ブレードランナー 2049
ホーム > 作品情報 > 映画「ブレードランナー 2049」
メニュー

ブレードランナー 2049

劇場公開日

解説

リドリー・スコット監督がフィリップ・K・ディックの小説をもとに生み出した1982年公開の傑作SF「ブレードランナー」から、35年の時を経て生み出された続編。スコット監督は製作総指揮を務め、「メッセージ」「ボーダーライン」などで注目を集めるカナダ出身の俊英ドゥニ・ビルヌーブ監督が新たにメガホンをとる。脚本は、前作も手がけたハンプトン・ファンチャーと、「LOGAN ローガン」「エイリアン コヴェナント」のマイケル・グリーン。前作から30年後の2049年の世界を舞台に、ブレードランナーの主人公“K”が、新たに起こった世界の危機を解決するため、30年前に行方不明となったブレードランナーのリック・デッカードを捜す物語が描かれる。前作の主人公デッカードを演じたハリソン・フォードが同役で出演し、「ラ・ラ・ランド」のライアン・ゴズリングがデッカードを捜す“K”を演じる。

作品データ

原題 Blade Runner 2049
製作年 2017年
製作国 アメリカ
配給 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
上映時間 163分
映倫区分 PG12
上映方式 2D/3D
オフィシャルサイト  

特集

みんなが超注目している本作──ぶっちゃけ面白いのか?どうなんだ!?その質問に町山智浩氏が熱く語り、映画.com編集長が答える!いま、期待、感想が一気に吹き出す──明言しよう「これは傑作だ!」
製作発表時から映画ファンの注目を集め続けてきた超話題作が、ついに日本公開!

「メッセージ」「ボーダーライン」のドゥニ・ビルヌーブ監督が、「ラ・ラ・ランド」のライアン・ゴズリングを主演に、傑作SFアクション「ブレードランナー」の“新章”を撮り上げた。映画ファン待望、世界46カ国でNo.1のオープニングとなった超...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

前作のレガシーを受け継ぎ、かつ世界を拡張させたヴィルヌーヴ監督の偉業を見よ!
ブレードランナー 2049の映画評論・批評

西暦2019年のロサンゼルスを舞台に、記憶を求めて逃走したレプリカント(人造人間)と、彼らを追うブレードランナー特捜班との戦いを描いた近未来サスペンス「ブレードランナー」(82)。SFでありながら、40~50年代フィルムノワールを匂わ...ブレードランナー 2049の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全396件)
  • なるべくしてなった“あっち側”の物語 ネタバレ! ドゥニ・ヴィルヌーヴと撮影監督のロジャー・ディーキンスは映像的に本当にすごいことをやってのけた。ビジュアルの権化みたいなオリジナルを継承しつつ、独自のスタイルで世界観を拡張した。続編としてこれほ... ...続きを読む

    バッハ。 バッハ。さん  2017年10月29日  評価:4.5
    このレビューに共感した/24
  • 163分はあっと言う間の視覚体験!! ソーラーパネルがガラスの海のように広がる2049年のメトロポリス、L.A.のビジュアルは、先人が視覚化した煙突から時折飛び出す炎が漆黒の闇を照らす画期的なイメージに匹敵するもの。もし、その前作を... ...続きを読む

    MP MPさん  2017年10月24日  評価:4.5
    このレビューに共感した/11
  • 大御所感が出てきたD・ヴィルヌーヴ監督の濃密な映像世界 「複製された男」そして「メッセージ」と、SF映画ファンの期待に応える快作を作ってきたドゥニ・ヴィルヌーヴ。監督作を重ねるごとにスケールを増してきた感のあるヴィルヌーヴが、満を持してSF映画の金字... ...続きを読む

    AuVis AuVisさん  2017年10月22日  評価:4.5
    このレビューに共感した/10
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

「ブレードランナー」シリーズ関連作品

他のユーザーは「ブレードランナー 2049」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi