帝一の國のレビュー・感想・評価

メニュー

帝一の國

劇場公開日 2017年4月29日
257件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

めちゃくちゃよくできている。

原作未読、且ついい歳をしたオッサンなので、この映画に関してはほぼ客層ターゲットに入っていないと思われる。が、ネット等での評判がすこぶるいい。もしや印象だけで傑作を見逃しているのではと慌てて映画館に行ってきた。

果たしてコレは期待以上の作品。マンガを実写化する時に、人間やビジュアルをどこまでマンガに近づけるか、近づけないかがセンスの見せ所だと思うのだが、本作はマンガ的だけども実体でもあるというバランス感覚が絶妙で、門外漢でも気恥ずかしさを覚えることがない。

それでいてくだらないところはとことんくだらなく、しかも熱量を持ってやっていて、何度も笑わせてもらった。菅田将暉と吉田剛太郎の親子のやりとりなんてもう素晴らしいコンビ芸である。

あと永野芽郁のダンスは不意打ち的なサービスで、イケメン祭りに萌えない側の人間としてはオアシスであり、盛り沢山で胸やけ寸前の人間に与えられた一服の清涼剤である。

バッハ。
バッハ。さん / 2017年6月7日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

情熱

生徒会長になるという使命感のもと、ひたむきに頑張る帝一が描かれている。
菅田将暉の表現力がすごい。
ライバルたちは皆個性豊かでキャラクターが面白い。
情熱を感じる一作。

さわ
さわさん / 2017年6月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作読んでないけど

普通に楽しめました!
竹内の映画だって聞いてたけど、確かに竹内かっこいい。
ただ、一人一人キャラが際立っていてバランスが取れていたと思う。
今後の彼らに期待です!

らぶと
らぶとさん / 2017年6月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キャラが濃い! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

特撮俳優が出るし原作のファンだし見るしかねえ!と思って観ました。中々のハイテンション、キャラ再現の高さ、そして濃さ!漫画の実写化がとにかく非難を浴びる昨今だが、この作品はかなりいい感じで作れていたのではないだろうか。
キャラがいい。とにかく原作で濃く描かれているキャラがちゃんと再現されている。ギャグかと見まがうほどの帝一のキャラがかなりの再現度で表現されていた。外部編入試験の答え合わせでは笑いをこらえるのが大変だった。
その他各イベントの再現ども高く、原作ファンとしてもかなり満足できた。前半は。

後半が、ちょっと、原作ファンとしては、なんでこんな展開にしたんだろう?と首をひねるような展開だった。
帝一と菊馬がグラウンドで戦うシーン必要だった?帝一がいないことで弾の作戦がさく裂したというストーリー上の都合はあるのだけれど、でも原作は帝一いたしなあ。帝一と菊馬の喧嘩を描きたかっただけのように見える。だったら菊馬をもっと宿敵っぽく描いてほしかった。映画の菊馬はちんけな悪党だったよ。いや、帝一も子悪党っぽかったけど。
森園先輩の生徒会人事も見たかった。弾に会長を譲る帝一のかっこいい姿をもっといい感じでみたかった。舞台は大成功だったらしいし、連続ドラマで尺を確保するのがよさそうだと思った。

サブレ
サブレさん / 2017年6月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

素晴らしや

何の前知識もなく時間があったから観に行きました。最高に面白かった…応援上映行っておけばよかった…

喜怒哀楽
喜怒哀楽さん / 2017年6月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

クスッと笑える

あっという間の2時間でした!原作通りのキャスティングにそれぞれキャラがたっていて、ダラダラせずにとても楽しめました。もっと観ていたいぐらいでした!終わり方も綺麗でした。文化祭オープニングの太鼓シーンは迫力があり映像ならではの素晴らしさでした。

c.
c.さん / 2017年6月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

真剣さがおもしろい

菅田将暉の演じる帝一と、吉田鋼太郎が演じる帝一の父とのやり取りには大いに笑わせてもらった。こんな風に笑いやギャグを芝居でできる役者は限られているだろうし、演技力も相当必要だと思うのだが、二人ともさすがに巧みだった。登場人物が皆、真剣だからこそおもしろかった。

ケイト
ケイトさん / 2017年6月18日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

振り切ったキャラを楽しむエンタメ

漫画の実写化は難しいですが、演者の振り切ったキャラクターのお陰でエンタメになってました。
純粋に楽しめます。
邦画業界、将来も安心と思いました。

anemone
anemoneさん / 2017年6月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

中途半端でない素晴らしさ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作は未読でも大変楽しめた映画でした。
中途半端にではなく全力でバカなことをしている突き抜け具合が素晴らしく、その徹底ぶりがとても良かったです。テンポの良いストーリーと野心むき出しの頭脳戦の中に交わされる熱いやり取りはとても見応えがありました。人気の若手俳優が出ている、だけが売りではない、とても楽しい映画でした。
ラストはヒロインだけでなく皆で踊ってしまっても良かったのに。

ido
idoさん / 2017年6月17日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

王道展開

原作未読でしたが、映画きっかけで既刊読破しました。
ですが、これは映画が原作を超えている気がします。

突き抜ける主人公。
嫌味なライバル。
さわやかなアウトロー。
幼馴染の彼女。
心強い参謀。
舞踏派、知能派。

ベタを絵に描いたようなキャラたちが、
時に裏切られ、時に助け合い、
切磋琢磨していくという王道展開。
これを、全力で演技する俳優人がよりよいものへ昇華させており、
笑えて泣ける王道ムービーになっています。

また、エンディングは賛否両論あると思いますが、
主人公のキャラが終始ぶれていないという点で、
僕はすごく評価しています。

近年映画館で見た映画としては、
トップクラスに面白かった。

三日月キリン
三日月キリンさん / 2017年6月17日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

内容は薄いが面白い

予備知識ゼロでも楽しめた。

ひろりん
ひろりんさん / 2017年6月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

振り切ったおもしろさ!

主要キャストは若手イケメン俳優だらけですが、チャラさはなく、むしろ熱いです。彼らが本気でバカをやってる姿勢がとてもいいです。その振り切った演技が笑いを誘い、同時に感動も生んでいると感じました。特に太鼓のシーンは強く印象に残っています。

また、全編ギャグ満載かと思いきや、そこまでのことはなく、むしろ感動要素もあって、ストーリー的にも楽しめました。ラストの締め方もよかったと思います。でも、映画館の大スクリーンでないと楽しめない作品でもないので、テレビ放映かDVDを待ってもいいかなって感じです。

おじゃる
おじゃるさん / 2017年6月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

本も役者も悪くない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

問題は子供騙し的なコメディ演出。
「お尻出したらお前ら笑うんだろ」「白ブリーフダサイでしょ」みたいな。
予告の時点での悪い予感は的中。

テストの採点シーンも、おそらくアドリブなのでしょうが上手くいってない。吉田鋼太郎も菅田将暉も馬鹿馬鹿しい事を思い切りよくやっていて“さすがプロ”という仕事をしているが、カメラに工夫がなく、
“とんねるずのコントみたい”になってしまっている。映画のプロの仕事ではない。
そもそもアドリブとバレるアドリブはいらないアドリブだ。

とにかく、撮影というか照明がマズイ。
やけに酷くハレーションが起こっていたり、顔に影がかかっていたり、意図的にやっているとしたらセンスが悪すぎるし、意図していないならとんだ素人仕事だ。

エンドクレジットもビックリで、
美美子がギター持って踊っている?!
ギター弾いてない?!
踊りが下手?!?!
なんなの?事務所の圧力なの????
普通エンドクレジットで横に映像が出てると映像に目がいってしまうが、コレは観てるコッチがこっ恥ずかしくて文字を追ってしまった。

映画じゃなくて連続ドラマとかだったら面白かったとは思うけど映画のクオリティではなかったと思う。
このキャストでドラマは無理だろうけどね。
役者がみんな頑張ってただけに残念な作品だったなぁ。

「紙兎ロペ」で笑えるような人には超オススメです!!

k_keitaro
k_keitaroさん / 2017年6月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

笑いあり涙ありイケメンあり

本当に面白くて楽しかったです。

人気若手俳優がたくさん出ているからとかではなく、内容がとても面白く、一人一人の個性と役どころが合っていて、2時間があっという間でした。
少し政治も絡んでいたり、親の力や権力があったり、帝一のパワフルな野心や頭脳戦が、大人世代の方々も楽しめると思いました。
熱い生徒たちの戦いに、笑いあり涙ありでした。老若男女、楽しめる作品です。

まなみん
まなみんさん / 2017年6月14日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

実にくだらない。

映画館までま足を運び、お金を支払ってまで見るほどのものではないと思いました。
過大評価されすぎ。
どうでもいい映画。

ハクタカ
ハクタカさん / 2017年6月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

若手俳優陣の演技光る

メインキャストの誰かが好きとかと言うわけでもなく、原作も未読でしたが、番宣の6人の空気感に惹かれて観に行きました。
ずばり観に行って良かったです!
内容はなんとなく予想通りの展開ですが面白いし、なによりみなさん演技が上手だなぁと素人ながら思いました。映画1本分だけでは物足りず、ドラマ1クールかけてやってほしいと思いました。もし続編をやるなら観たいです。

はる
はるさん / 2017年6月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

笑い🙆涙🙆‍♂️いい映画✌️

映画館で見て良かったなと思ってます!
それぞれのキャラクターがとても面白かったです😊
もう一回見たいなと思いました!

とぅーくわ🍑
とぅーくわ🍑さん / 2017年6月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

老若男女問わず

みんなが何かしら思いを馳せれる映画だと思います!ただのキラキラキャスト映画ではないです!原作も読みましたが一体どう実写化されるか、まとめれるのかと思ってましたが期待以上想像以上の展開でした!続編求めます!!

しえこ
しえこさん / 2017年6月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

娘と観に行きました ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

公開から日がたってあるわりには席が満席に近くびっくりしました。年代は中高生のような若い子が多かったと思います。
内容は単純に面白かったです。菅田将暉くんと吉田鋼太郎さんがテストの点数言い合うところなんてめちゃ笑えました!
竹内涼真くんが爽やかでよかったです。
永野芽郁ちゃんも可愛いかった。
個人的には駒くん(一人だけ役名。。)もよかったかなー。

こむたん
こむたんさん / 2017年6月12日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

予告編よりずっといい

 平日の夜スタートの回だったが半分以上の席が埋まっていて、その8割を女性客が占めていた。流石にいまをときめくイケメン俳優たちの競演である。
 予告編ではバンカラの男子校が舞台のギャグ映画にしか思えずあまり期待していなかったが、なかなかどうして、結構内容のあるいい作品だった。
 永井聡監督は「世界から猫が消えたなら」も「ジャッジ!」も世の中の権威や既成の価値観を相対化し、改めて問い直すいい作品だった。本作も学内の権力闘争を描いていながら、国家の権力闘争よろしく世論の動向を気にしたり、実弾が飛び交ったりスキャンダルの暴露があったりと、現実の政治の馬鹿馬鹿しさをギャグにして相対化し、笑い飛ばしている向きがある。
 政治権力というヒエラルキーの頂点に向かって互いに蹴落とし合う姿は、総理大臣を目指す政治家や事務次官を目指す官僚たちと少しも違わない。権力を手にしてこの国をどのようにしたいかという哲学に欠けている点も同じである。大真面目にやっているところが可笑しくもあり、空恐ろしくもある。
 共謀罪が成立しかけているこのタイミングで公開されたことは、この映画にとって幸運である。政治の内情を暴露したという罪で逮捕されかねないからだ。

 日本の若手俳優は男女とも達者な人が多い。主演の菅田将暉は、脱力系の演技が得意なのかと思いきや、こういった前のめりに力んだ役も簡単にこなす。氷室ローランドを演じて存在感を示した間宮祥太朗は、発声の仕方がひとりだけ独特で、屋内なら壁を顫わせるような、屋外なら雷鳴のようなと表現したくなる、そんな声を出す。舞台でハムレットを演じれば、さぞかし客が入るだろう。

 テンポのいいストーリー展開、メリハリのある演出、大胆で力のこもった演技と、三拍子そろった作品である。

耶馬英彦
耶馬英彦さん / 2017年6月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

257件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi