歌謡曲大好き市川猿之助、司会初挑戦を「満喫しています」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年8月11日 > 歌謡曲大好き市川猿之助、司会初挑戦を「満喫しています」
メニュー

歌謡曲大好き市川猿之助、司会初挑戦を「満喫しています」

2012年8月11日 19:56

司会を務める市川猿之助と黒崎めぐみアナ

司会を務める市川猿之助と黒崎めぐみアナ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 今年で第44回を迎えるNHKの音楽番組「思い出のメロディー」のリハーサルが8月11日、東京・渋谷のNHKホールで一部公開され、司会を務める歌舞伎俳優の市川猿之助とアナウンサーの黒崎めぐみが取材に応じた。

「今日から明日へ 時代をつなぐ歌がある」をテーマに、今年デビュー50周年を迎える舟木一夫小林旭由紀さおり氷川きよし夏川りみらが懐かしのヒットソングの数々を披露する。さらに、現在放送中の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」でヒロインを演じる堀北真希をスペシャルプレゼンターに迎え、戦後復興期の流行歌を紹介する。

2代目市川亀治郎改め、今年6月に4代目市川猿之助を襲名したばかりの市川は、「大役を仰せつかって驚いている。歌謡曲が大好きなので、それを生で聞けるというのは司会者冥利に尽きる。自分が一番楽しんでいるのでは。満喫しています」。改めて歌のもつ力を実感したそうで、「政治経済は人が作るもので、その人を作るのは文化。どんな人でも涙を流した時は素直になる。舞台もそうだけど、歌にも人を感動させる確実な力がある」と熱く語った。68年生まれの黒崎アナも「生まれた頃の歌だけど、どれも色あせていなくて格好いい。時代をつなぐ歌があると強く感じた」と市川とぴったり息を合わせていた。

市川にとって初挑戦となる司会だが「ふだんは舞台の中央にいるけれど、今回は司会に徹しないといけない。緊張すると『ござります』とか、つい歌舞伎の言葉が出ちゃうので、古い言葉が出ないよう気をつけたい」と気を引き締めた。紅白歌合戦の司会オファーの可能性については、「最近の新しい歌は分からない。年末くらいは休ませて。家で楽しませてもらいます」と控えめに笑った。

第44回「思い出のメロディー」は、8月18日午後7時30分から放送予定。

歌舞伎名作撰 ヤマトタケル[DVD] 歌舞伎名作撰 ヤマトタケル[DVD] 最安価格: ¥3,926 400年の歴史を誇る日本の伝統芸能「歌舞伎」。数多くの舞台の中から厳選された名舞台を収めるシリーズ。「ヤマトタケル」を収録。出演:市川猿之助
梅ちゃん先生 完全版 DVD-BOX 1[DVD] 梅ちゃん先生 完全版 DVD-BOX 1[DVD] 最安価格: - 空襲で焼け野原となった東京・蒲田。松子、竹夫という二人の優秀な姉兄をもつ梅子。「私は松竹梅の梅よ」とコンプレックスをもって生きてきた彼女が、町の人たちの命を救いたいと一念発起、医師となり、周囲の人々に「梅ちゃん先生」と親しみをもって呼ばれる町医者になっていく。完全版 DVD-BOX 1。出演:堀北真希

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi