陸軍登戸研究所
ホーム > 作品情報 > 映画「陸軍登戸研究所」
メニュー

陸軍登戸研究所

劇場公開日

解説

秘密兵器の開発拠点としてさまざまな実験が行われ、敗戦後に証拠隠滅のため歴史から抹消された陸軍登戸研究所の真相に迫ったドキュメンタリー。第1次大戦直後から密かに行われていた毒ガス兵器や諜報、防諜などに対応する資材、兵器の開発研究の流れを受け、1937年、神奈川県川崎市生田の丘陵地に陸軍の実験場が設立される。実験場はのちに「陸軍第九技術研究所」(秘匿名:登戸研究所)となり、太平洋戦争による戦乱の拡大で、最盛期には1000人に及ぶ所員が殺人光線、生体実験、毒物・爆薬の開発、風船爆弾、ニセ札製造など、多岐にわたる研究に携わったと言われる。戦後、歴史から存在が抹消された研究所で何が行われていたのか、6年に及ぶ歳月をかけてその謎を追い、当時を知る関係者らの証言を得て、全貌を明らかにする。

スタッフ

監督
プロデューサー
楠山忠之
撮影
新井愁一
長倉徳生
鈴木麻耶
楠山忠之
録音
渡辺蕗子
編集
楠山忠之
朗読
石原たみ
聞き手
石原たみ
渡辺蕗子
宮永和子
楠山忠之
ナレーション
楠山忠之
ムックリ演奏
宇佐照代

キャスト

作品データ

製作年 2012年
製作国 日本
配給 オリオフィルムズ
上映時間 180分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全1件)
  • 長いドキュメンタリー……… ネタバレ! 新兵器を作成していた研究員たちの当時を懐かしみながらの話は恐ろしい。 中国の贋札をつくって、当時の中国で使い(ただし、中国の原版を使って作っいるので本物と同じもの)経済的な混乱を起こしたり、セコ... ...続きを読む

    うにたん♪ うにたん♪さん  2014年1月23日  評価:1.5
    このレビューに共感した/2
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「陸軍登戸研究所」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi