ブリッジ・オブ・スパイのレビュー・感想・評価

ブリッジ・オブ・スパイ

劇場公開日 2016年1月8日
289件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

☆☆☆☆★ シドニー・ルメットは『十二人の怒れる男』の中で、観客に...

☆☆☆☆★

シドニー・ルメットは『十二人の怒れる男』の中で、観客に悟られ無い様に眼鏡を掛けた男が眼鏡を外し、眼鏡によって出来る鼻の痛みを和らげる姿を何回も映す。
その眼鏡あるあるがある種の決めてとなり、他の陪審員達の心にも一体感が出るのだった。

この『ブリッジ…』の中では、ソ連側のスパイであるアべルが幾度となく鼻を啜る。スパイだけに観客にとっては、どんな意味があるのか?を一瞬考えてしまうのだが、この行為自体には特別な意味は実は無い。

アベルとドノヴアン。2人の立場は違えども、お互いがお互いの不屈な精神に対して、次第に共感しあう様になって行く。
例えお互いに"国を背負っている意識"からか、その本心は明らかにしなくても…。

映画の舞台がベルリンに移る中盤から、アベルの出番は無くなって行くのだが。ベルリンに着いたドノヴアンは、いきなり若者達に暖かいコートを奪われてしまい、ドノヴアンは「風邪をひいた。早く帰りたい。寝たいんだ!」と語りながら鼻を幾度か啜る。例えその場にアベルは居なくても、ドノヴアンが鼻を啜る度に、その場にはアベルが存在している様に見えるのだ。

そして映画は終盤に差し掛かり、アベルとドノヴアンは最後の最後に本心で語り合う。
この別れの場面は勿論素晴らしいし。全編を通してスピルバーグは、我々アメリカは昔も今も偏見や差別は失くなっていないのではないか?。本当に【チェンジ】は進んでいるのか?と、現代のアメリカ社会に対して警告を鳴らしている様にも思われる。

でも私がこの作品で1番感動したのは。直前まで愚痴をこぼしていた妻だったのだが。真実を知った瞬間に、「貴方お疲れ様でした。ゆっくり休んでくださいね。」…と言っているかの様に、夫を優しく見つめる姿に他ならない。

スピルバーグの映画作家としての成熟度を如実に示す作品だと思います。

2回目の鑑賞。

間もなく上映終了なので、都内で1番大きなスクリーンで観ておきたかった。

裁判後、アベルのタバコにドノヴアンは火を着ける。するとアベルは《不屈の男》の話をする。アベルはドノヴアンを間違いなく信頼した証であろう。

やがて収監されたアベルを、ドノヴアンはラジオを持って訪ねる。
そのラジオからはショスターコビッチの交響曲が聞こえている。
ショスターコビッチは、圧政に耐えながら芸術活動を続けた男だ。
自身が作曲した交響曲の中に、さりげなく「僕はここにいる!僕はここにいる!」とサインを入れては圧政に苦しむ苦悩を叫び続けた。

アベルも芸術家と偽りながらスパイ活動を続けていた。
それだけに、その苦悩が痛い程に解る。

そしてドノヴアンも、これから政府関係者では無く、一人のアメリカ市民として人質交換の交渉を余儀なくされる。
当時の冷戦状態を考えれば、果たして生きて帰ってこられるのか?不安感で胸が詰まる思いだったであろう。
だからこそ、クライマックスの橋の上で二人は再会した時にアベルは開口一番こう伝える。

「親愛なるジム」…と。

(2016年1月16 TOHOシネマズ日本橋/スクリーン5)

(2016年2月3日 TOHOシネマズ/スカラ座)

松井の天井直撃ホームラン
松井の天井直撃ホームランさん / 2017年11月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

主人公の弁護士‼️

実話に基づく映画❗️主人公は凄いと思う‼️スピルバーグ監督の作品は名作が多いな🤔

たか
たかさん / 2017年9月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アメリカの正義万歳映画

しかし、トム・ハンクスは何を演じても上手い。第二次大戦後の米ソ冷戦時代にあった実話らしい。ちょうどベルリンの壁が築かれる時の様子も描かれており、歴史を学ぶことも出来る。アメリカ映画にありがちなことだが、アメリカって常に正義なんですよねー。ちょっとそれが鼻につく映画だった。

時次郎
時次郎さん / 2017年7月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スパイと捕虜との交換交渉

冷戦時代のアメリカとソ連・東ドイツの話。
興味がない人には、若干退屈な映画かも。
ストーリーは分かりやすく出来ていたと思う。

MIZ
MIZさん / 2017年7月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ごちゃごちゃしそうな話なのに、筋はよくわかった。 実話だけに、すご...

ごちゃごちゃしそうな話なのに、筋はよくわかった。

実話だけに、すごく感動とか、学生いらないのでは、と思うこともあったが、丁寧に描いていた。

スパイを殺すことなく、将来的にスパイ同士を交換することまでの先見の目があった。
しかも、全く関係なくつかまった学生のことまで救おうとする交渉術。すごい。

ただ、学生がどのようにして助け出されたのかはよく分からなかった。そこまであると個人的にはいいのになぁ。

キッスィ
キッスィさん / 2017年7月1日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

実話ですか

夢中になこともなく、淡々と鑑賞しました

おのもん
おのもんさん / 2017年6月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

当然かもしれませんが、良作

当然といえば当然かもしれませんが、良作。でも、意外と響かなかった人も多いはず。さらっと見せているのもあるんでしょうけど、合衆国を軸にしたナショナリズムを含む内容ではあるので、日本人にはあまり共感どころがなかったりする。
人質(捕虜)交換での国籍を越えた交流を本題の中で静かに描いている点はすばらしいのではないでしょうか。
あと時代設定にあった街や雰囲気の再現性の高さは全体を通して目を見張るものがあります。

okaoka0820
okaoka0820さん / 2017年5月16日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

誠実さが人を動かしていく

与えられた使命・職務をまじめに遂行しようとする主人公。そんな姿・態度にCIAやスパイ容疑者も心を動かして行く。誠実に真面目に生きることが大事だと改めて実感させられるいい映画です。

マルコ・ヨドガワ
マルコ・ヨドガワさん / 2017年5月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スパイものって、どーしてこうカッコいいのかしら。おっさんばーっかり...

スパイものって、どーしてこうカッコいいのかしら。おっさんばーっかり出てくるけど、みんなかっこいい。
さすがコーエン兄弟の脚本が良かった。ただラストの抱擁されるか?のとこは、アレ?だったけど。そっちかい!と。

まるこ
まるこさん / 2017年5月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

Good Movie

実話でいい映画だった

ATOM
ATOMさん / 2017年3月17日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スピルバーグ&コーエン&トムハンクス

監督:スピルバーグ、脚本:コーエン兄弟、主演:トム・ハンクス。
名前だけで判断してはいけないけど、でもやっぱりこれだけ揃ってしょうもない映画になるはずがないね(^^;
なかなか見応えのある映画でした。

SelfishCat
SelfishCatさん / 2017年3月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

見ごたえがある作品だ‼

見ごたえがある作品だ‼

hideaki
hideakiさん / 2017年3月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最初から最後まですべて良かった

142分って長いけど、最初から最後まですべて良かった。特にロシアのスパイと妻が良かった。ベルリンの壁崩ってあんな風に作られたのか…。

ボケ山田ひろし
ボケ山田ひろしさん / 2017年2月19日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

緊張感、雪の街の寂寥感は絶品

2016アカデミー作品賞ノミネート

無関心•••4•好 SF 俳優 並••3••凄 歴史
無1••••涙/無•••4•固ゆで
無•••4•社会派/大衆•2•••狂信
標準/紹介
俺の満足度 70点
作品賞可能性 60%

主演トムハンクス監督スピルバーグ とくれば、いい作品間違いなしと期待して鑑賞。
いい感じでした。
特に、法の上で人は平等、かつ従事している職業によらず人として真摯かどうかを見るべきという考えを貫く主人公の芯の強さ、スパイ役のマーク・ライランスとの味のある会話がよかった。
東側にいる間の何が起きるかわからない緊張感、雪の街の寂寥感は絶品。
観客が望む結果に落ちていく予定調和的なところや、父を信じるよきファミリーや、東側は狡いが弱い、冷たいという描写(交換後、ハグされず後部座席に座らせたね)など、ベースに「ビバ アメリカ」が見え隠れしているので、作品賞はないかな。
自分は予定調和は好きなので、満足でした。

他人の評価を見て引用追記。言われてみて思い出す映像の凄さ。スターウォーズのように見たことがない映像ではなく、きっとこの通りだったのだろうと違和感のない映像という凄さだな。

CB
CBさん / 2017年2月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

橋のことは知っていたけど…

この橋の噂は昔、聞いたことがあったので
スパイ交換橋って言われていることも
知ってはいたけれど背景や情勢
アベルやパイロット、学生のことなど
知らなかったから今作を観て良かったなぁと
心から思えた。弁護士って嫌な人も多いけど
正義を貫ける仕事だなぁと改めて実感。
まぁトムハンクスだから良いのかもしれない。
とにかく久しぶりに少し心の洗われる作品を
鑑賞できた気がして良かったです!
さすが夢売るスピルバーグ!裏切らないなぁ…

みきねこ
みきねこさん / 2017年1月25日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮 知的 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

久々にスピルバーグらしい傑作

スピルバーグの監督作は,フィクション系と実話系に大別できる。フィクション系の代表は「インディ・ジョーンズ」や「ジュラシック・パーク」などであり,実話系の代表は「シンドラーのリスト」や「リンカーン」などである。ハリウッドの映画の鉄則は観客を飽きさせてはならないということで,2時間の上映時間の中に,大きな盛り上がりを最低2回(多くは冒頭または中盤と終結),更に 30 分に1回の中程度の盛り上がり,さらには 15 分に1回の小さな盛り上がりというのが典型的なテンプレートで,その最も代表的な作例がインディ・ジョーンズである。これでもかというサービス満点の映画で,客は大満足して映画館を後にできる。一方,実話系の作品では多少のフィクションを盛り込んでストーリーに起伏を付ける程度は許されるが,全くなかったような話を映画の都合ででっち上げることもできないので,ハリウッドのテンプレートからは外れることになる。また,実話系の作品の場合,観客が映画館から持ち帰るのは満足ではなく感動である。

今作は前作「リンカーン」から3年を経て公開された監督作であり,実話系の作品が連続したことになる。今から 60 年近く前の 1957 年に,豪腕のアメリカ人弁護士が,その手腕を買われて,アメリカで捕まったソ連人スパイの弁護と,さらにはソ連で捕虜となったアメリカ人パイロットとの捕虜の交換に尽力する姿が描かれている。アメリカの社会が昔から自国本意でありがら建前上はどれほど公正で,それに対して冷戦時代のソ連や東独がどれほど非人道的な社会であったかを見事に描き出している。ソ連との交渉の場所は東ベルリンであり,時はまさにベルリンの壁が築かれ始めた時期である。

この壁は東独の国民が西側に逃走するのを防ぐためのもので,この壁が破壊されるのは実に 32 年も後のことであり,奇しくも私は壁崩壊の翌年に,国際学会での研究発表のためにドイツを訪れたことを懐かしく思い出した。私が訪れた時には壁は歴史的資料として僅か1枚を残して徹底的に破壊され,ブランデンブルク門の下をどちらからどちらに通り抜けるのも自由であったが,つい前年までは,それを行うと直ちに射殺されてしまっていたのである。旧東独側のホテルから,道路を1本挟んだ旧西独側のオペラ劇場の予約をするのに,国際電話をかける必要があった。

まず,ニューヨークでもベルリンでも,よくぞこれほどの当時の車やファッション,風物などを集めて雰囲気ある風景を再現してくれたものだと感嘆させられた。東ベルリンのシーンで出て来たパトカーは東独の国民車と言われたトラバントであり,この車が販売され始めたのはまさにこの物語の舞台となった 1957 年であるので,ピカピカの新車である。いかに 33 年間もモデルチェンジしなかった車だったとはいえ,この車が最後に生産されたのは 1991 年であるから,最も新しいものでも 25 年も前の車である。これを新車に仕立てたスタッフの苦労は察するに余りあるものであった。私がドイツを訪れた時には,旧東独側ではまだこのトラバントが普通に沢山走っていて,一歩旧西独側に移動すると,ベンツが同じくらい走っていたのがあまりに対照的で非常に印象的であった。

この映画の物語は,交渉というものの本質が,相手の弱点を発見してそこをピンポイントで突くのが最上の策であるということを見事に示した非常に物凄い話なのであるが,それをドヤ顔で見得を切るようなところがないので,かなりあっさりした印象を受ける。それを肩すかしと感じる人もいるだろうし,ほとんど起伏なく話が進む前半部分は,退屈に感じる客もいるだろう。実はこうしたハリウッド的な手法を捨てたところに実話系のスピルバーグ作品の醍醐味があるのだが,それを楽しめるかどうかというのは,偏に見る側の資質に左右されると思われる。つまり,この映画は,見る者によってかなり評価が変わると思われるのであるが,おそらく,アカデミー賞の選考委員には受けるのではないかという気がする。

トム・ハンクスの出演する映画に外れはないというのが私の持論なのだが,本作もその例に漏れなかった。実は私は彼と同い年で,彼の方が僅か 11 日私より早く生まれているだけなので,彼の映画を見る度にその姿とその時の自分の姿を比較して面白がっている。「Cast Away」で無人島生活を送る主人公を演じるために彼が 25 キロものダイエットをしてみせてくれた時には大いに焦ったりもした。(。。)☆\(vv;; この映画では,ハンクスに劣らない存在感を見せていたのがソ連側スパイのアベルを演じたマーク・ライアンスである。「不安か?」とハンクスに聞かれて「役に立つのか?」というやり取りが繰り返されたが,ハンクスの台詞は “You don’t seem alarmed” だったり ”You’re not worried” だったりしたのに対して,ライアンスの方の返事は毎回 “Would it help?” であった。今後使わせてもらおう。(V)o¥o(V)

音楽担当は John Williams が Star Wars で忙しかったためか,「ウォーリー」や「007 スカイフォール」を手がけた Thomas Newton であった。Williams に比べて控えめな彼らしい音楽で,物語を邪魔しない非常に優れた音楽だと思ったが,あまりにも耳に残らないのが残念であった。むしろ,この映画で印象的だったのは,拘置所に入れられたアベルが聞いていたラジオから流れて来ていたショスタコーヴィチのピアノ協奏曲第2番の第2楽章であった。この曲もまた 1957 年の初演であるので,世界初演から間もない新曲だった訳だが,両端の楽章が非常に快活でエネルギッシュで,いわゆる社会的リアリズムに沿った曲風であるのに対し,この第2楽章だけは非常にロマンチックに書かれていて,少し前であれば反社会主義的として粛清対象にされかねないような音楽である。この背景には,作曲者が殺されるかもしれないと常に批判に怯えていたスターリンが4年前に亡くなり,さらに前年にはフルシチョフによってスターリン批判が行われて独裁者として糾弾され,遺骸がレーニン廟での冷凍保存を中止されて焼却され,遺灰がクレムリンの壁に塗り籠められるという結末を迎えたことから,批判に怯えずに好きな音楽を書ける喜びを謳歌しているように感じられる曲である。良くこういう選曲をするものだとそのセンスには脱帽である。

ベルリンの壁を越えようとする者がどういう結末を迎えるかを冷徹に描いた後で,アメリカの公園で塀を超えて遊ぶ子供たちを対比してみせるあたりの演出など,いかにもスピルバーグらしさが全開で,非常に見応えのある映画であった。興味深かったのは,最後のテロップで説明される後日談が驚異的だったことで,むしろそっちを映画にした方が凄かったのではと思わせられたが,敢えてこっちの題材を選ぶあたりもスピルバーグらしさなのかも知れないと思った。それにしても,この映画の主人公に交渉を依頼すれば,豚朝鮮ではなくて支那の方を動かして,拉致被害者を取り戻してくれたのではないだろうかと思えてならなかった。
(映像5+脚本4+役者5+音楽4+演出5)×4= 92 点。

アラカン
アラカンさん / 2017年1月13日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

一本目!

ルドルフアベルを演じるマークライランスが素晴らしかった!冒頭のあの怖さを含んだかっこよさ、、
さらに終盤の柔らかさ

あとあの橋での交換が実際に行われてたと思うとすごく不思議

従来のスパイ映画とは全然違うものだった

JYARI
JYARIさん / 2017年1月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

重み

見応え充分のバチバチの作品です。スビルバーグ監督の重厚さが伝わる素晴らしいイッボンだと思います。

ほっしー
ほっしーさん / 2017年1月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

★4

★4

Gonta55
Gonta55さん / 2017年1月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

役に立つかね? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

Would it help?
この台詞がね。いいんですよね。最初はどうってことないセリフが、終盤には全く違う響きを持つという。
基本的に男と男のバディ物が大好物なので、スパイのアベルと弁護士のドノヴァン、この2人の知的で軽妙なやりとりは癖になるくらい大好きになりました。
しかし決して多くを語らずとも深く伝わるってくる秀逸な構成と役者の演技力!
ベルリンの壁を超えようとして殺される脱走者を見てしまう時のドノヴァン、その対比として、NYに戻り公園で子供達がフェンスを乗り越えて行く様子を眺める主人公のあの目…トム・ハンクスってやっぱ凄い役者だなぁ…と。そしてアカデミー賞間違いなく獲るだろうなぁと思わせたマーク・ライランスの自然なんだけど圧倒的な存在感は凄かった…。
巨匠スティーブン・スピルバーグが「あぁ…いい映画観たなぁ…」という気持ちにさせてくれる本当に素晴らしい作品です。お勧めです!

yookie
yookieさん / 2017年1月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

289件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi