希望のかなた
ホーム > 作品情報 > 映画「希望のかなた」
メニュー

希望のかなた

劇場公開日

解説

フィンランドの名匠アキ・カウリスマキが、前作「ル・アーヴルの靴みがき」に続いて難民問題をテーマに描き、2017年・第67回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(監督賞)を受賞したヒューマンドラマ。シリア人の青年カリードは内戦が激化する故郷を追われ、生き別れた妹を捜すうちにヘルシンキに流れ着く。内戦で全てを失ったカリードにとって、妹を捜し出すことだけが唯一の望みだった。ヨーロッパ全体を悩ませる難民危機の影響か、無情にも難民申請を却下され、いわれのない差別や暴力にさらされるカリードだったが、レストランを営むビクストロムに助けられ、彼の店で働くことに。ビクストロムもまた、行き詰った過去を捨てて人生をやり直そうとしていた。ビクストロム役に「過去のない男」のサカリ・クオスマネン。

作品データ

原題 Toivon tuolla puolen
製作年 2017年
製作国 フィンランド
配給 ユーロスペース
上映時間 98分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第67回 ベルリン国際映画祭(2017年)

受賞
最優秀監督賞(銀熊賞) アキ・カウリスマキ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
希望のかなたの映画評論・批評

小津安二郎のロックンロール版、あるいはジャン・ルノワールにフィンランドのユーモアを足して酒で割った感じ。アキ・カウリスマキ映画をすごく乱暴な言い方で表現すると、こんな具合だろうか。もちろん、その演出が荒っぽく酔いどれだと言いたいわけで...希望のかなたの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全9件)
  • 難民問題にユーモアと人情で切り込む カウリスマキの新作は、前作に続いて難民問題というシビアな題材を取り上げているが、いつもの彼流のユーモアセンスと人情劇で、温かな気持ちで観られる秀作になっている。 不法滞在となったシリア人青年を、... ...続きを読む

    ローチ ローチさん  2017年11月26日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • もしも難民と出会ったら 観終わった後に、心が温かくなって、前向きな気持ちになれるステキな映画だった。 ヨーロッパをさまよう難民をテーマにした作品。 この難民問題は、国同士で解決すべきこともあるけれど この映画を見る限り... ...続きを読む

    とえ とえさん  2017年12月10日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • あまりにも丁寧で素晴らしい仕事 あまりにも丁寧な映画で、丁寧にフィルム上映もされ、気を遣った字幕(サイズやフォント)で、そりゃこの中身をみたらこうあって欲しいよな、とも思う。 世界規模な問題を、庶民の中に落とし込み、笑いも意思... ...続きを読む

    ONI ONIさん  2017年12月10日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「希望のかなた」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi