今日から明日へ
ホーム > 作品情報 > 映画「今日から明日へ」
メニュー

今日から明日へ

解説

中国で社会現象となっている「蟻族」の若者たちにスポットを当てた青春ドラマ。北京郊外の唐家嶺(タンジャーリン)では、高学歴でありながら非正規雇用の仕事にしかありつけない若者たちが家賃の安い集合住宅に固まって暮らしており、その生活形態が蟻の社会に似ていることから蟻族と呼ばれている。そんな蟻族出身である新人監督ヤン・フイロンが自らの経験をもとに、蟻族の若者たちの希望や葛藤、恋をドキュメンタリータッチでつづる。2013年・第26回東京国際映画祭「アジアの未来」部門で作品賞を受賞した。

作品データ

原題 今天明天
製作年 2013年
製作国 中国
上映時間 88分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全1件)
  • 蟻族の青春 光あるところに影がある。 今年、米国を抜き世界1位の経済大国となる勢いの中国だが、全ての中国人民が共に豊かになる筈もなく、落ち零れていく人々もいる。 この作品は、大卒でありながら就職も出来ず、非... ...続きを読む

    玉川上水の亀 玉川上水の亀さん  2014年9月27日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi