ブレードランナー ファイナル・カット
ホーム > 作品情報 > 映画「ブレードランナー ファイナル・カット」
メニュー

ブレードランナー ファイナル・カット

劇場公開日

解説

SF映画の金字塔「ブレードランナー」を、初公開から25年を迎えた2007年にリドリー・スコット監督自らが再編集とデジタル修正を施してよみがえらせたファイナルカット版。酸性雨で荒廃した2019年のロサンゼルス。人間にそっくりな外見を持つ人造人間「レプリカント」たちが植民地惑星から逃亡してきた。レプリカント専門の捜査官「ブレードランナー」のデッカードが追跡を開始するが……。日本でも07年11月に劇場公開され、17年10月にも続編「ブレードランナー 2049」公開を記念して、10年ぶりに劇場公開される。

作品データ

原題 Blade Runner: The Final Cut
製作年 2007年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画
日本初公開 2007年11月17日
上映時間 117分

特集

「ファイナル・カット」はどこが違う?「ブレードランナー」裏ネタ集(2)
「ファイナル・カット」で追加されたチャイナタウンのダンサーが踊るシーン

※前のページから続く■バティが目玉製造工房で中国人に語りかけるのは、ウィリアム・ブレイクの詩「アメリカ ひとつの預言」の一節。■折り紙や、市当局からの移民情報などを伝えるアナウンスは、ガフ役エドワード・ジェームズ・オルモスのアイデア。...特集

インタビュー

リドリー・スコット監督&主要キャスト インタビュー
インタビュー

絶え間なく酸性雨が降り続ける2019年のロサンゼルス。この大都会に迷い込んだ新型アンドロイド、レプリカントを追う、ブレードランナー特捜班の刑事(ハリソン・フォード)の姿を映し出した、リドリー・スコット監督のダークな未来派フィルム・ノワ...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.9 3.9 (全49件)
  • アンドロイドは人の夢を追い求め続け… いよいよ公開迫った『ブレードランナー2049』。 35年振りの続編を前に、前作を予習。見るのは一体いつ以来か。 初見時はそのビジュアルが強烈に印象残ったが、話の方はなかなかに難しく…。 以来ちょ... ...続きを読む

    近大 近大さん  2017年10月24日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 芸者ガ-ルで強力わかもと 観ることになるかどうか分かりませんが今度2049とやらを演るというので予習?復習?のつもりで劇場鑑賞。 1982年に作られた2019年が舞台の人造人間と人造人間ハンターのお話。 狩ったり恋したり... ...続きを読む

    映画マン 映画マンさん  2017年10月23日  評価:1.5
    このレビューに共感した/0人
  • 唖然 最初見た時は、大学時代。 当時は、雨が降り続ける汚い街の近未来像にインパクトがあったけど、時代設定が2019年とは。あと2年 当時は感じなかったが、“記憶”の刷り込みに気付いたアイデンティティ喪... ...続きを読む

    life goes on life goes onさん  2017年10月22日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

「ブレードランナー」シリーズ関連作品

他のユーザーは「ブレードランナー ファイナル・カット」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi