マフィアは夏にしか殺(や)らない
ホーム > 作品情報 > 映画「マフィアは夏にしか殺(や)らない」
メニュー

マフィアは夏にしか殺(や)らない

劇場公開日

解説

1970年代シチリアを舞台に、初恋の女性を振り向かせるべく奮闘する男の成長を、マフィアにまつわる史実を交えながら描いた人間ドラマ。イタリアの俳優ピフことピエルフランチェスコ・ディリベルトが原案・脚本・主演を兼ねて初メガホンをとり、国内外で数々の賞を獲得した。マフィアの犯罪が日常化しているシチリアの都市パレルモ。個性的な男の子アルトゥーロは、思いを寄せる同級生フローラに告白できず悩んでいた。そんなある日、フローラがスイスへ引っ越すことに。時を同じくして、アルトゥーロの恋心を知る唯一の人物であるキンニーチ判事が暗殺されてしまう。やがて青年になったアルトゥーロは、キリスト教民主党の代議士秘書としてパレルモに戻ったフローラと再会を果たすが……。日本では「イタリア映画祭2014」で上映後、17年5月よりヒューマントラストシネマ有楽町で開催の「Viva! イタリアVOL.3」にて劇場公開。

スタッフ

監督
ピエルフランチェスコ・ディリベルト
製作
マリオ・ジャナーニ
ロレンツォ・ミエーリ
原案
ピエルフランチェスコ・ディリベルト
ミケーレ・アストーリ
マルコ・マルターニ
脚本
ピエルフランチェスコ・ディリベルト
ミケーレ・アストーリ
マルコ・マルターニ
撮影
ロベルト・フォルツァ
美術
マルチェッロ・ディ・カルロ
編集
クリスティアーノ・トラバリョーリ
音楽
サンティ・ブルビレンティ

キャスト

作品データ

原題 La mafia uccide solo d'estate
製作年 2013年
製作国 イタリア
配給 パンドラ
上映時間 90分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全1件)
  • マフィアと闘い散った男たち。 主人公の少年時代を恋愛モノ中心に進ませアンラッキーな感じで行動が全て裏目に出て滑稽で。 ソコにマフィア絡みの話を挟み全体的にコミカル過ぎて事の重大性が伝わって来ない。 主人公が大人になり相変わら... ...続きを読む

    万年 東一 万年 東一さん  2017年3月17日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「マフィアは夏にしか殺(や)らない」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi