NOのレビュー・感想・評価

メニュー

NO

劇場公開日 2014年8月30日
13件を表示 映画レビューを書く

肝心なのは。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

独裁政権下のチリで1988年に行われたピノチェト政権続投を
問う国民投票をめぐる驚きの実話を映画化したもの。NOとは
不信任票のことで茶番劇のはずの投票はまさかのNO陣営勝利
という結果に終わった。すんごい!!ことなんだけど当時の
チリ情勢に疎いとしばし置いてけぼり状態。冒頭~十数分は
ん?と思う箇所多し。ガエル演じる敏腕広告マンは普通に闘
ったって勝てっこないのを分かってわざとユーモアたっぷり
のCMを制作。これが大ウケ。もちろんYES陣営も丸かぶりの
CMを作るが…。恐怖にはユーモアで!の精神は買うが命懸け
で勝利したわりに苦い目線のラストが印象的。目新しさでは
注目度の高さを得ても、宣伝された商品の中身が一番肝心だ。

ハチコ
ハチコさん / 2017年8月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

世の中は。

南米の政治について考えてみたい人向き。
そして、メディアから私たちの社会のあり方を改めて捉えてみたい人向き。

娯楽映画ではなく、教育映画としてみようか?

critique_0102
critique_0102さん / 2016年5月2日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ユーモアが大事。

当時のチリの状況を全く知らなかったけど、独裁政権を1日たった15分のキャンペーンが消極的な民間人を動かし、そして倒す姿勢は圧巻だったし気持ち良かった。
ただ、エンタテイメント性に乏しくて、脚色してでも、もう少し派手にしてくれたらもっと見やすかったのにと思った。

チリの独裁政権とは違うけど、ここ日本も選挙得票率が悪いので、動かないと何も変わらないのだなという事と、これは広告屋の奮闘の話だったけど、僕らは何が正しいのか、流されるのではなく自分の目で見て判断しないといけないと教訓になった。

しかし、広告って大事、ユーモアって大切なのね。

奥嶋ひろまさ
奥嶋ひろまささん / 2015年8月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

広告で世界を変える

政権奪取から15年後の1988年、独裁への国際的な批判を受け、ピノチェト政権は政権存続を巡り国民投票の実施を決定。賛否両派が27日間に渡るTVキャンペーンを展開することに。NO陣営のキャンペーンを担うのは気鋭の広告屋レネ。しかし、独裁下の国民は出来レースだと諦めムード。

ピノチェト将軍の名前くらいは知っていたが、広告キャンペーンによって独裁政権が覆ったことは恥ずかしながら初めて知った。当初の国民の選択肢は賛成か棄権かという、反対派にとって勝利は奇跡レベルだったものを覆したのは、独裁下の苦難よりも未来や喜びを全面に出すその戦略だった。
人の心を動かす“広告”の力の大きさを改めて実感すると共に、悪用された時の影響大きさも心に留めておかなければならないことも痛感。賛否両派に分かれ闘ったレネとグスマンが、政権交代後、再び共に仕事をする姿は正に未来志向だ。

ヴィンテージカメラで撮影されたという映像が、ほとんど繋ぎ目がわからないくらい違和感なく当時の記録映像と融合。パブロ・ラライン監督の三部作の他の二作品「Post Mortem」「トニー・マネロ」も観たい。

arakazu
arakazuさん / 2015年8月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

独裁政権へNO

国際世論の影響で、独裁政権への批判が集まっていたチリ。それを回避するため、政権支持の国民投票を行うこととなった。投票日までの間、毎日わずか15分だけ与えられた政権不支持派の番組が作れることとなっり、その作成を頼まれたCMクリエーターの主人公が、奮闘する姿を描く。
ドキュメンタリータッチで、実際に使われた映像を使っているが、かなり違和感なく挟んでいるところがすごい。画面全体がわざとかと思うくらい、古びた映像になっているからかもしれない。
映画的な過度な演出は無いが、独裁政権下の人々がリアルに描かれていて非常に面白い。
最後に投票でノー派の得票数がイエス派に勝ってたことが分かったときが面白かった。結果を聞いたときに一瞬みんな理解が追いつかなくて、お互いの顔を伺ってから、本当にそうなんだよな、って感じの間があり、その次の瞬間に歓声を上げる、ってのが、リアルで良い。

夢見る電気羊
夢見る電気羊さん / 2015年7月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

素晴らしい

政権をかえるために、色んな圧力や陰謀、隠蔽、不公平さとかとにかくありとあらゆる権力から逃げずに立ち向かい、奇跡を起こした見ごたえのある映画で、見たあとになぜが自分の達成感がすごい笑

aco
acoさん / 2015年7月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

未来思考

世界を本当に変えられるのは「過去に何があったか」でも「他よりマシだから」という否定的な捉え方でもなく、「これからをどうしたいか」という未来思考。
そんな力強く普遍的なメッセージを静かに訴えかけられました。

様々な人たちが大なり小なり「今のままじゃだめだ、世界を変えよう」と声を上げていますが、彼らの声にははたして「未来」が含まれているだろうか。
はたまた普段の自分の周りでも…。
そんなことを深く考えさせられる、印象深い作品です。

画面は徹底的にドキュメンタリー風で色が滲んだりと初めは面食らいましたが、現場の緊張感や作り物っぽくない現場感を感じられました。

MeRay
MeRayさん / 2014年12月28日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  知的 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

CMで社会は変えられる?!

このシャシンは実録的に描かれてはいますが、当時の反軍政運動の全体像を忠実に俯瞰的に描くのではなく、一人の有能なCM作家レネの視点から全てを捉えています。
そして彼を英雄的に描くのではなく、彼を大企業の宣伝者である人間の持つ軽薄さを備えた人間として描いています。
彼は行方不明者の家族の訴えを「暗い」、野党党首の発言を無駄だとし、「NO」陣営に与えられた、たった15分のCMを制作するに当たり、チリ人としては例外的に長身の若者や金髪の女性を登場させ、一般庶民には手に入りにくいフランスパンのバゲットを小道具に使ったりします。
彼の作品は「NO」陣営の一部の幹部から酷評されます。しかし、彼の創り出した色鮮やかな虹と、テーマ曲「チリよ、喜びはもうすぐやってくる」の軽快な音楽。新鮮で明るい未来を予感させるCMが、徐々に世論に浸透していきます。
CMで社会は変えられる?!

アメリカの後押しを受けたピノチェトのクーデターによって、チリ大統領官邸であるモネダ宮殿が砲撃され、合法的な自由選挙で選出されたアジェンデ人民連合政府大統領とその側近たちが殺害され、数千人が虐殺・行方不明となり、その後人口の1割近い人々が国外逃亡したといわれるチリ軍事クーデターは、1973年9月11日に起きました。
当時16歳の僕は、その報道に強い衝撃を受け、その後「チリ人民支援運動」に参加するようになりましたが、そんな僕が受けるこの作品からの感動は、多分、あの出来事を知らない人々とは違うかもしれません(^^;

shikahiko
shikahikoさん / 2014年12月3日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

世界が動いた瞬間に興味があればオススメ!

淡々と「時代が動く」様子を追った、実話に基づく一本。

過剰に煽らず、一つ一つ積まれるストーリーは見応え十分。
いや、むしろ丁寧過ぎて革命の温度に奮えた。

なんだけど「チェ」2作品や、「ミルク」を自発的に観ようと思わない様な方には、ますます良い顔になったガエル氏しか勧められないのが…

この手の作品に常につきまとう難点なんだよな。

地味だからこそリアル、そんな作品。

好きこそモノのヘタレなれ
好きこそモノのヘタレなれさん / 2014年12月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮 知的 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

広告について考える

広告の威力と可能性を垣間みた映画だった。
NOというタイトルに反して、メッセージは単純に出来ておらず、このタイトルは恐らく政権交代のストーリーからとったものだろうと推測する。
編集も複雑で、冒頭10分は置いてけぼりにされた。だけど、この複雑さが主人公のラストシーンをより際立てたのだろう。
主張の少ないあのラストシーンには考えるものが多かった。

nopoqon
nopoqonさん / 2014年9月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自由にバンザイ

実話に基づく作品。

1988年、アウグスト・ピノチェト将軍の大統領任期の8年延長の賛否を問う国民投票をめぐり、反対派が広告の手法を用いて賛成派に対決していった物語。

1988年なので、ちょうどベルリンの壁崩壊の頃。ベルリンの壁崩壊はすごくニュースになりましたが、チリの国民投票が行われたということは残念ですが記憶にありません。チリの事は、そのくらい日本には馴染みがないんですねぇ。でも、時期的に同じということで、2010年から2012年に起こったアラブの春もそうですが、こう言う民主化活動というものは、全世界当時多発的に起こるんですね。

この作品自体は、2012年の作品なんですが、1988年当時の雰囲気を出すためか、ビンテージカメラを用いて撮影されたそうで、最近のデジタル映像とは違う、柔らかい(別の言い方をすれば、少し輪郭がぼやけた)映像になっています。

内容は、思ったのとはちょっと違いました。もっと、広告で反対運動が盛り上がって行くことが描かれていくのかと思っていたんですが。確かに、広告手法で運動を進めていく描写はありましたが、むしろまじめに運動を追求している感じ。お祭り騒ぎを描くのかと思っていたんですがね。だからか、若干、リズムが単調。レネが運動に参加して、進めていくまでは冗長。賛成派の巻き返しが始まっても、デモ弾圧の場面はありましたが映像は抑制的。もっと、賛成派・反対派入り乱れての広告合戦を期待していました。もっとも、あんまり事実とかけ離れてもアレですけどね。

想像とは違ったとは言え、中々、興味深い内容の映画でした。これは、アラブの春巻き起こった2012年に作成されたことは、偶然の一致じゃないですよね?

勝手な評論家
勝手な評論家さん / 2014年8月31日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

自由にモノが言える世の中に

ピノチェト将軍の恐怖政治に怯え、国民が正直にモノを言えるような雰囲気じゃないのに、国民投票でいくら不当性を訴えても何も変わらない…だったら自由にモノが言えるよう国民の雰囲気を変えてしまおう!というチリで実際にあった広告プランナーの活躍を描いた実話です。
怒りや憎しみよりも希望や夢で世の中を変えていく様子を描く、なかなか秀逸な映画です^ ^

823
823さん / 2014年8月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ドキュメンタリー風の選挙キャンペーン映画

はじめて見たチリの映画。
ドキュメンタリーみたいな映像でしたが、アップが多くて揺れていて酔いそうでした。

政権支持派は絶対勝つと信じていて、選挙はちょっとした手続きと思っている。反対派も勝ち目はないから選挙キャンペーンは国民の啓蒙と思っている。

それがジワジワと覆っていく所は面白い。
選挙は広告?という疑問もあるのだが、人々のかんがえや行動を変える事は同じかも。

Momoko
Momokoさん / 2014年8月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

13件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi