レジェンド 狂気の美学
ホーム > 作品情報 > 映画「レジェンド 狂気の美学」
メニュー

レジェンド 狂気の美学

劇場公開日

解説

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のトム・ハーディが1人2役で双子のギャングを演じたクライムサスペンス。「ザ・クレイズ 冷血の絆」(1991)などでもその人生が映画化されてきた、実在の双子のギャング、クレイ兄弟の栄光と破滅を描いた。1960年代初頭のロンドン。貧しい家庭で生まれ育ったレジーとロニーのクレイ兄弟は、手段を選ばないやり方で裏社会をのしあがり、アメリカのマフィアとの結託や有力者たちとの交流を深めることでイギリス社会に絶大な影響力を及ぼしていく。そんな中、部下の妹フランシスと結婚したレジーは彼女のために足を洗うことを決意し、ナイトクラブの経営に力を注ぐようになるが……。レジーの妻フランシス役を「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」のエミリー・ブラウニング、ゲイであるロニーの恋人役を「キングスマン」のタロン・エガートンがそれぞれ演じた。「L.A.コンフィデンシャル」「ミスティック・リバー」などの名脚本家ブライアン・ヘルゲランドが監督・脚本を手がけた。

作品データ

原題 Legend
製作年 2015年
製作国 イギリス・フランス合作
配給 アルバトロス・フィルム
上映時間 131分
映倫区分 R15+
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

トム・ハーディ増殖。かつてない挑戦が、怪優の眠れる魅力を余すところなく解き放つ
レジェンド 狂気の美学の映画評論・批評

つくづく底知れぬ俳優だ。プロレスラーのような肉体、相手が震え上がるほどの眼力、尋常ではない狂気。かと思えばイカツイ風体の中に、とびきり純情でコミカルな一面さえ覗かせたりもする。そんな得体の知れなさこそトム・ハーディのたまらない魅力。た...レジェンド 狂気の美学の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全31件)
  • トム・ハーディは良かったが... ブライアン・ヘルゲランドの脚本に期待して観たのだが、完全にトム・ハーディの芝居に食われた脚本。ヘルゲランドが意図してトム・ハーディのリミッターを外した演出なのだろうが、ひとり二役の面白さがたちす... ...続きを読む

    BlueBeatBlues BlueBeatBluesさん  2016年12月4日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 兄弟愛の狂った美学 面白いというわけではないが、最後までみれる。 兄弟、家族。うーん。なんなんでしょね。他人なのだけど赤の他人ではない。限りなく近い存在。 双子じゃなければ変わってたのかな。 ...続きを読む

    ゆた147 ゆた147さん  2016年12月3日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • まあまあ まぁ面白かったです。名前がわからないけど女優が良かったです。美人というより魅力的という感じでした。 ...続きを読む

    blue sky blue skyさん  2016年11月26日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

レジェンド 狂気の美学(字幕版) レジェンド 狂気の美学 レジェンド 狂気の美学 レジェンド 狂気の美学(吹替版)
レジェンド 狂気の美学(字幕版) レジェンド 狂気の美学 レジェンド 狂気の美学 レジェンド 狂気の美学(吹替版)
2016年12月3日 2016年12月3日 2016年12月3日 2016年12月3日
¥400 ¥411 ¥400 ¥400
iTunes ニコニコ動画 ShowTime Google Play

他のユーザーは「レジェンド 狂気の美学」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi