NO
ホーム > 作品情報 > 映画「NO」
メニュー

NO

劇場公開日

解説

「バベル」のガエル・ガルシア・ベルナルが主演し、第85回アカデミー外国語映画賞にノミネートされた社会派ドラマ。「Post Mortem」「トニー・マネロ」でチリのピノチェト独裁政権を題材に描いてきたパブロ・ラライン監督が、同政権の終焉を描いた。1988年、ピノチェト政権への国際的な風当たりが強まる中、ピノチェトの任期延長の是非を問う国民投票の実施が決まった。任期延長に反対する「NO」陣営は、若き広告プロデューサーのレネを採用してキャンペーンを展開するが……。日本では2012年・第25回東京国際映画祭コンペティション部門に出品されて上映され、13年・第10回ラテンビート映画祭でも上映。14年に劇場公開。

作品データ

原題 No
製作年 2012年
製作国 チリ・アメリカ・メキシコ合作
配給 マジックアワー
上映時間 108分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第85回 アカデミー賞(2013年)

ノミネート
外国語映画賞  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全13件)
  • 肝心なのは。 ネタバレ! 独裁政権下のチリで1988年に行われたピノチェト政権続投を 問う国民投票をめぐる驚きの実話を映画化したもの。NOとは 不信任票のことで茶番劇のはずの投票はまさかのNO陣営勝利 という結果に終わっ... ...続きを読む

    ハチコ ハチコさん  2017年8月3日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 世の中は。 南米の政治について考えてみたい人向き。 そして、メディアから私たちの社会のあり方を改めて捉えてみたい人向き。 娯楽映画ではなく、教育映画としてみようか? ...続きを読む

    critique_0102 critique_0102さん  2016年5月2日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • ユーモアが大事。 当時のチリの状況を全く知らなかったけど、独裁政権を1日たった15分のキャンペーンが消極的な民間人を動かし、そして倒す姿勢は圧巻だったし気持ち良かった。 ただ、エンタテイメント性に乏しくて、脚色し... ...続きを読む

    奥嶋ひろまさ 奥嶋ひろまささん  2015年8月19日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

NO(ノー) NO
NO(ノー) NO
2015年9月10日 2016年6月17日
¥324 ¥324
DMM.com ビデオマーケット
ポイント制
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi