マンチェスター・バイ・ザ・シーのレビュー・感想・評価

マンチェスター・バイ・ザ・シー

劇場公開日 2017年5月13日
207件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

誰にも理解してもらわないでいいという覚悟。

主人公のリーも、甥のパトリックも、いうなればとてつもない悲劇の当事者なのだが、他人の理解や共感を欲していない。わかるよ、辛かったね、なんて言葉をお互いに発することもない。そんな言葉が、自分たちの思いとは関係のないと本能的にわかっているかのごとく。

だから本作は、周囲の善意の人たちとの温度差の物語とも言える。みんなは悲劇に一方的に肩入れし、感傷の一部になりたいと望んでいる節さえある。意地悪な言い方をすれば、リーやパトリックに乗っかって悲劇がもたらすドラマを味わいたいのだ。

そしてその温度差や落差から生じるズレが、随所で笑いを呼び起こす。悲しいシチュエーションであっても可笑しさは伴うことができるし、その逆もまたしかり。悲劇と喜劇が相反するものではないと、凄まじい説得力で伝えてくれる傑作だと思う。

バッハ。
バッハ。さん / 2017年6月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 5 件)

ゆっくりと哀しみを超え、心に灯火をもたらす傑作

冒頭、仏頂面で口下手なケイシー・アフレックを目にした時、これまで幾つもの映画で見慣れてきた、まさしく「彼ならでは」の演技のように思えた。しかし時を重ねるごとに印象は変わっていく。特に中盤の決定的な場面を過ぎると、彼がこれまでと同じように喋り、同じように俯いているだけでもう、涙がこみ上げ胸が締め付けられてたまらなくなる。

本作は二つの言い知れぬ悲劇と、そこからの再生を描く物語。全編にわたって深い悲しみが横たわるが、と同時に、ところどころに密やかなユーモアを忍びこませ、そのトッピングが時に哀しみをより痛切なものとし、また時に咽び泣く魂を微かな光で包み込み優しく昇華させていく。このロナーガン監督によるため息がこぼれるほどのタッチが観る者を引きつけ、我々の目線を叔父と甥、二人の行き着く先の風景にまでじっと付き添わせる。これは哀しみをゆっくりと超えていく映画。そうやって心に灯火をもたらす秀作だ。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2017年5月31日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 3 件)

見事な構成、ケイシーの繊細な演技

リーが現在体験することと、過去に経験したこと=記憶を交互に描く構成が、驚くほど緻密であると同時に有機的だ。兄の訃報を受け帰郷するリー。提示される過去は、幸福な時期も確かにあったことをうかがわせる。一体どんな転機を経て、感情を殺し他人を拒絶して生きる現在に至ったのか。徐々に明かされる過程がスリリングであり、切なさを否応なくかき立てる。

この映画が改めて認識させるのは、「自我」が記憶の集積にほかならないこと。リーの人生をたどり疑似体験する行為は、観客自身の人生をアップデートするほどの力を秘めている。

結果論ではあるが、リー役がマット・デイモンからケイシー・アフレックに代わったのも成功要因だろう。デイモンの顔立ちや表情は善人、陽気、楽天的、武骨なキャラには向くが、リーの罪悪感、喪失、悔恨、諦念といった複雑な感情は、ケイシーの繊細な演技とニュートラルに整ったルックスでこそ効果的に表現できた。

AuVis
AuVisさん / 2017年5月19日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

止まった時間が動き出す瞬間

過去に犯した罪の大きさ故に、その瞬間から時間も風景も感情も停止してしまったかのような男の状況を、監督は史上稀に見る大胆かつ巧みなカットバックと、同じ色彩を湛えたまま波に揺れる港町の情景を使って観客に伝えようとする。人はあまりに強い衝撃を受けると、そこから一歩も抜け出せないまま、ひたすらぼんやりと時を過ごすこともある。これほどリアルな時間の演出がかつてあっただろうかと思う。だからこそ、止まった時間が少し動く気配を見せる幕切れに感動と歓びが伴うのだ。何も起こらないのではない。時が徐々に稼働しようとするかすかな変化に心をそば立たせよう。

MP
MPさん / 2017年5月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 10 件)

破滅と再生の物語

過去と現在を交互に映しながら、一人の男の破滅と再生がほのかなユーモアを交えながら描かれる。こういう構成は大好物。
抑制の効いたアフレックの演技も素晴らしかった。これが「死んだ魚のような目」か。
どんなに深い哀しみでも、生きていればいつかは癒えるときがくる…のかな。

2017年鑑賞作品の個人的ベスト。

なお
なおさん / 2018年1月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美しき良作

【観た:マンチェスター・バイ・ザ・シー】美しき良作。決して華美に飾らず、人生の避けがたい悲しみと再生を淡々と綴っている。ハッピーエンドでもバッドエンドでもなく、むしろあっけないほどの終わり方が余計に哀切を感じさせる。

Sachio
Sachioさん / 2018年1月20日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

☆3.0何が言いたいのかはわからなかったが、人の大事な瞬間を覗き見...

☆3.0何が言いたいのかはわからなかったが、人の大事な瞬間を覗き見できて楽しかった。

あきら
あきらさん / 2018年1月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感動!

絶望に心閉ざしたケイシー アフレックの演技が絶賛もの。涙なくしては見られない作品。兄の死をきっかけに、心が開かれて行く過程を経て、未来の希望が垣間見れた気がして救われる点も、素晴らしい。

kimiee
kimieeさん / 2018年1月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

許されるまでの時間

あるワンシーンがとても素晴らしく、そこだけで見る価値あり。

この映画の主人公リーの辛さは計り知れないですよね。
自分を責め続けこの世から去りたいという感情になる気持ちも解る気もします。

あなたの印象に残った部分はここでしょうか?
別れた妻と彼の亡くなったお兄さんの葬儀の前に再会し、奥さんは涙ながらに許しを請うた。
心閉ざしていたリーにとってあの言葉は戸惑いやら少しの喜び、
複雑な思いでなにも言う事が出来なかったのでしょう。

奥さんは何故許す言葉をだせたのでしょうか。それは今の彼女が幸せだからだと思います。
あの時は自分を責めるというより、子供を失った辛さと怒りで夫を傷つけて傷つけて自分も苦しむ、
それしかこの状況から逃れられなかったのではないかしら。

時が過ぎそして考える、彼の幸を、新たに授かった赤子をより一層大切に育てよう、希望を見出せたからね。

その後の彼にも変化がありましたね。喧嘩をしてジョ―ジの奥さんにキズの手当てをしてもらい思わず彼女の優しさに触れ、涙した、
本来の彼を取り戻した感ありでしたよ。(父を失った甥のパトリックの肩に手を置いたり、両手で抱いたり)

許すと許される言う行為はその後の人生を豊かにしていくのですねー。
最後の場面子供を失った伯父と父を失くした甥が無言で海で釣りをするシーンよかった。
ジョーはこうなる事を願ってリーに後見人を依頼したのでは?愛情豊かなジョー 請う有りたいです。

挿入の音楽もいい!良い映画でした。

メイばば
メイばばさん / 2018年1月12日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

乗り越えれる壁ばかりでは無いのだ。 なんとか自分の範囲で折り合いを...

乗り越えれる壁ばかりでは無いのだ。
なんとか自分の範囲で折り合いをつけていかなければならない。それが生き続ける事とのトレードだとしとても。

sakahiro
sakahiroさん / 2018年1月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自分だったら、乗り越えることができるだろうか?

観終わった時、まずそのことが頭に浮かんできた。とても無理だと思う。私だったら、マンチェスターに来ることすらできなかったかもしれない。そう考えると、リーは強い人だなぁと思った。だって、時に暴力的になることがあっても、精神的におかしくなったりしないで、ひっそりと生きているじゃないか。すごいよ! 映画を観る前、あらすじを読んで想像していた話と少し違った。リーが、マンチェスターに住んでいない理由は想像通りだったが、よりもっと悲惨な出来事が起こっていた。私は、甥っ子パトリックとの仲がうまくいかなくて、悩む話かと思っていたが、そうではなかった。リー自身の話なのだ。彼が過去の悲惨な出来事といかに向き合っていくのかという物語なのだ。いろいろうまくやっているパトリックを支えながら、過去と苦闘しているリーを私は心から応援していた。マンチェスターに残るのか、ボストンへ帰るのか、最後までドキドキしながら観ていた。リーが出した結論を私は暖かく見守りたいと思う。

瑞
さん / 2018年1月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

壊れた心は

修復する事はない。
忘れる事など出来ないし、心が晴れる事もない。
捨てられるハズもなければ、立ち直る事などない。
抱えて生きていくのだ。抱きかかえて。
少しだけでも、1秒だけでも、心軽やかな時間が増やせればいい。問題ない。
そうやって、どうにかこうにか、なんとかして、生きながらえよう。
人生は不可逆で心に根付いた罪悪感は拭う事などできない。
それでもどうにか。パッと晴れなくていい。曇りでいいから。
マンチェスターの空のように。

akr
akrさん / 2018年1月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

風景と音楽と家族

家族、親戚、時間、友人、恋人、青春、罪

いわば人生に嫌が応にも向き合わさせられる秀作。
俳優陣も素晴らしい

アリンコ
アリンコさん / 2018年1月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

別に嫌いじゃないしつまらなくもなかったけど 観て良かったと言うには...

別に嫌いじゃないしつまらなくもなかったけど

観て良かったと言うには
私の人生経験では足りない気がした

何年後かにまた観たい

sachiko
sachikoさん / 2017年12月31日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

悲劇を時折絡め取るユーモアが秀逸

兄の訃報を知り故郷のマンチェスターに戻ってきたリー。
素晴らしい父を若くして亡くしたパトリック。

リーが背負う過去の悲劇と、現在でパトリックが味わう悲劇。2つの哀しみがまるで螺旋のように絡み合うような構成に惹き込まれる。
乗り越えるだけが正ではない。周囲は彼らに寄り添う優しさを見せるがそれも時折押し付けがましく。誰に理解を求めるでもなく、様々な思いを自己消化しようとするケイシー・アフレックの繊細な演技が素晴らしかった。
ミシェル・ウィリアムズがなー ずるかったなーw

じわっ、とさせられる1本。
若い時に見て、大人になったらもう一度観たらまた違った角度から2人の心の動きを捉えられそう。

幸ぴこリン
幸ぴこリンさん / 2017年12月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

圧倒的な説得力

構成、演出、役者、ストーリー、すべて素晴らしい。
主人公が元妻と街角でばったり出くわすシーン。
ある意味ここがクライマックスで、
その後に画面に映るすべてがなぜか琴線に触れてくる。

観終わったあと、ちょっとだけ優しくなれる、素晴らしい作品だと思う。

mar
marさん / 2017年12月25日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

抑揚を抑えた秀作

日常人の距離感やセリフが良い。人は何気ない日常会話の中に気遣いや軽蔑をしのばせている。その描き方が良い。

ドラゴンミズホ
ドラゴンミズホさん / 2017年12月21日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ケイシー

ベンより断然ケイシー。てっきり、あのマンチェスターだと思ってたら、ボストンの近くの街のことらしい。マリーナに浮かぶ船を捉えたショットがやたら印象的。

ssspkk
ssspkkさん / 2017年12月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大人になったらもう一回見たい

大人になったらもう一回見たい

1112
1112さん / 2017年12月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あなたの全てを肯定する

あなたの全てを肯定しますよ。と言ってくれてるような優しい映画。

ケイシーアフレックが張りのない人生を送ってて、マンチェスターの曇り空と相まって、暗い映画になりそうだなぁと思っていたら、

現在進行しながら過去が入って来る手法で、始めは、コイツ何か過去にしでかしたな?と思わせ、
兄の死、甥との生活を送りながら悲惨な過去を知り、映画的にはここからの再生かな?と思っていたら、

そうではなく、甥は乗り越えようとしてるのだけど、ケイシーアフレックは辛い出来事を経験し、それに立ち向かい忘れ前を向くではなく、乗り越えられず纏わり付いて忘れられず前も向けない、だけど生きてくという姿が

映画的には新しくだけどリアルでとても優しい映画だな、と思った。何かで悩んでいる観客に対しても、そるでいいじゃないか、と言ってくれてるようだった。

奥嶋ひろまさ
奥嶋ひろまささん / 2017年12月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

207件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi