ドン・ファン(1926)
ホーム > 作品情報 > 映画「ドン・ファン(1926)」
メニュー

ドン・ファン(1926)

解説

バイロン卿の詩及び南欧諸国に流布しているドン・ファン伝記に基づいてベス・メレディス女史が映画脚本を執筆し、「女性の敵」「風薫る島」等と同じくアラン・クロスランド氏が監督した特作品で、主役は「海の野獣」「我れ若し王者なりせば」等主演のジョン・バリモア氏が演じ、「ドン・Q」「最後の栄冠」等出演のメアリー・アスター嬢、「ニウ・ヨーク」「マンハッタン狂乱」等出演のエステル・テイラー嬢、「悲恋舞曲」「南北珍勇腕比べ」等出演のモンタギユ・ラヴ氏が主要なる役を勤め、故ウィラード・ルイス氏、フィリス・ヘイヴァー嬢、ヘレン・コステロ嬢、マーナ・ローイ嬢、ワーナー・オランド氏等が助演している。

ストーリー

スペイン・マラナの城主ドン・ホセは妻イソベルに裏切られ、それ以来、世の女性に対し全く信念を失い、一子ドン・ファンを抱え、放逸に日を送っていたが、ドン・ファンが10歳の折、愛妾の1人に刺されて死んだ。臨終に際して彼はドン・ファンに世の女性を信ずる勿れ、彼らの愛を弄べ、と遺言した。歳月は流れて、一人前の青年となったドン・ファンはピザの大学に学び、ローマに遊んだ。彼の美貌と才知はたちまちローマ前都女性の憧れの的となり、彼のため多くの女性は親に背き夫を棄てた。しかしドン・ファン自身は決して彼らの愛に溺れなかった。やがて彼はローマの執政ボルジアの妹、妖婦として知られたルクレチアと相知ったが、ルクレチア程の女も彼には翻弄された。それに続いてドン・ファンはデラ・ヴアーネズ公爵の姫アドリアナの清楚な姿に心を動かした。公爵はボルジアの反対派で、既にボルジアのため毒殺されんとしたところをドン・ファンに救われ、姫は大いにフアンに感謝していたが、ドン・ファンは姫をも誘惑せんとした。しかし姫は浮薄な一般の女性とは全く異なった操堅き純情の女性だった。さすがのドン・ファンも姫の崇高な精神美にうたれ、女性のすべてを侮辱していた我が身の行いを恥じた。ボルジア腹心の臣ドナテイ伯もまた姫の姿に心を動かし、その野心はボルジアの武力を得て遂に強制的に姫と結婚することになった。発奮したドン・ファンは結婚の当夜単身ボルジアの宮殿に乗り込み、剣の名手ドナテイと決闘の末彼を倒したが、ボルジアの家臣に捕らわれ牢獄に投ぜられ、暗殺に遭おうとした。しかし苦心の末首尾よく逃れ出て、同じく死の運命に悶えているアドリアナ姫を危地から救い、追い来る敵兵を馬上に倒して、姫と共に、故郷スペイン指して落ち延びて行った。...

作品データ

原題 Don Juan
製作年 1926年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「ドン・ファン(1926)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi