スパイダーマン ホームカミングのレビュー・感想・評価

スパイダーマン ホームカミング

劇場公開日 2017年8月11日
371件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

15歳の少年を描いた最良の青春映画。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

どこを切っても100点に近い完璧な映画だと思う。多少事前の知識があった方がわかりやすい点はあるものの、日本盤の予告編が伝え損ねていた本作の「青春映画」としての魅力はいくら言葉を重ねても言い足りない。

とりわけ「マイケル・キートンが扉を開けるあの瞬間の戦慄」と、「特殊なスーツでなく水中メガネとパーカー姿で戦うクライマックス」の二点を思いついた製作チームに拍手。まだ15歳の少年がこの映画で背負っているもの、背負おうとしているもの、否応なしに背負わされたものを思い起こせば、「過去最高にライトなスパイダーマン映画」という評価には異を唱えざるをえない。

またマイケル・キートン演じるヴァルチャーのあまりにも庶民的な犯罪の動機によって、マーヴェル作品は新たな領域に踏み込むことができたのではないか。天性の悪でもなければ狂気に囚われたわけでもない敵との戦いとどう折り合いを付けていくのか。今後が楽しみでしょうがない。

バッハ。
バッハ。さん / 2017年8月31日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

これぞ’17年という時代性にふさわしい見事な跳躍

個人的に、「アメイジング」シリーズの主演二人が好きだっただけに、ソニーピクチャーズがこれを打ち切ったことにやるせなさを感じていた。が、今この最新作を見せられると、結果として、監督、出演者、観客の全てにとって良い判断だったと言わざるをえない。

この映画には、少年が手元から糸を発射してご近所から摩天楼まで自由自在に飛び回る無邪気な喜びと興奮に満ちているし、それに脚本上の小難しいプロットとは無縁の、映像を見ているだけで楽しめる単純明快さがある。何よりもトム・ホランドの全身から放出される「キャッホー!」と絶叫したくなるほどの躍動がたまらない。

クイーンズにある高校の人種比率、快活なメイおばさんの素晴らしさ。それにマイケル・キートン演じる悪役も、もはや善悪を超えたところに彼なりの人生と、覚悟が滲み出ていて絶妙だ。すべての面においてこれぞ2017年という時代性に即した見事な仕上がりと言えるだろう。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2017年8月28日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 6 件)

悪役が魅力的な作品はやっぱりイイ!

アメコミ映画史上屈指の“動ける主役”、トム・ホランドのフレッシュさも悪くないが、本作のキャスティングの肝はやはりバルチャー役のマイケル・キートンだ。かつてバットマンを演じ、長い低迷期を経て「バードマン」で再び空を舞うヒーローに変身し(作中ではオルターエゴの幻覚という解釈もできる仕掛け)カムバックを果たした俳優が、今度は人工の翼を備えたヴィランに扮する。キャリアを踏まえた起用が憎いが、格差社会の敗者、家族思いの男というキャラクターがまた泣かせる。マーベルもDCもユニバース全盛の昨今、大勢のヒーローを描くのに手一杯で、相対的に悪役の魅力が乏しくなる凡作も多々あるが、バルチャーは合格だ。「ダークナイト」でヒース・レジャーが演じたジョーカーには及ばないとしても、「マイティ・ソー」のトム・ヒドルストン扮するロキと並ぶくらいには記憶に残る好敵手と言えるのではないか。

AuVis
AuVisさん / 2017年8月14日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 12 件)

庇護欲をそそられる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

他の監督のスパイダーマンは無印の1と2を昔観た程度だが、
あまりピーターが善人な感じがしなかったので(最初からではないが、途中からそうなったように思う)
底抜けに純粋な善人であるこのピーターにホッとした。
アベンジャーズメンバーは大人なので、ヒーローでありながらも罪を犯したり、時には利己的に行動し
それが人間らしさに繋がっていて良いと思うのだが、
まだ15歳の、ともすればトムホランドの童顔と若々しい声によってそれよりももっと
幼く見えるピーターは、このくらい純粋で利他的であっていいと思う。
故意ではないにせよ、サンドイッチ屋の主人には何のフォローも無く不憫なのだが…

無料の船や地下鉄の駅など、ロケ地巡りが容易なためファンには嬉しい。
日本人の目には不自然極まりなく映るヒロインたちの配役と、セクシー過ぎる叔母の描写なども現代的で良いと思う。
余談だが15歳の天才少年が若くセクシーな叔母と暮らしているという設定は「Big Hero 6」の主人公を思い出させる。
「Big Hero 6」は人間キャラクターの知名度が著しく低いのでそんな人はあまり居ないと思うが、私はなんだかニヤリとさせられてしまった。
ちなみにAvengers: Age of Ultronではこの主人公の兄の名前が出てくるが、
この兄の名はおおよそアメリカで頻出するような名前ではないため、こういった関連性を妄想するのも楽しい。

しかし。ピーターがより庇護欲をそそるキャラクターになるため、結果的には良かったのかもしれないが、
トニーは子供相手に冷た過ぎるのではないか?もっと不器用ながらも、父となり兄となるトニーの姿が観たかったので残念。
中身の入っていないスーツはトニーらしいし、このシーンがあるおかげで「どうせ中身入ってないんでしょ」→入ってた!
のシーンはピーターに感情移入しながら(ちゃんと中身が入っていることを見せながら迫ってくるトニーに、
ピーターは喜びと驚きと、直接叱られる恐怖とでドキリとしたに違いない)観ることができるのだが、それにしても冷たい。

それを言ってしまうとストーリーが成り立たないのかもしれないが、ピーターの言う通り、
トニーやハッピーがちゃんと話を聴いてくれていたら、まさにその通りなのである。
トムホランドは成熟して大人びていることが「美」とされるアメリカで人気なことが不思議なくらい、
幼く愛いらしいことが「美」である日本人から見ても、とても魅力的。そんなトムホランド演じるピーターは何しろ庇護欲をそそる。
トニーが冷たいことで観衆はより庇護欲をそそられる。少なくとも私はそうだ。狙ってやっていたら凄い。

トニーの冷たさもピーターの魅力を引き上げているため必要なのだろうが、唯一不必要と思ったのはペッパーの再登場か。
ファンサービスのつもりなのかもしれないが、その過程はきちんと描くべきだし、何よりこの映画でやる必要がない。
前半のピーターがトニーに憧れ、冷たくされながらもその背中を追って見事成長した後、
後ろをついて歩くのではなく、並んで歩こうとするピーターに、トニーは一抹の寂しさを覚え、
不器用な男なりにスパイダーマンだけでなくピーターという人間を必要としている自分に気付く。
トニーの方も本当の意味でピーターの方を向き始めるというとてもとても大切なシーンである。それなのに!!
トニーの夫婦事情は別の作品でやればいい。この作品で大切なのはピーターとトニーの関係である。

以上大真面目に批評を書いてみたものの、「ハグじゃない、ドアを」のシーンのピーターが愛らしいとか、
アメリカ人の少年とは思えないくらい素直にわんわん泣くピーターが愛らしいとか、
ヴァルチャーのヴィランスーツがMCUヴィラン至上最高にかっこいいとかそういう感想でも良いと思った。
最後だけ残念なので-1だが、とにかく楽しい映画でした。

mm
mmさん / 2017年9月23日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

爽快!アクション!

普段のピーターとスパイダーマンの時のピーター。
周りの人に秘密である、というあのドキドキ感がたまらなく良い!

普段は少しいけてない、でも一途で何事にも一生懸命なピーターと、
年相応の好奇心旺盛で、ただ技術力は凄い親友のネッド、
そして、年上のお姉さん雰囲気なヒロイン

友情も恋愛も見てて可愛いしニヤニヤしてしまう。

戦闘シーンは、もちろん素晴らしかった!!
まず、悪役!悪役もただの猟奇的な犯行ではない。悪役にも生活があり、考えがある。
スパイダーマンはもちろん応援してしまうが、悪役のことも死なせてしまわずに、助けてあげて!!と思わせるような、魅力に溢れていた。

スパイダーマンの一番の魅力といえる、糸を使ったシーンも全てカンペキ!
あの、見ているだけで自分も風を切っている気分になれる爽快感。
そして、うめぇ!と唸ってしまう糸の使い方。
スピーディーで華やかなアクションばかりかと思えば、
天井などに張り付く、静のアクションも非常にクールである。

ピーターの普通の少年の若さとヒーローの正義感、そして出てくる全ての登場人物にそれぞれ個性とその背景が見える。

スパイダーマンはすべて見てきた。今までの作品も素晴らしかったが、このシリーズが一番好きになりそうだ!
次回作も期待!早く見たい!

むにむに
むにむにさん / 2017年9月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最高!

最高に楽しめました。

tatsu tatsu
tatsu tatsuさん / 2017年9月22日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

単純に楽しい❗

予備知識なしで見たので時系列がちょっと分かりにくいかったかな?
やっぱりマーベル!単純に楽しい。そして高校生らしい単純な悩みだけど、本人には深刻な悩みをちょっと遠目でみてる感じだった。

em
emさん / 2017年9月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

お洒落でカッコイイ!

スパイダーマンが現代版となって久々に登場!相変わらずスピーディーなアクションとストーリーで楽しかった、ハズなのに前半ちょっと寝てしまったので☆半分マイナス。。。それと!エンドロールが終わるまで立たないで。

マシェリ
マシェリさん / 2017年9月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

グェンとかMjとかどこ行った?

今までのスパイダーマンはどこに行ってしまったのか?いや、別物だと言うのは分かるんだけど素直には受け入れられないのよ、おじさんは。パーカーの、あの軽いノリで「細かいこと気にすんなよ、オッサン」と言われているような気がする。あと最後のスタークとのやり取りもよくわからん。アメリカンジョーク的な会話なのかもしれないが、よくわからん。ストーリーとかアクションとかは、まあ面白かったんだけど、「ええじゃないか」的な流れに終始押しきられた感じがしてならない。

たまるる
たまるるさん / 2017年9月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ピーターパーカーが15歳である必要はあるのか

主人公のピーターパーカーが幼かったのが個人的に残念。
今までのスパイダーマン映画とどうしても比べてしまうが、スパイダーマンの頼りなさがマイナスにしかならなかった。
今までのスパイダーマンは一人で強敵と戦って勝ってきたわけだし。
上手く飛べないシーンで笑いが起きていたが、スパイダーマンが笑われているようで少し複雑だった。
スパイダーマンといえば戦闘中の軽口やユーモアだと思うがそれとは違う。
観客も憧れるスパイダーマンが頼りない中学生の手に渡ってしまったようだった。
アクションも特に目新しさはないし最後の戦闘がお手製スーツなのも残念。そこはスパイダースーツで戦ってほしい。
そもそもそのスパイダースーツもコスプレ感が凄い。スーツのデザインは間違いなく過去シリーズ最低。胸のマークからドローンが出ることと目が動くところは好きだが、蜘蛛の巣のデザインが立体的でなかったり素材が安っぽいところはダサいと感じた。
好きな人よりヒーローとしての正義を優先する素質は良いと思った。

ヴァルチャーはマーベル映画でも最高のヴィランだった。デザインも中身もかっこよすぎる。原作からよくここまでかっこよくできたと感嘆するばかり。

次の作品ではキャプテンアメリカやアイアンマンに子ども扱いされない自立した一人前のヒーローであることを期待したい。
15歳だからとまだ子ども扱いされるようではこの設定は完全に失敗だったと言わざるを得ない。

リョウ
リョウさん / 2017年9月20日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

楽しめた

過去シリーズとはまた違ったストーリー。

主人公の、スパイダーマンになった経緯が描かれてないのがちょっと「?」となったけど。

アクションはみていて楽しめました。

すいる
すいるさん / 2017年9月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スパイダーマンシリーズ

と言うよりはアイアンマンのスピンオフ的な感じなのかな〜⁉︎
純粋にスパイダーマンを楽しみたい人には不完全燃焼ですねー!(^_^;)

ヒロ
ヒロさん / 2017年9月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

これぞ!

原作のところはよく知らないが、過去のスパイダーマンと比べ今回が一番主人公を身近に感じられた。

MUCとの絡みもうまく出ていたのが良かったのかもしれない。早く続編が見たい!!

ウミ
ウミさん / 2017年9月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スパイダーマンが初々しい!

これまでのスパイダーマンシリーズ未鑑賞、アベンジャーズ作品も少ししか見たことないですが、十分楽しめました。でも、スパイダーマン誕生や、先輩アベンジャーズとの関係は詳しく描かれていないので、できれば関連作品鑑賞後のほうがより楽しめると思います。

本作で最も印象的だったのは、主人公の成長です。さながら新しい玩具を与えられてはしゃぐ子供のようなピーターが、真のヒーローのあり方に気づき、ヒーローとしての自覚が芽生えていく様子がよく描かれています。ピーター役のトム・ホランドがよくハマっていて、初々しさが伝わってきます。ハイテク武装されたスパイダーマンスーツも超魅力的で、まだまだ秘密がありそうなので、今後のスパイダーマン登場作品も楽しみです。

敵のバルチャーも、彼なりの事情や背景があって、完全な悪というより共感できる人間として描かれており、これをマイケル・キートンが渋くキメています。おかげで、作品全体が単純な勧善懲悪になっていないのもいいです。今後も何かやってくれそうで、次回作への期待が高まりました。

おじゃる
おじゃるさん / 2017年9月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

サポート充実。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

みなさんそんなにスパイダーマンが好きなの?と思うくらい
短いスパンで何回も観てきた感のあるこの話。ところが今回
は初期の冒頭劇そのものが新しくなっている。成功の要因は
やっぱり主役!何て幼いキュートな顔立ち。そして学園もの
というあぁ青春!な内容(前二作も青春でしたけど)が楽しい。
若気の至りが引き起こす様々な事象を通して、あ~そうなん
だよねぇ若い頃ってのはさぁ、とオジサンオバサンのハート
をガシッと鷲掴みする。そんな若トムを支える友人役も多国
籍多民族ありきで、抑えには名優キャストを揃えてきている。
悪役お父ちゃんは空飛ぶキートン。メイおばさんにはトメイ。
こんなに安心して観られるマーベル久々だわと、どんな危機
に陥っても安心のお助けサポート充実。一人前と認められる
までは苦労の連続なんだよと(恋愛もね)教えてくれる。さて
気になるのはMJ役だったんだけど、やっぱりアンタか!と
思う位置づけも的確。椅子の人になりたい親友も愛らしくて
共感できる。田舎だと飛べないエピソードには笑った笑ったv

ハチコ
ハチコさん / 2017年9月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

アメコミの醍醐味

やっと「アベンジャーズ」へ参入したスパイダーマンだが、かなり重要な役柄でアイアンマンも登場するなど今後の展開を見据えた構成の作品だった。スパイダーマンになるまでの話は描かれず、劇中の台詞で過去について話す程度で、やはり未来にあるのは「アベンジャーズ」でありスパイダーマンの過去の出来事や苦悩、葛藤には必要以上に時間を割いていないことが分かる。それでも本編の中で17歳のスパイダーマンことピーター・パーカーが大人としての、またヒーローとしての成長を丁寧に描いており、大変共感できる。彼にとってはその過程が大きな課題となるのだが、これぞ17歳という行動や発言が垣間見れ、観ていてとても面白い。笑いや共感できるシーンやグッとくるシーンなどがバランス良く描かれており、ハリウッドのヒーロー映画の醍醐味をしっかりと味わうことができる。しかしスパイダーマンのスーツはハイテクすぎて残念だ。サム・ライミ監督の第1作「スパイダーマン」のように特にハイテク技術を積んだ訳ではないスーツの方が良かった。ここまで来てしまうともうアイアンマンである。また、展開は目まぐるしいが、もっと尺を割いてでもスパイダーマンの生い立ちを見たかったという思いはやはり強い。

MASERATI
MASERATIさん / 2017年9月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白い

冒頭のシーンは別映画(アベンジャーズ?)でキャプテンアメリカを倒したのかな?
自撮りのムービーがユーモアたっぷり。
アベンジャーズとかキャプテンアメリカとかアイアンマンを知ってたらもっと面白かったんだろうなぁと思った。
知らなくてもすっごい楽しめるしハラハラドキドキときどきクスっとなってよかった◡̈

主人公イケメンやったー

H!5@e
H!5@eさん / 2017年9月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スパイダーマン!

面白かったです!
メイおばさんの 昔はイケイケ女子でした っていう感じの役柄 よかったです!
そして今後の ヒロインは やっぱり…😋

スパイダーマン映画を何作も 観てましたけど 新鮮に感じられました!

なきゃ
なきゃさん / 2017年9月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

丁度いい

面白いです!
個人的に、アメコミ原作ものはこれ位ライトな世界観でやってくれるのが1番フィットします。
どの作品とは言いませんが、“大人っぽい感じ”でアメコミをやられても、逆に子供っぽさが露出してしまうと思っています。

doody
doodyさん / 2017年9月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

親愛なる隣人

マーベル・シネマティック・ユニバース第16作品目。『シビルウォー/キャプテン・アメリカ』から参戦したスパイダーマン。その新スパイダーマンの親愛なる隣人たる所以の活躍を描く。
『ワンダーウーマン』に続き、連続して映画館で鑑賞した疲れもあったのか、途中やや眠くなりそうなシーンもあり。
でも、マイケル・キートン演じる今回のヴィラン『バルチャー』の秘密は意外性があって良かった。過去の作品のゴブリンの親子関係に似た感じがしたが。
それと何かしら存在感を出していた彼女がMJなのか。今後、彼女との間で新しい展開があるのかな。
最後のトニー・スタークとペッパー・ポッツの登場シーンがなかなかいい。

321
321さん / 2017年9月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

371件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi