アーティスト
ホーム > 作品情報 > 映画「アーティスト」
メニュー

アーティスト

劇場公開日

解説

2011年・第64回カンヌ国際映画祭で主演男優賞を受賞した白黒&サイレントのラブストーリー。舞台は1927年のハリウッド。スター俳優のジョージ・バレンタインは若い端役女優のペピー・ミラーを見初めてスターへと導くが、折しも映画産業は無声からトーキーのへの移行期。無声映画に固執し続けるジョージが落ちぶれていく一方で、ペピーはスターダムを駆け上がっていく。監督は06年の第19回東京国際映画祭グランプリ受賞作「OSS 117 私を愛したカフェオーレ」のミシェル・アザナビシウス。第84回アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞ほか5部門を受賞。フランス映画として初の米アカデミー作品賞受賞作となった。

作品データ

原題 The Artist
製作年 2011年
製作国 フランス
配給 ギャガ
上映時間 101分
映倫区分 G
 

受賞歴

第84回 アカデミー賞(2012年)

第69回 ゴールデングローブ賞(2012年)

受賞
最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ジャン・デュジャルダン
最優秀作曲賞 ルドビック・ブールス
ノミネート
最優秀助演女優賞 ベレニス・ベジョ
最優秀監督賞 ミシェル・アザナビシウス
最優秀脚本賞 ミシェル・アザナビシウス

第64回 カンヌ国際映画祭(2011年)

受賞
コンペティション部門
男優賞 ジャン・デュジャルダン
出品
コンペティション部門
出品作品 ミシェル・アザナビシウス

インタビュー

M・アザナビシウス監督、サイレント映画でつかんだ栄冠
インタビュー

VFXや3Dなど技術革新が日進月歩で進む現代の映画界において、白黒サイレントのフランス映画が作品賞含む最多5部門受賞という驚きの結果をもたらした今年のアカデミー賞。古き良き時代のハリウッド、過去の名作へのオマージュがふんだんにちりばめ...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

見た目はクラシックカーだが新型エンジンを積んだ意欲作だ
アーティストの映画評論・批評

心根のやさしい映画だ。そして、若々しい映画だ。前者はすぐにわかるが、後者は見逃されがちだ。これが誤解を招く。いい意味でも悪い意味でも誤解される。オスカーを獲ったのは、前者が審査員の心情にアピールしたからだ。一部で首をかしげられたのは、...アーティストの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 50 (全60件)
  • ラストが素敵 途中まで正直、暗めだし退屈だなぁと思うところも… だけど、そのどん底があってのあのラストはとても輝いてました。 犬が可愛い。 運転手さんもいい人。途中何度も泣きそうになった。 それにしてもトーキ... ...続きを読む

    李 さん  2015年6月20日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • サイレント映画への憧憬 サイレントからトーキーへと移り変わる時代の、落ちぶれていくスターと新進女優の邂逅。 作っている当事者たちは楽しかっただろう。ベレニス・ベジョらの時代がかった演技からもそれが伝わってくる。しかし、... ...続きを読む

    よしただ よしたださん  2015年6月15日  評価:1.0
    このレビューに共感した/0人
  • 楽しみにしていた分 中だるみがあり、少し残念な感じ。 ラストのくだりはよかった。 あと、犬が秀逸。 ...続きを読む

    孝宏 孝宏さん  2015年5月2日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

アーティスト (字幕版) アーティスト(字幕版) アーティスト アーティスト
アーティスト (字幕版) アーティスト(字幕版) アーティスト アーティスト
2014年8月12日 2013年12月27日 2013年12月27日 2014年1月10日
¥300 ¥400 ¥540 ¥432
Amazonインスタント・ビデオ iTunes GYAO!ストア ひかりTVビデオ

他のユーザーは「アーティスト」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

採用情報