ウッディ・アレン

ホーム > 俳優・監督 > ウッディ・アレン
メニュー

ウッディ・アレン

ウッディ・アレン
英語表記: Woody Allen
本名: アラン・スチュワート・コニグスバーグ
生年月日: 1935年12月1日
出身: アメリカ/ニューヨーク
ジゴロ・イン・ニューヨーク ジゴロ・イン・ニューヨーク ジゴロ・イン・ニューヨーク ウッディ・アレンら結集!ジョン・タトゥーロ監督作、7月公開決定
ウッディ・アレンの写真・画像ウッディ・アレンの写真・画像をもっと見る

米ニューヨーク・ブルックリン出身。60年代初頭にスタンダップコメディアンとして活躍する。初めて映画の脚本を手がけた「何かいいことないか子猫チャン」(65)で俳優としてもデビューし、「泥棒野郎」(69)が単独での初監督作となる。当時の恋人ダイアン・キートンをヒロインに迎えた「アニー・ホール」(77)で、アカデミー監督賞と脚本賞を受賞するが授賞式は欠席。その時間にニューヨークのパブで趣味のクラリネットを演奏していたというエピソードが知られている。その後、私生活でもパートナーになったミア・ファローをミューズに「ブロードウェイのダニー・ローズ」(84)、「ハンナとその姉妹」(86)などを撮る。後者でアカデミー脚本賞を再び受賞。ほとんどの作品でニューヨークを舞台にしていたが、近年は「マッチ・ポイント」(05)、「タロットカード殺人事件」(06)、「ウディ・アレンの夢と犯罪」(07)の“ロンドン3部作”のようにヨーロッパの都市を舞台にした作品が増えてきた。スペイン・バルセロナが舞台の「それでも恋するバルセロナ」(08)で女優ペネロペ・クルスにオスカーをもたらし、仏パリで撮影した「ミッドナイト・イン・パリ」(11)は自身最大のヒット作となり、3度目のアカデミー脚本賞も受賞した。ファローの養女で、34歳年下のスン・イー・プレビンとの結婚も話題になった。

作品

マジック・イン・ムーンライトマジック・イン・ムーンライト

2015年4月11日公開予定
評価 -
監督/脚本
出演

ブルージャスミンブルージャスミン

2014年公開
評価 3.63.6
監督/脚本

ローマでアモーレローマでアモーレ

2013年公開
評価 3.53.5
監督/脚本/出演

恋のロンドン狂騒曲恋のロンドン狂騒曲

2012年公開
評価 3.23.2
監督/脚本
出演
ウッディ・アレンの作品ウッディ・アレンの作品をもっと見る

受賞歴

第86回 アカデミー賞(2014年)

ノミネート
脚本賞 ブルージャスミン

第84回 アカデミー賞(2012年)

第78回 アカデミー賞(2006年)

ノミネート
脚本賞 マッチポイント

第70回 アカデミー賞(1998年)

ノミネート
脚本賞 地球は女で回ってる

第68回 アカデミー賞(1996年)

ノミネート
脚本賞 誘惑のアフロディーテ

第67回 アカデミー賞(1995年)

第65回 アカデミー賞(1993年)

ノミネート
脚本賞 夫たち、妻たち

第63回 アカデミー賞(1991年)

ノミネート
脚本賞 アリス

第62回 アカデミー賞(1990年)

第60回 アカデミー賞(1988年)

ノミネート
脚本賞 ラジオ・デイズ

第59回 アカデミー賞(1987年)

受賞
脚本賞 ハンナとその姉妹
ノミネート
監督賞 ハンナとその姉妹

第58回 アカデミー賞(1986年)

ノミネート
脚本賞 カイロの紫のバラ

第57回 アカデミー賞(1985年)

第52回 アカデミー賞(1980年)

ノミネート
脚本賞 マンハッタン

第51回 アカデミー賞(1979年)

ノミネート
監督賞 インテリア
脚本賞 インテリア

第50回 アカデミー賞(1978年)

受賞
監督賞 アニー・ホール
脚本賞 アニー・ホール
ノミネート
主演男優賞 アニー・ホール

第69回 ゴールデングローブ賞(2012年)

受賞
最優秀脚本賞 ミッドナイト・イン・パリ
ノミネート
最優秀監督賞 ミッドナイト・イン・パリ

第63回 ゴールデングローブ賞(2006年)

ノミネート
最優秀監督賞 マッチポイント
最優秀脚本賞 マッチポイント

第44回 ゴールデングローブ賞(1987年)

ノミネート
最優秀監督賞 ハンナとその姉妹
最優秀脚本賞 ハンナとその姉妹

第43回 ゴールデングローブ賞(1986年)

受賞
最優秀脚本賞 カイロの紫のバラ

第41回 ゴールデングローブ賞(1984年)

ノミネート
最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) カメレオンマン

第36回 ゴールデングローブ賞(1979年)

ノミネート
最優秀監督賞 インテリア
最優秀脚本賞 インテリア

第35回 ゴールデングローブ賞(1978年)

ノミネート
最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) アニー・ホール
最優秀監督賞 アニー・ホール
最優秀脚本賞 アニー・ホール

第25回 ベルリン国際映画祭(1975年)

ノミネート
銀熊賞(芸術貢献賞) ウッディ・アレンの 愛と死(原題:Love And Death)

関連記事

ニュース

特集

インタビュー

映画評論

  • フランシス・ハ : 映画評論・批評 “ダメ男”は映画のサブジャンルの中で最もポピュラーであること間違いなしなのに、なぜか心の底から共鳴できる“ダメ女”映画は少ない。こうした不満を、一気に吹き飛ばしてくれる快作が... 続きを読む
  • ブルージャスミン : 映画評論・批評 近年、ヨーロッパ各地を舞台に、いささか能天気で瀟洒なライトコメディを連作していたウッディ・アレンが久々に本国に帰還して撮った、ヘビーでビターな秀作だ。ニューヨークでの優雅なセ... 続きを読む

コラム

ウッディ・アレンの関連記事ウッディ・アレンの関連記事をもっと見る
  • ウッディ・アレン
  • ウッディ・アレンの作品
  • ウッディ・アレンの受賞歴
  • ウッディ・アレンの写真・画像
  • ウッディ・アレンの動画
  • ウッディ・アレンの関連記事
  • ウッディ・アレンのDVD
  • ウッディ・アレンのWikipedia
  • ウッディ・アレンの密着
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す