マンチェスター・バイ・ザ・シーのレビュー・感想・評価

マンチェスター・バイ・ザ・シー

劇場公開日 2017年5月13日
182件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

誰にも理解してもらわないでいいという覚悟。

主人公のリーも、甥のパトリックも、いうなればとてつもない悲劇の当事者なのだが、他人の理解や共感を欲していない。わかるよ、辛かったね、なんて言葉をお互いに発することもない。そんな言葉が、自分たちの思いとは関係のないと本能的にわかっているかのごとく。

だから本作は、周囲の善意の人たちとの温度差の物語とも言える。みんなは悲劇に一方的に肩入れし、感傷の一部になりたいと望んでいる節さえある。意地悪な言い方をすれば、リーやパトリックに乗っかって悲劇がもたらすドラマを味わいたいのだ。

そしてその温度差や落差から生じるズレが、随所で笑いを呼び起こす。悲しいシチュエーションであっても可笑しさは伴うことができるし、その逆もまたしかり。悲劇と喜劇が相反するものではないと、凄まじい説得力で伝えてくれる傑作だと思う。

バッハ。
バッハ。さん / 2017年6月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 5 件)

ゆっくりと哀しみを超え、心に灯火をもたらす傑作

冒頭、仏頂面で口下手なケイシー・アフレックを目にした時、これまで幾つもの映画で見慣れてきた、まさしく「彼ならでは」の演技のように思えた。しかし時を重ねるごとに印象は変わっていく。特に中盤の決定的な場面を過ぎると、彼がこれまでと同じように喋り、同じように俯いているだけでもう、涙がこみ上げ胸が締め付けられてたまらなくなる。

本作は二つの言い知れぬ悲劇と、そこからの再生を描く物語。全編にわたって深い悲しみが横たわるが、と同時に、ところどころに密やかなユーモアを忍びこませ、そのトッピングが時に哀しみをより痛切なものとし、また時に咽び泣く魂を微かな光で包み込み優しく昇華させていく。このロナーガン監督によるため息がこぼれるほどのタッチが観る者を引きつけ、我々の目線を叔父と甥、二人の行き着く先の風景にまでじっと付き添わせる。これは哀しみをゆっくりと超えていく映画。そうやって心に灯火をもたらす秀作だ。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2017年5月31日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 3 件)

見事な構成、ケイシーの繊細な演技

リーが現在体験することと、過去に経験したこと=記憶を交互に描く構成が、驚くほど緻密であると同時に有機的だ。兄の訃報を受け帰郷するリー。提示される過去は、幸福な時期も確かにあったことをうかがわせる。一体どんな転機を経て、感情を殺し他人を拒絶して生きる現在に至ったのか。徐々に明かされる過程がスリリングであり、切なさを否応なくかき立てる。

この映画が改めて認識させるのは、「自我」が記憶の集積にほかならないこと。リーの人生をたどり疑似体験する行為は、観客自身の人生をアップデートするほどの力を秘めている。

結果論ではあるが、リー役がマット・デイモンからケイシー・アフレックに代わったのも成功要因だろう。デイモンの顔立ちや表情は善人、陽気、楽天的、武骨なキャラには向くが、リーの罪悪感、喪失、悔恨、諦念といった複雑な感情は、ケイシーの繊細な演技とニュートラルに整ったルックスでこそ効果的に表現できた。

AuVis
AuVisさん / 2017年5月19日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

止まった時間が動き出す瞬間

過去に犯した罪の大きさ故に、その瞬間から時間も風景も感情も停止してしまったかのような男の状況を、監督は史上稀に見る大胆かつ巧みなカットバックと、同じ色彩を湛えたまま波に揺れる港町の情景を使って観客に伝えようとする。人はあまりに強い衝撃を受けると、そこから一歩も抜け出せないまま、ひたすらぼんやりと時を過ごすこともある。これほどリアルな時間の演出がかつてあっただろうかと思う。だからこそ、止まった時間が少し動く気配を見せる幕切れに感動と歓びが伴うのだ。何も起こらないのではない。時が徐々に稼働しようとするかすかな変化に心をそば立たせよう。

MP
MPさん / 2017年5月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 知的
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 10 件)

尊いラストシーン ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

気性が荒く人付き合いの苦手なリーの元に、兄が死んだと一報が入る。
甥のパトリックの後継人を任され、今住んでるボストンに住むか、パトリックの住むマンチェスターに帰ってくるかの判断を託されることになる。
リーは兄の死をきっかけに、自分が逃げてきた過去と再び向き合うことになる。

なんだろう、終わった後に心に大きなものが残る。奇跡的な事なんか一切ない、幸せな事もない、問題山積みのリアルな現状が続いてくだけなのに、なんでだろう。
リーは不器用で人付き合いも苦手、そんなダメな主人公だからこそ、どこか惹かれるものがあるのかもしれない。
辛い過去を乗り越えるのではなく、そのまま抱えて生きていく。そんな選択肢だっていいんだ。

「ここに住めば」と言った時のパトリックの寂しさ、凄く切なかった。
ランディとリーが涙ぐみながらお互いに話すシーン。月日を経てようやく喉の支えが取れた瞬間。胸が熱くなる。

パトリックが船を操縦し、リーに久々の笑顔がこぼれる。一気に救われた気がした。
そしてラスト、二人で釣りをするたった数秒のシーンだけど、いつまでも続いて欲しい、ずっとこのままでいて欲しいと思ってしまった。
とても尊いラストシーン。

4811
4811さん / 2017年11月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

辛い…

どんなに辛くても生きていかなくてはいけない。苦しみの中にも、僅かながら光が見えてくる作品。観に行ってよかった。

あみ
あみさん / 2017年11月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

映像のきれいな映画

表紙の、、ミシェル・ウィリアムズが魅力的。
彼女を最初に好きになった映画は「マリリン 7日間の恋」、そして同じ年の「テイク・ディス・ワルツ」で
決定的になった。バックでながれている音楽もしきになって、まだ耳に残っている。

「グレッチェン・モル」を見てびっくり。
おばさんになったね。
彼女をすきになったのは「ラウンダーズ」(1998)で、いまでも映画の彼女に恋してるのに。



きれいなの内海と船の映像。
構図がきまっていて、色彩も落ち着いていて、ひとの人生にゆったりと呼吸に合わせている。
主人公は便利屋で家庭の中途半端な仕事で生活している。元妻ともうまくいかないし、仕事も思うようにいかない。
おまけに自信もない。
妻と女の子と離婚で別れ、あたらしい家で生活力のあるオトコと生活している。
みんなそんなモノだと思うけど、やっぱり境遇に納得いかない。電話がきて、街には雪がふっている日に兄が死んだ。
それから、彼のふつうの生活が流転してゆく。
ひとは保守的な存在だが、兄の死ですこしづつ生活を変えることになってゆく。
そうしたありふれた変化を丹念に、そしてうつくしい映像で描いてゆく。
この手の映画がすきです。
マット・デイモンが演じる予定だったのかもしれないけど、ケイシー・アフレック(ベン・アフレックと兄弟らしい)が演じている。
ディモンとアフレックは親しいのでそうした話もあったのかもしれない。
でも、ケイシーの演技は良い。
映画を、コトバで語るのは無謀だと思うのでこれでおしまい。

そんぼ
そんぼさん / 2017年11月18日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

再生の兆し

リーに自己投影して最後まで刮目できた、これは再生の物語 だと思う

劇的な成就なんて用意されてないけど、
雪解けの春を迎えて、その先の七月のことを
想像して語れるようになっただけで十分に着地してた、前を向いていける兆しに感じられて良かった!

最悪な父だけど、それでも生きていかないといけない

元妻のランディとの邂逅シーンが本作のハイライトと思う、
「死なないで」とリーに嗚咽交じりに吐露するランディ、
赦しと救いと克服が綯交ぜに描かれていてグッときた

isukee
isukeeさん / 2017年11月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自閉

自分に絶望して自信を喪失し、周囲を遠ざける者の姿の機微をケイシーアフレックが演じる。俺のようなものに関わるなと、人に対してバリアーをはる。実に表現が細かい。時に事務的であったり、沈黙に落ち着いたり。感情を出すのが人に悪影響を与えないかと常に恐れているようでもある。しかし、一人であれば感情がむき出しになる。甥との交流で少しは立ち直っているように見える。ボールを弄りながら、甥が遊びにくる為の家具を用意しているらしい。その後の台詞「この話、続けるか?」、名台詞だと思う。
現在と過去のシーンが変化なく入り乱れるのは最初は戸惑ったが、そのうちに慣れてきた。足りないピースを徐々に埋まっていくようだ。メインキャスト目線だけによらず、様々な人の目線に切り替えていくことで、主人公を取り巻く社会に深みが出てくる。ドラマーの坊や目線でバンド演奏を見るのには笑ったが。
印象的なシーンは枚挙にいとまがない。見れば見るほど味わいがでる一本である。

Kj
Kjさん / 2017年11月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

胸糞な過去 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

父親のせいで子供が死にさえしなければまだ救いはあった。すべてを失くした奥さんと死んだ子供たちがかわいそう。リーが幸せになっても不幸でも、死なせた子供たちは永遠に戻ってこない。この映画で感動したとか言ってる人は倫理観がおかしい。

イズミ
イズミさん / 2017年11月13日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

また船に乗ろう ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

アメコミの映画化やシリーズ物やリブートが氾濫する今のハリウッドだが、ちゃんとこういう良質なヒューマン・ドラマが作られる事に安心する。
こういう作品こそが、ハリウッドの良心かもしれない。

辛く悲しい過去を背負った主人公、心の喪失、身内の死、再生、歩む新たな人生…。
描かれる題材やテーマは決して目新しく無くありふれているが、ケネス・ロナーガン監督の丹念な演出と脚本が素晴らしい。
現在と過去が交錯…と言うより、主人公がふとした瞬間に過去を思い出す。例えば我々も、ふとした瞬間ある瞬間に、過去の事(楽しかった事、悲しかった事、辛かった事…何でもいい)が脳裏によぎり、感傷に耽る時がある。その描かれ方が絶妙なのだ。
静かで淡々として、登場人物たちが何かしら悲しみを背負い、一見重苦しい作品のように思うが、会話の端々にユーモアを感じさせる。
サメのジョーク、甥っ子とその友人たちの『スタトレ』話、主人公と甥っ子のやり取り…。
我々も日常生活を送る中で、会話にユーモアを含ませる。真面目で辛気臭い会話ばかりじゃない。ユーモアがあって普通なのだ。
ケネス・ロナーガンの語り口は、誰だって経験する事経験した事、誰の身にも起こり得る事、何気ない姿を肌で感じるように描ききっている。

主人公リー。
昔は妻子が居て、亡き兄や甥っ子と船に乗って、親しい友人も沢山居て、明るくフレンドリーな男だったが、今は故郷を捨て、誰とも親しくなろうとはせず、暗い男に。
喜怒哀楽、複雑な内面や感情…。
ケイシー・アフレックが映画賞総なめも納得の名演。
甥っ子パトリック役のルーカス・ヘッジスも素晴らしい。
バンドやホッケーをやり、二人の女の子と交際している今時なイケメンだが、彼もまた繊細な面を持ち併せている。
これから楽しみな逸材!
リーの元妻ミシェル・ウィリアムズ、リーの亡き兄カイル・チャンドラーらも出番は少ないが、名アンサンブルを奏でている。

リーの過去。
それが語られる過去シーン挿入直前で分かった。
亡き兄の遺言でパトリックの後見人に。それを頑なに拒否。何故?
一応は昔あんなに可愛がっていた甥っ子、リーにも子供が。今の自分の生活や突然の事で拒否したのかもしれないが、ただそれだけじゃないものを感じた。何か、身内に関係ある悲劇があったのでは…?
リーの悲劇は過失だが、本人にとっては大罪であり、罰せられたい。だが、それは出来ず、その代わり、自らを自らで罰した。妻と別れ、故郷を去り、何もかも自分の人生を捨てるという罰を。
パトリックも何処か似ている。彼の場合、病死というごく自然なものだが、身内の死の悲劇という事では通じるものがある。
共に抱えた喪失、孤独…。

リーがまた故郷に戻り、亡き兄の家でパトリックと暮らしてくれたら…と、望む。
が、そう理想的に上手くいく訳でもないし、リーとパトリックの孤独な心が触れ合って温かな希望が…というお決まりのハートフルなものでもない。
しかし、冬の次には春が来る。
喪失からの再生、再出発。マンチェスターの海にも再び日が差し、その時はまた船に乗って…。

近大
近大さん / 2017年11月8日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

その苦しみは時間により解決するしかない

取り返しのつかない過ちを犯した友人を、あなたならどう救おうとするだろうか?

静かに寄り添い、そして、時間により解決するしかない場合もある。

主人公には良い身内がいて本当に良かった。

t
tさん / 2017年11月4日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

落ち着く映画

特に何も起こらないし特に何もしない映画でした。

多くを語らない登場人物と、冗談の様な皮肉の様なセリフはとても好みでした。
リアルなアメリカの日常というものが伝わってきてとても良かったです。

ラストシーンでは人は何を受け入れて何を選択するのかという事を突き付けられて胸が苦しくなりました。

Rewind That
Rewind Thatさん / 2017年10月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

思い出せない

くらいの映画。
心に闇を抱えた人々の話。

ななな
なななさん / 2017年10月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

乗り越えられない過去もあるということ。

淡々と台詞も少なく進んでいくストーリー。
主人公の心の底の罪の思いが最後まで暗く照らされる。

黒い恋人
黒い恋人さん / 2017年10月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

重たい… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

人間誰しも思い出したくない、忘れたい過去がある。しかし主人公の抱えるそれは、他人には計り知れない辛さと悲しみに満ちていて、消し去ることが不可能なもの…。観ている方も何とも言い難い、暗〜い、辛〜い、悲し〜い気分になります。アカデミー賞主演男優賞を受賞したケイシー・アフレックさんのもはや演技を超えた、彼の人生そのものが投影されたような表情が、この作品に深みを与えていたように感じます。
少し気になったのが、ポスターのデザイン。別れた奥さんとのツーショットになっていますが、甥っ子ちゃんと釣りをする後ろ姿などが良かったのでは?彼と過ごす時間を通じて向き合う自分自身と過去の居場所がメインなので、と思いました。自分好みの映画ではありませんが、観て損はないです。

yookie
yookieさん / 2017年10月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

👏

取り返しのつかない現実 そして 人生は無情にも前に進んで行く それは皮肉=アイロニーというおかしみを生んでいく
現実を丁寧に描いてある 何も押し付けない それ故 観てる側は引き付けられていく こんな塩梅で描ける映画素晴らしい。役者も誰も余計な演技をしない。
小津や北野映画にも通ずる。

始まりの方で 主人公は配管工で色んな家に修理に行くのだが 家の主の苦情から色目まで の様々な感じがとても共感して 劇場で一人吹き出してしまった。

もう一度 今度は字幕を追わず 観たい

U-TA
U-TAさん / 2017年10月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

心の機微

派手さはないけど、心の琴線をぐっと掴んでくる作品であった。傑作です。

usihsih
usihsihさん / 2017年10月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

特別ではない静かな映画

とても静かに話が進む映画で人を選ぶ作品でした。伯父と親を亡くした子供の関係がメインで話が進み、特別な展開などは一切ありませんでした。
しかし観る人によってはどうしてそのように考え行動をしたのかを考えさせられ、特別なイベントがない限り普段生活するうえで全く考えないような日常をふと深く考えてみようかなと思えるような静かな映画でした。

まったり紳士
まったり紳士さん / 2017年9月20日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

それでも生きていくしかない。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

鑑賞後にキャッチコピーを見ると改めて、なるほどなぁ、と思う。
「癒えない傷も。忘れられない痛みも。その心ごと、生きていく。」

なぜ、自分が生きているのか、自分が死んだほうがよかったのに、と思っていないはずかない人物が、心を凍りつかせながら、生きている。
そうしないと、生きていけないからだ。
元奥さんとの再会で、再びほぐされた心の行き場が、荒んだ心にいくしかないリアル。

強さなのか弱さなのか、という安直な言葉を飛び越えるほどの映画だった。乗り越えようとするわけでもなく、忘れようとするわけでもなく、それでも生きていくしかない現実。向き合わざるを得ない現実。
つらくないはずがない人ばかりが登場する映画。一人一人のつらさがあって、それでも生きていっている。

愛とは、簡単に渡したり、あげたりできるものではない。
兄が託したこの世で1番大切な息子のこと。
妻がずっと誰にも言えず抱えていた愛。
愛を受け取るわけにはいかない過去の罪。
生きていくしかない、と思えるのは、愛があったからかもしれない。

「自分で決めろ」「乗り越えられない」
この言葉が、こんなにも力強く、心に響くなんて、この映画だからこそだったと思った。

ちゃーはん
ちゃーはんさん / 2017年9月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

182件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi