「レミーのおいしいレストラン」がアニー賞9部門を総なめ! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年2月12日 > 「レミーのおいしいレストラン」がアニー賞9部門を総なめ!
メニュー

「レミーのおいしいレストラン」がアニー賞9部門を総なめ!

2008年2月12日 12:00

オスカーの作品賞候補になるべきだった?「レミーのおいしいレストラン」

オスカーの作品賞候補になるべきだった?
(C)Disney/Pixar
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ハリウッドのアニメーション界のアカデミー賞と言われる第35回アニー賞の授賞式が2月8日、UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)ロイス・ホールで行われ、注目の長編アニメーション映画(作品)賞を、ピクサー・アニメーション製作の「レミーのおいしいレストラン」(ブラッド・バード監督)が受賞した。

同作は作品賞のほか、監督賞(ブラッド・バード)、音楽賞(マイケル・ジアッチーノ)、声優賞(イアン・ホルム、“スキナー”の声)、脚本賞(ブラッド・バード)、キャラクターアニメーション賞、キャラクターデザイン賞、美術賞、ストーリーボード賞と、映画部門で9つのトロフィーを総なめにした(関連作品である米盤DVD特典の“レミー”と“エミール”が主役の11分の短編作品「Your Friend the Rat」と、ビデオゲーム「Ratatouille」も受賞)。

アニー賞全部門を数えても、2月24日発表されるアカデミー長編アニメーション賞のライバル、「サーフズ・アップ」は2部門、「ペルセポリス」はゼロだったことから、「レミー」のオスカー受賞は確実となった。

なお、「レミー」は長編アニメーション賞のほか、脚本賞、録音賞、音響効果賞、作曲賞の5部門にノミネートされている。これは、ディズニー・アニメ「美女と野獣」(92)の6部門に次ぐアニメ映画史上2番目の快挙だ。だが、「美女と野獣」は作品賞の堂々たる候補作でもあり、07年度全米興収11位で、2億ドル(約215億円)を突破した「レミー」の作品賞候補落ちを嘆く映画関係者の声も多い。というのも、今年の作品賞候補作5作品のうち、興行収入1億ドルを超えた作品は「JUNO/ジュノ 」(全米で現在公開中)のみ(07年度全米興収25位)。他作品は批評家に受けた作品ばかりで、多くの映画ファンに見られていない作品の候補者ばかりが並んだ今年のアカデミー賞授賞式の視聴率の低下が懸念されるからだ。

現に、米映画情報サイトIMDbのトップ250リストで映画史上113位(「JUNO」は130位)、米映画批評サイトMetacriticが発表したオールタイムベストでも作品賞候補5作品をしのぐ7位にランクインしている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi