クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件
ホーム > 作品情報 > 映画「クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」
メニュー

クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件

劇場公開日

解説

台湾の名匠エドワード・ヤンが手がけた青春群像劇。1991年の第4回東京国際映画祭で審査員特別賞を受賞し、ヤン監督の日本初公開作品として92年に劇場公開された。61年夏、14歳の少年が同い年のガールフレンドを殺害するという、台湾で初の未成年による殺人事件が起こる。不良少年同士の抗争、プレスリーに憧れる少年の夢、大陸に帰りたいと願う少年の親世代の焦りと不安を描きながら、当時の台湾の社会的・精神的背景を浮き彫りにしていく。主人公を演じるのは、当時まったくの素人だったチャン・チェン。上映時間が188分のバージョンと236分のバージョンが存在し、2016年の第29回東京国際映画祭ワールドフォーカス部門にて、デジタルリマスターされた236分のバージョンがプレミア上映。17年に同バージョンが劇場公開となる。※タイトルの「クー嶺街(クーリンチェ)」の「クー」は「牛」偏に「古」

キャスト

作品データ

原題 [牛古]嶺街少年殺人事件 A Brighter Summer Day
製作年 1991年
製作国 台湾
配給 ビターズ・エンド
日本初公開 1992年4月25日
上映時間 236分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.9 3.9 (全39件)
  • わからない………… わからない…………傑作と呼ばれる意味が。ただ何となく感じたのは、観終わったあとに軽い催眠状態にあるような気がしました。やたらと長い上映時間と、それに比例して意味があるのか無いのかわからないようシ... ...続きを読む

    ice cream soda ice cream sodaさん  2017年8月7日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 寝るんだけども・・ 不思議な魅力のある映画でしたね。 登場人物も多く名前も難解で区別がつかず うっかりすると寝てたりするんですが、 なんか記憶の隙間にへばりつくよな感じです。 今度はゆったりとDVDで観たいかな。 ...続きを読む

    ダラ ダラさん  2017年6月16日  評価:4.0
    このレビューに共感した/1
  • 少年少女のお遊び 釘付けになるようなシーンが殆ど無く途中は退屈でzzz…ひたすら時間との戦い…4時間はかなり長く感じて疲れた。登場人物も多く区別がつかない。少年少女のお遊びにしか思えず、残念ながら傑作と云われる作... ...続きを読む

    隣組 隣組さん  2017年6月10日  評価:1.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi