ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)
ホーム > 作品情報 > 映画「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)」
メニュー

ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)

劇場公開日

解説

ハンガリーの首都ブタペストを舞台に、雑種犬だけに重税を課す悪法によって飼い主の少女と引き離された犬ハーゲンと、人間に虐げられ保護施設に入れられた犬たちが起こす反乱を描いた異色ドラマ。雑種犬に重税が課されるようになった街。13歳の少女リリは、可愛がっていた愛犬ハーゲンを父親に捨てられてしまい、必死でハーゲンを探す。一方、安住の地を求めて街中をさまよっていたハーゲンは、やがて人間に虐げられてきた保護施設の犬たちを従え、人間たちに反乱を起こす。第67回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に出品され、同部門グランプリとパルムドッグ賞をダブル受賞した。

作品データ

原題 Feher Isten
製作年 2014年
製作国 ハンガリー・ドイツ・スウェーデン合作
配給 シンカ
上映時間 119分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

受賞歴

第67回 カンヌ国際映画祭(2014年)

受賞
ある視点部門
ある視点部門 最優秀作品賞 コーネル・ムンドルッツォ
出品
ある視点部門
出品作品 コーネル・ムンドルッツォ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

荒々しくも美しく、劇的な飛躍に圧倒される“犬パニック映画”の決定打
ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)の映画評論・批評

映画史上にはかつて地球上のあらゆる動物が凶暴化し、人類に牙を剥いた時代があった。1970年代のアニマルパニック映画ブームである。このジャンルはそれ以降も根強い需要を保ち、サメ、ワニ、サル、クマ、ヘビ、クモといった人気動物たちはそれぞれ...ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全25件)
  • 人間って身勝手。 ずっと観たかった映画の一つ。 雑種犬たちの反乱が凄まじい! 250匹の暴動に圧倒されるとともに、犬たちを応援したくなる私は、身勝手な人間…(笑) そんな凶暴で暴力的な犬ですが、始めは可愛い女の子... ...続きを読む

    ガーコ ガーコさん  2017年11月30日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 名演技をしたハーゲンに賞を 前半から泣ける感動作。ただただ、思い返すのは猫好きが言っていた「猫は犬と違い感動はさせられない」という言葉。 ホントだよなと実感させる作品でした。 ...続きを読む

    BAININ BAININさん  2017年6月25日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 想像していたより辛かった ネタバレ! 正直、予告動画しか見ておらず。 日本での上映はなかったので去年末かな?レンタルが開始されたとどうじに借りたんですけど、 …ちゃんとあらすじを見ておくべきだった。 想像していたよりかなりつらい…ひ... ...続きを読む

    まお まおさん  2017年5月15日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi