清須会議
ホーム > 作品情報 > 映画「清須会議」
メニュー

清須会議

劇場公開日

解説

三谷幸喜が17年ぶりに書き下ろした小説を自ら脚色し、メガホンをとって映画化。本能寺の変で織田信長が死去した後、家臣の柴田勝家と羽柴(豊臣)秀吉らが後継者を決め、日本史上初めて合議によって歴史が動いたとされる清須会議の全貌をオールスターキャストで描く。三谷監督作品では初の時代劇。天正10年(1582年)、本能寺の変で織田信長がこの世を去り、筆頭家老の柴田勝家は信長の三男でしっかり者の信孝を、羽柴秀吉は次男で大うつけ者と噂される信雄をそれぞれ後継者に推薦する。勝家、秀吉がともに思いを寄せる信長の妹・お市は秀吉への恨みから勝家に肩入れし、秀吉は軍師・黒田官兵衛の策で、信長の弟・三十郎信包を味方に引き入れ、家臣たちの人心を掌握していく。やがて後継者を決める会議が開かれ、それぞれの思惑が交錯する。

スタッフ

監督
製作
亀山千広
市川南
企画
石原隆
プロデューサー
前田久閑
和田倉和利
アソシエイトプロデューサー
清野真紀
ラインプロデューサー
森賢正
原作
三谷幸喜
脚本
三谷幸喜
撮影
山本英夫
照明
小野晃
録音
瀬川徹夫
美術
種田陽平
黒瀧きみえ
音楽
荻野清子
編集
上野聡一
テクニカルプロデューサー
大屋哲男
VFXスーパーバイザー
田中貴志
スクリプター
山縣有希子
衣装デザイン
黒澤和子
美術デザイン
塩入隆史
装飾
佐藤孝之
キャスティング
杉野剛
助監督
片島章三
製作担当
斉藤大和

キャスト

作品データ

製作年 2013年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 138分
映倫区分 G
 

受賞歴

第37回 日本アカデミー賞(2014年)

ノミネート
優秀監督賞 三谷幸喜
優秀脚本賞 三谷幸喜
優秀音楽賞 荻野清子

インタビュー:清須会議

三谷幸喜監督&役所広司、7年ぶり再タッグの先にある見果てぬ夢
清須会議のインタビュー

コメディではなく喜劇、と三谷幸喜監督はのたまう。監督第6作となる「清須会議」は少年時代から夢中になり、いつかは撮りたいと願っていた時代劇。だからこそ、「大爆笑コメディにはならない」と知りながら、自筆の小説の映画化に挑み、監督としてのエ...清須会議のインタビュー

関連ニュース:清須会議

清須会議の関連ニュース

映画レビュー:清須会議

平均評価
3.3 3.3 50 (全149件)
  • うーむ 時代劇なので限界はあると思うが、もう少し三谷らしいどんでん返しを鮮やかに描いてほしかった。例えば12人の優しい日本人のように。大泉洋はあまり好きな俳優ではなかったが、本作では人間味溢れる秀吉をう... ...続きを読む

    ガク ガクさん  2014年12月20日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 歴史物のコメディ化の難しさ 豪華出演陣によるドタバタ劇を得意とする三谷幸喜監督作品。 視聴前自分は歴史作品をどうコメディ化するか楽しみにしていた。 しかしよくよく考えてみると時代劇のコメディ化ほど難しいものはない。 それは... ...続きを読む

    REDSTAR REDSTARさん  2014年12月17日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 三谷ワールド×戦国=面白い! 映画評価:60点 凄く見やすかった。 (初回の登場時に役名が書いてあれば更に見やすかったと思う) 見易い理由として、登場人物達の特徴をしっかり掴み反映していたので面白く、そして個性が出ていた。 ... ...続きを読む

    ヨコタス@名作探検家 ヨコタス@名作探検家さん  2014年12月16日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 清須会議のすべての映画レビュー
  • 清須会議の映画レビューを書く

動画配信検索:清須会議

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

清須会議 清須会議 清須会議 清須会議
清須会議 清須会議 清須会議 清須会議
2014年5月13日 2014年5月15日 2014年5月13日 2014年5月20日
¥432 ¥400 ¥540 ¥540
Amazonインスタント・ビデオ iTunes GyaO!ストア ひかりTVビデオ

他のユーザーは「清須会議」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画