魚喃キリコ原作コミックを映画化。「ストロベリーショートケイクス」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2006年9月26日 > 魚喃キリコ原作コミックを映画化。「ストロベリーショートケイクス」
メニュー

魚喃キリコ原作コミックを映画化。「ストロベリーショートケイクス」

2006年9月26日 12:00

※06年7月11日より、「ニュース&噂」は毎週火曜日・金曜日の週2回更新となりました

空気感にこだわった「ストロベリーショートケイクス」 矢崎仁司監督「ストロベリーショートケイクス」

空気感にこだわった「ストロベリーショートケイクス」
矢崎仁司監督
[拡大画像]

恋愛や結婚に悩む4人の女性を描いた魚喃キリコ原作の同名女性コミックを「風たちの午後」(80)や「三月のライオン」(92)などの作品で知られる矢崎仁司監督が映画化した「ストロベリーショートケイクス」。00年の「花を摘む少女と虫を殺す少女」以来、6年ぶりに長編作品を完成させた矢崎監督に話を聞いた。

ストロベリーショートケイクス」はフリーターの里子、OLのちひろ、ホテトル嬢の秋代、イラストレーターの塔子という4人の女性の都会生活における孤独や恋愛に苦悩する姿を描いた人間ドラマ。「風たちの午後」では女性による同性愛、そして「三月のライオン」では兄と妹による近親相姦を描いてきた矢崎監督は、本作でも再び現代女性のリアルを描いているが「特に女性を描こうとは思ったことはありません。1人の人間として、考えてますからね。それに女性だからああしたいとか、こうしたいとかいうのもないです」と意外な返答。

男性の矢崎監督が女優4人を相手に、しかも女性心理をメインに据えた作品の演出することはとても大変そうだが「人の気持ちの流れが、おかしいと思うところだけを注意して演出しましたね。(俳優さんたちに対しては)要求もほとんどなかったんですよ。ただ、空気を映し撮りたいというのはありまして、劇中で彼女が部屋で佇んでいる空気が、観客の知っている(経験したことがある)空気になっていれば、と思っているんです。彼女がただ台詞をしゃべっているのを撮影するのは簡単ですけど、空気を作るまでには、時間がかかりますからね。僕としては空気が出来上がれば、どう撮っても構わないと思ってます」と自らの演出スタイルについて語り、「僕は今回、本当にスタッフを信用していて、モニターを1度も見ませんでした。素晴らしいスタッフのお陰で俳優さんの演技に集中することができました」と、はにかみながら感謝の気持ちを表していた。「ストロベリーショートケイクス」は公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi