モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由
ホーム > 作品情報 > 映画「モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由」
メニュー

モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由

劇場公開日

解説

大人の男女の官能的な恋愛を描き、第68回カンヌ国際映画祭でエマニュエル・ベルコが女優賞を受賞、第41回セザール賞主要8部門にノミネートされたマイウェン監督作品。スキー事故で負傷し、入院した弁護士のトニーは、リハビリに励みながら、心から愛したジョルジオとの過去を振り返り、ジョルジオという男はいったい何者だったのか、なぜジョルジオとトニーは愛し合うことになったのかに思いをはせる。10年前、かつて憧れていたレストラン経営者のジョルジオと運命的な再会をしたトニーは激しい恋に落ち、意気投合した2人は電撃的に結婚。トニーは妊娠するが……。主人公トニー役を監督として「太陽のめざめ」などを手がけたエマニュエル・ベルコ、ジョルジオ役を「ブラック・スワン」「美女と野獣」のバンサン・カッセルが演じる。

作品データ

原題 Mon Roi
製作年 2015年
製作国 フランス
配給 アルバトロス・フィルム、セテラ・インターナショナル
上映時間 126分
映倫区分 R15+
オフィシャルサイト  

受賞歴

第68回 カンヌ国際映画祭(2015年)

受賞
コンペティション部門
女優賞 エマニュエル・ベルコ
出品
コンペティション部門
出品作品 マイウェン

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全2件)
  • これは愛ですか? 恋愛というよりも、何か妄想とか執着とかいうものではないかと思った。 確かに演技は素晴らしいのだが、ストーリー、気持ち、状況に入っていけなかった。 ...続きを読む

    Momoko Momokoさん  2017年3月27日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 愛と激情の日々には至らない。 ベティブルーを宣伝文句にしているがあの男女の物語には到底敵わないし此方の心にグッと来るモノが感じられない理解も共感も出来ない男女デジタ。 愛し愛され傷つけ合った10年とリハビリの様子を合間に挟ん... ...続きを読む

    万年 東一 万年 東一さん  2017年3月26日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi