スウェーデンの巨匠、イングマール・ベルイマン監督死去 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年8月1日 > スウェーデンの巨匠、イングマール・ベルイマン監督死去
メニュー

スウェーデンの巨匠、イングマール・ベルイマン監督死去

2007年8月1日 12:00

イングマール・ベルイマン監督 遺作となったDVD「サラバンド」が発売中 (発売元:IMAGICA TV/税込5040円) (c)SVT 2006. All Rights Reserved.「夏の夜は三たび微笑む」

イングマール・ベルイマン監督
遺作となったDVD「サラバンド」が発売中
(発売元:IMAGICA TV/税込5040円)
(c)SVT 2006. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スウェーデンの巨匠、イングマール・ベルイマン監督が7月30日、バルト海にある同国フォーレ島の自宅で死去した。89歳だった。死因は明らかにされていない。

キリスト教的道徳観を告発し、人間の孤独、神の沈黙などを描いて50本以上の映画作品(TV映画を含む)を残し、イタリアのフェデリコ・フェリーニと並び、20世紀を代表するヨーロッパ映画界の巨匠と呼ばれた。

ベルイマン監督は、1918年7月14日、スウェーデン南部ウプサラに牧師の息子として生まれる。ストックホルム大学を卒業後、「危機」(46)で監督デビュー、恋愛喜劇「夏の夜は三たび微笑む」(55)で世界的に頭角を現し、「第七の封印」(56)、「野いちご」(57)、「処女の泉」(60)、「沈黙」(62)、「叫びとささやき」(72)などを撮った。

82年の自伝的超大作「ファニーとアレクサンデル」で、子供たちの目線でスウェーデン貴族の歴史を群像劇で描き、米アカデミー外国語映画・撮影・美術・衣装デザイン賞の4部門を受賞(監督・脚本賞にノミネート)。これを機に映画監督からの引退を宣言し、その後はTVや演劇へ活躍の場を移した。

アカデミー外国語映画賞受賞は計3度。スウェーデン語映画ながら監督賞3度と脚本賞5度のノミネートは驚嘆に値する。また、97年の第50回カンヌ映画祭では世界最高の映画監督として特別名誉賞“パルム・ド・パルム”を受賞した。

03年には自作TV映画「ある結婚の風景」(74)の続編として、最後のパートナーだった女優リブ・ウルマンを主演に、家族の愛憎劇を描くTV映画「サラバンド」を“遺作”として発表。ウルマンの前に5回結婚し、子供は8人いる。彼の映画に影響されることを“ベルイマネスク”というが、ウッディ・アレン監督はその第一人者だった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi