花を摘む少女と虫を殺す少女
ホーム > 作品情報 > 映画「花を摘む少女と虫を殺す少女」
メニュー

花を摘む少女と虫を殺す少女

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

バレエ『ジゼル』をモチーフに男女の愛を感性豊かに描くくラブストーリー。「三月のライオン」の矢崎仁司監督作品。「落下する夕方」の川越美和 主演。

ストーリー

ドイツからロンドンにやってきたバレエ・ダンサーのヴェロニカ(ニコル・マルレーネ)は、突然、次の舞台のジゼル役に抜擢される。夢にまで見たマドンナに、彼女は期待と不安を胸にレッスンの日々を送っている。そんな中、アルブレヒト王子役のダンサー、サイモン(サイモン・フィッシャー・ターナー)に愛を告白される。しかし、ヴェロニカは英会話学校で出会ったケン(大田義孝)に惹かれ、やがて二人は愛し合うようになる。日本からロンドンにやってきた女優のカホル(川越美和)は行方不明の恋人カズヤを捜していた。ある日、ホテルでカホルとヴェロニカは出会う。二人はすぐに仲良しになり、お互いの恋の悩みを相談し合うようになる。ヴェロニカはケンやカホルと出会ったことでジゼルを演じることに自身を得ていく。カホルは恋人カズヤと再会し、再び愛し合うようになるが、ヴェロニカの恋人ケンとカズヤが同一人物であることを知ってしまう。悲劇は公演の前夜、ドレスリハーサルの日に起こった。ジゼルを踊るステージでヴェロニカは真実を知り、ジゼルと同じ運命を辿るのであった。...

スタッフ

監督
脚本
萬鉄子
タニヤ・グラスリー
矢崎仁司
製作
安藤裕之
伊豆田知子
西村隆
矢崎聰司
松元一郎
撮影
ピーター・モーリス
美術
青山雅子
小平中
倉地美奈子
音楽
サイモン・フィッシャー・ターナー
アドルフ・アダム
編集
宮崎裕史

キャスト

作品データ

製作年 2000年
製作国 日本
配給 オムロピクチャーズ
上映時間 236分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「花を摘む少女と虫を殺す少女」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi