本関連では「ある視点」部門に、ポン・ジュノミシェル・ゴンドリーレオス・カラックスの3監督のオムニバス「TOKYO!」(香川照之蒼井優加瀬亮妻夫木聡出演)と、黒沢清監督の「トウキョウソナタ」(香川照之小泉今日子主演)が選ばれている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi