クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件
ホーム > 作品情報 > 映画「クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」
メニュー

クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件

劇場公開日

解説

台湾の名匠エドワード・ヤンが手がけた青春群像劇。1991年の第4回東京国際映画祭で審査員特別賞を受賞し、ヤン監督の日本初公開作品として92年に劇場公開された。61年夏、14歳の少年が同い年のガールフレンドを殺害するという、台湾で初の未成年による殺人事件が起こる。不良少年同士の抗争、プレスリーに憧れる少年の夢、大陸に帰りたいと願う少年の親世代の焦りと不安を描きながら、当時の台湾の社会的・精神的背景を浮き彫りにしていく。主人公を演じるのは、当時まったくの素人だったチャン・チェン。上映時間が188分のバージョンと236分のバージョンが存在し、2016年の第29回東京国際映画祭ワールドフォーカス部門にて、デジタルリマスターされた236分のバージョンがプレミア上映。17年に同バージョンが劇場公開となる。※タイトルの「クー嶺街(クーリンチェ)」の「クー」は「牛」偏に「古」

キャスト

作品データ

原題 [牛古]嶺街少年殺人事件 A Brighter Summer Day
製作年 1991年
製作国 台湾
配給 ビターズ・エンド
日本初公開 1992年4月25日
上映時間 236分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全33件)
  • 変わる台湾 戦後の台湾。中国を抜けきれない外省人。 普通の中学生が、ちょっとしたことから、悪い方向に流されていく。どうしようもない、持て余した感情を、暴力・抗争で発散する。 誰も、信用出来なくなって、疑心暗... ...続きを読む

    panda pandaさん  2017年5月23日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 青春映画ってこうだよね 今の日本じゃ、こういう映画できないよな。 ...続きを読む

    ドラゴンミズホ ドラゴンミズホさん  2017年5月10日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 1960年代外省人エリートの苦悩 1960年頃の台湾を舞台にした映画。この頃はまだ中国本土の共産党政権樹立と国民党の集団移住が記憶に新しい頃で、主人公の両親もいわゆる外省人の公務員。 主人公の少年、小四の中学受験失敗による親のわ... ...続きを読む

    くろかわポタリング研究所 くろかわポタリング研究所さん  2017年5月6日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi