ぼくたちの家族
ホーム > 作品情報 > 映画「ぼくたちの家族」
メニュー

ぼくたちの家族

劇場公開日

解説

「舟を編む」が数々の映画賞を受賞し、アカデミー外国語映画賞日本代表作品にも選出された石井裕也監督が、母親の病気をきっかけに、さまざまな問題に直面した家族が、再びひとつになっていく姿を描いた。ごく平凡な一家の母・玲子は物忘れがひどくなり、病院で検査を受けると、末期の脳腫瘍で余命1週間と宣告される。玲子は家族がバラバラになることを恐れながらも認知症のようになり、家族にひた隠しにしてきた本音を吐露。突然訪れた事態に父は取り乱し、社会人の長男は言葉をなくし、大学生の次男は平静を装おうとする。残された男3人はさまざまな問題と向き合いながら、最後の「悪あがき」を決意する。長男の浩介に妻夫木聡、その弟・俊平に池松壮亮。両親を原田美枝子、長塚京三が演じた。原作は早見和真の同名小説。

スタッフ

監督
原作
早見和真
脚本
石井裕也
製作
竹内力
小西啓介
狩野善則
堀義貴
木滝和幸
若山泰親
プロデューサー
永井拓郎
アソシエイトプロデューサー
鈴木俊明
撮影
藤澤順一
照明
金沢正夫
録音
小松将人
美術
栗山愛
編集
普嶋信一
音楽
渡邊崇
衣装
馬場恭子
ヘアメイク
田中マリ子
装飾
石渡由美
スクリプター
村松愛香
VFXスーパーバイザー
西尾健太郎
キャスティング
おおずさわこ
助監督
杉田満
制作担当
榊田茂樹

作品データ

製作年 2014年
製作国 日本
配給 ファントム・フィルム
上映時間 117分
映倫区分 G
 

特集:ぼくたちの家族

「舟を編む」石井裕也監督の最新作が、今、映画業界で話題になっている──果たして、その中身とは? 試写会で映画ファンに聞いた!
ぼくたちの家族の特集

第86回アカデミー賞外国語映画賞日本代表に選出されたほか、国内の数々の映画賞も受賞した「舟を編む」の石井裕也監督が、“家族”に全力で向き合った最新作「ぼくたちの家族」が5月24日に公開される。にわかに話題を集めている同作の見どころにつ...ぼくたちの家族の特集

関連ニュース:ぼくたちの家族

ぼくたちの家族の関連ニュース

映画評論:ぼくたちの家族

〈難病もの〉のクリシェから自由なスタイルで描かれる〈家族〉の肖像
ぼくたちの家族の映画評論・批評

「舟を編む」で昨年の映画賞を総なめにした石井裕也監督の新作は、題名通り、〈家族〉という彼の年来のテーマへの回帰である。ある日突然、母(原田美枝子)が脳腫瘍と診断され、余命一週間と宣告される。身重の妻を持つ長男(妻夫木聡)と大学生の次男...ぼくたちの家族の映画評論・批評

映画レビュー:ぼくたちの家族

平均評価
3.9 3.9 50 (全37件)
  • 他人事じゃない 石井裕也監督作品はやっぱり良い。観てよかったと思わせてくれる。泣けます。お客さんの年齢層高かったけれども、若者が見るべき映画なのではないかなと。自分のことに置き換えて考えてみたら、とても重く、学... ...続きを読む

    mooon mooonさん  2014年8月28日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • よかった 親に対しての気持ちとか 今後どうしていくべきか 考えさせられました。 家族の問題にも目を背けずに これからも向き合っていきたい 改めてそう感じました。 池松君がいい味だしていました(笑) ...続きを読む

    K Kさん  2014年8月2日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 現代邦画の良心。 邦画若手監督の希望の星、石井裕也氏による、「老い」と「家族」の物語。 誰もに起こりうる、正答の無い問題を。 重軽のバランスを本当に上手く取りながら、 繊細で丁寧な物語を紡いだのは相変わらずさすが... ...続きを読む

    眉毛犬 眉毛犬さん  2014年7月22日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • ぼくたちの家族のすべての映画レビュー
  • ぼくたちの家族の映画レビューを書く

他のユーザーは「ぼくたちの家族」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

採用情報