アウトレイジ ビヨンドのレビュー・感想・評価

アウトレイジ ビヨンド

劇場公開日 2012年10月6日
48件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

前作見てないので

画面に前のめりになり見た場面もあったが、全体的に想像を越えなかった。

周りの面白いと言う声によってハードル高く見すぎたかな(^^;)))

うっちー
うっちーさん / 2014年4月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

くせになる!

血の争いを描いたアウトレイジはクセになりますね!

出演者も豪華で皆さんの役柄がピッタリの映画です。

特に三浦さんの演技は本当の組織のドンのような身振りで最高です!

スガ
スガさん / 2014年3月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ふつうにおもしろかった。

個人的には1より面白かったです。死亡シーンはあまりなかったものの、物語がちゃんと練りこんであって、後付で作られたような勢いでしたが2というよりは1、と2、前後編くらいにちゃんと筋が通っていました。1でなんとも情けない北野武の役が、ビヨンドではサラリーマン的に上に使われつつも、ラストはちゃんと決めてくれています。そのきめ具合が派手な銃撃でも残酷描写でもなく、映画の中では十分リアリティのある方法だったので、すばらしかったです。渋い映画でした。

rocko
rockoさん / 2014年1月22日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 怖い 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前作に比べると・・・ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

前作が良かったので鑑賞

前作の続き物だが前作で私が良かったと感じた北野の王様じゃない感が完全にくずれていてこれならやらなきゃよかったのにと思いました。

ただ相変わらずアクションシーンは爽快。血沸き肉躍る感じは変わらなかったです

hormone29
hormone29さん / 2014年1月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

引きずる! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ガンガン人が死ぬ。これでもかってほど。
加瀬亮(石原)が殺されるシーンが一番きつかったー。自分的にトラウマになるレベル。
あと、やっぱりラストが衝撃的だったなぁ。
卑怯なコウモリはどんな世界でもダメってことだね。
ヤクザの世界は怖いわー。後ろを向けばみんな敵。
ヤクザ映画の元祖、「仁義なる戦い」も見たくなった。

Chisa
Chisaさん / 2014年1月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

鈴木慶一の音楽いいよ

前作は期待して行ったのだが
期待し過ぎていたためか、それほど乗れなかった。

で今作。
スゴク良かった。それほど期待してなかったからかもしれないが。

思い出したのが、映画「仁義なき戦い 代理戦争」
抗争らしいアクションがあまりなく、
ヤクザ同士の腹のさぐり合いと人間関係を描いた仁義シリーズの傑作。
たけしがこの映画を思い描いていたかどうかは知らないが
全編騙し合うヤクザの群像はこの映画とだぶる。

今回もえげつない顔ときたないセリフの展示会。
いきなり飛び出すグロ描写。
先が読めなかったという点も良かった。

北野監督には予定調和を嫌う作風でありながら娯楽作
って路線で撮り続けて欲しいです。

散歩男
散歩男さん / 2013年12月21日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ちょっと飽きますね

前作に引き続き観てみました。
が、ちょっとヤクザ映画としてはヤクザがヤクザっぽくない・・・・気がします。
サラリーマンみたい。
前作は荒削りでしたが、そのほうが良かった。
皆さんの評価が案外良いのが意外・・・

シネパラ
シネパラさん / 2013年12月7日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前作の方が好きです

前作の残忍だけど最後は全滅という北野作品に共通する滅びの法則が好きだったのですが、今作品は万人向け?なのか残酷さも薄く最後のおちもどうなんだろうと思った作品でした。

とやひろ
とやひろさん / 2013年11月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ヤクザ映画作りの天才。

みたいみたいと思っていて見逃した映画でしたがやっと観れました。

流石に1作目程のインパクトは無かったけども
相変わらずワクワクさせてくれますね。

北野監督は本当にヤクザ描き方がうまいですわ。
殺伐とした雰囲気とテーマ音楽。
興奮しっぱなしです。

何がいいって、役者の演技。
いやー皆さん、役所もセリフも行動も濃いすぎです。
楽しそうに、ヤクザ演じてますね。

たけしも逆切れして、「バカヤロー」連発してますし。

まるで油ギトギトのラーメン食ってるようです。
でも食べて満足して、又食べたくなる。
そんな映画でした。

としぱぱ
としぱぱさん / 2013年7月14日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

続編としての意味

北野はきっちりと把握していた。物語の続編を作るという事は、前作をふまえたものを作るという事。それは当然の事だと思われるだろうが、実際これができてない物語が多い。
さすがギャング映画を得意としているだけあって、本当に、面白かった。

前作のアウトレイジは、極道をテーマにした圧倒的「暴力」映画。
今回は、「暴力」と「人間模様」「下克上」「復讐」
1であまり余った鬱憤をビヨンドで全て洗い流してくれたようなものだ。

1しかみてないあなた、大友はもちろん、帰ってくる。
是非、観てほしい。

いやあ、役といえば加藤がねwww
すっかり小物に見えるところが多分今作で一番ギャグ線高い所、笑いが止まらない笑
殺し方も相変わらずユニークだなぁ。
極道を使って、組織の面白さを丁寧に描く。
北野が描くブラックユーモアってなんでこう、ひぃってなるけど面白いんだろう。役者がね、この人死ぬ訳なかろうと思う人をあっさり切り捨てたりして、そっちのユーモアもあるね。笑

そして、話題にもなっているが、ラストの観客の突き放しっぷりは凄まじい。
それから流れるエンドロールで、最初に名前の上がってくる「ビートたけし」の名前を観た時、お前は一体何者なのだ、と思った。
それほど、圧巻。

北野監督は、洋画を意識した心象的な方面を描くより、純粋に油っぽいこっちの方面の方が、観客としても見やすく、そして面白い。好きだよ!

パースィ
パースィさん / 2013年6月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ヤクザな雰囲気を楽しもう

前作では1人1人の個性的なキャラクター、大物俳優起用、斬新な殺人シーンが話題になってて普段あんまりヤクザ映画を観ない自分まで観てしまう娯楽暴力作品に仕立て上げられていて良作だった。

今回、待望の続編!
ぇつ?!大友さん、生きてたんすか?笑
いや、まぁまた1騒動起こしてくれるなら喜んでついてきますよ?
加瀬くん裏切っちゃいましたけど、今回やっぱ殺しますよね?どうしましょう?!あとあの人とかあの人も殺らないとですね!
前回はけっこう危険な臭いとか、ハラハラ感があって、いやーーそんな殺し方しちゃうんーー?!て感じだったんで本当、期待してます!

でもやっぱあれですね、人間丸くなっちゃうと若干バイオレンスハラハラドキドキは削られましたね。
想定内とはいえ、それでも観たあとはあの怒号の飛び交う口喧嘩には満足しました。大友さんたち、ありがとう!

しんごりら
しんごりらさん / 2013年5月12日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「調子乗ってると、しまいには~するぞ!このやろう!」と誰かに言ってみたくなる映画。

いつものたけしさんの映画は、どちらかというとやられる方だけど、本作はやる方だった。

やっぱり、守備より攻撃の方が面白いと思う。

それに加えて、勧善懲悪的な感じと、復讐、それに下剋上的な要素も入っていてよかった。

でも、野球に例えれば、フリーバッティングというか、バッティングセンター的感じが、やや不満だった。

やりすぎと、うまくいきすぎのところがちょっと変。

実際の試合では、そんなにうまくいかないはず。

ましてや相手は関東最大の暴力団、警察もいるだろうし、調子に乗っていると、逆に、この映画で加瀬さんの演じている石原(今回は小物ぶりがすごくて笑えた。)のようになりそうな気がしてしょうがなかった。

でも、全体的には前作よりよかったし、以前やっていた「TAKESIES’」や「アキレスと亀」みたいなヨーロッパ映画風の感覚的映画より、全然いいと思う。

ギャング映画(やくざ映画ではないかな?)が一番得意なのだから、やめるとか言わないで、どんどん作っていただきたいです。

Push6700
Push6700さん / 2013年4月25日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

73点  アウトレイジ再視聴後、ホクホクのままビヨンドeat、の方がいい。

内容わすれてても大丈夫だろ・・ってままみたら意味がわかんね~~~
 あわてて
  アウトレイジ観る→ビヨンド  ・・ぶっ続けだったけどぜんぜん疲れず
                               おもろかった。

ビートなたけしの姿がジャケにはでてるけど、
”アウトレイジからの流れで”大友の出番は ほぼ無い のかと・・。ちょっと凹んでた。
それでも
 じゅうぶん魅力的な進行具合で まぁいいかと思い始めた頃 うれしい誤算が。                                      コマネチ!

 もー、
 加瀬亮のシーンになるとブチ切れ過ぎ具合で爆笑してしまう。石原さいこう!

対照的に ねじねじの演技がさっぱり。
 てめ~~よぉ? 関西最大な花菱の会長の御前で 口ひげなんか触らねぇだろがぁ!
 ダウンタウンDXでてるとき 他 いつもの雰囲気と変化なさすぎだろがぁ!
 しっかり
   ヤクザなこと記憶して 役作りしてこいやあぁぁ?!上下関係もわかんねぇのか!

           ・・いかん、石原のビジョンが脳に焼き付いて口調が。テヘペロ

 ストーリーはものたりないけど、役者さんたちの見どころが濃ゆい。
       桐谷健太もわすれられない( *´ސު​`*)すごく良い。

映画電気(びりびり)
映画電気(びりびり)さん / 2013年4月13日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

吠える犬は噛まない

主要人物の大半が前作で死んでしまっているので、まさか続編が作られようとは…。そこまでして北野武監督が本作で撮りたかったモノとは何だったのか?遂に最後まで分からなかった。

ただ、『コノヤロー!』とか『コラァ!』の罵倒と怒号がパワーアップされているだけではないか。
前作で見られていた生き馬の目を抜くようなヤクザ社会の理不尽さや哀愁もなく、武闘派で鳴らしたたけし演じる大友も狂犬からペット犬に成り下がった印象を拭いきれないでいた。『もう、いいよ〜』ばっかりだもん。

塀の中であのまま刺殺されていた方が、映画の終わり方としては人間のクズのような男の美学を貫き通せたのにもったいない。

ゾンビじゃあるまいし、生半可に大友を生き返らせちゃったもんだから、前作同様に大暴れさせる舞台が整わないまま、宙ぶらりんの状態になってしまった感があったように思う。

ラスト・シーンがああなるってのは誰だって予測が付いた事でしょうよ。

★『吠える犬は噛まない』……韓国を代表する珍島犬は、攻撃するときは、じっとしていて、急に飛びかかる。

みつまる
みつまるさん / 2013年3月27日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ところで、あんたは読める奴?

前作は見事なまでに、悪趣味な暴力シーンのオンパレードだった。暴力のプロフェッショナルである「玄人」さん達の業界、そのロジックは恐ろしくシンプルだ。欲望。権力、カネ、バイオレンス、全ては欲望に基づく。だからこそ「組」という統治運用システムを絶対のものとするために、親は絶対であり雪が黒いと言えば何が何でも黒いのであり絶対服従の鉄の掟があるのである。欲望に基づくカオスこそ裏社会の本質であるはずが、全く逆説的に、秩序が求められるがために、その掟はある。

しかし親が衰えれば父殺しを企む息子もある。子のシノギを横取りする親だってある。鉄の掟の上で繰り広げられる欲望の闘争、そこにあるのは一皮ひん剥いた膚の下にどす黒く流れる欲望の囂々たる流れだ。それが暴力となって一線を越えるとき、北野流のじつにブラックで悪趣味きわまりない、和製タランティーノと称するべき世界がスクリーンにぶちまけられる、というのが前作の暴力シーンの趣向であり、北野武監督ならではの、目を背けたくなりつつも凝視せざるを得ない、ギリギリの世界だった。それはありとあらゆる趣向を凝らした、豪華な暴力の博覧会。スクリーンに次から次へと現れては消えてゆく暴力、それが大きな見所であったことは間違いない。

ところが今回は違う。

前作を踏まえながら、そこにあるのは「空気」だ。

確かに暴力描写は存在する。しかしそれは「選択」の「結果」であり、それ自体が映画の目的ではない。北野監督は第二作を製作するにあたり、前作の轍をもう一度踏むことはせず、ナナメ上を行った。そこにあるのは(もう一度言おう)、空気だ。

世の中には二種類の人間がいる。空気が読める奴と、読めない奴だ。今作ではストーリーラインを追いながら、登場人物の立場や物事の白と黒がめまぐるしく入れ替わる。ほんのささいなきっかけで、オセロの盤面を覆い尽くした白が、あっさりと黒へと覆る。登場人物たちは何食わぬ顔でその見えざる盤面を注視し、言葉を選び、狡猾に立ち回る。

読めなかった奴の末路は言うまでもなく、悲惨だ。その結末として用意される暴力は北野流のドス黒さだ。観客が「悪趣味」として感じつつつい笑ってしまう、ブラックな笑い。哀しみをたたえた暴力。そう、暴力とはある一線を越えると「笑うしかない」のだ。キタノ流とはこの境地を指すのかも知れない。

しかし、そこで終わらないのが今作の凄さ。

最後の最後に、北野監督は突然、観客を突き放す。おそらくそのことすら気づかないまま鑑賞を終える人もあるだろう。だからこそ、このラストシーンに込められたブラックな意図こそ、北野節と呼ぶべきなのだ。

最後の最後になって、北野監督は観客を試す。「ところで、あんた、空気読めてんの?」と。その答え、本作の本質は唐突に終わるラストシーンの先にある。

あなたにはその先に何があるのか、読めるだろうか?

beyond_seeker
beyond_seekerさん / 2013年2月12日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

全員殺して決着 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

第一作目の最後のカットで生き残った“悪人”全員が死ぬまでを描く続篇です。

ヤクザから金を受け取り、そのヤクザの生き死にを自分の栄達のために利用する、シリーズ 2作品を通して描かれた悪のヒエラルキーで、最も悪い奴に位置づけられる 刑事・片岡が、いよいよ自分が駒として利用される最終局面にあると悟った大友により撃ち殺される事で、物語は決着を迎えます。

F
Fさん / 2012年11月7日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

罵り合いが素晴らしい(=´∀`ノノ゙☆パチパチパチ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

前作『アウトレイジ』で、北村総一郎演じる山王会の会長を殺して、対立する組の組員と相打ちしたように見せかけて三浦友和扮する加藤が会長になってから、その内幕がどんどん暴かれていくという話。

とにかく関西の花菱会の組員とのやり取りが素晴らしくおもろいキャハハハハッ!!(≧▽≦)彡☆バンバン

そして大友組長を裏切って山王会の若頭に就いた加瀬亮扮する石原の、前作とは打って変わってうろたえて怒鳴り散らしてるのもヾ(≧∀≦ )ブハハッ!!ヾ(≧∀≦)ノブハハッ!!( ≧∀≦)ノブハハッ!!

「チンピラ1人取れねえってどういうことだよ!!!」

Σd(゚∀゚d)イカス!

まずは片岡は山王会の幹部3人組を使って、花菱会と手を組ませて山王会の加藤を倒そうとするも花菱会はそんな何の得もないことに加担するはずもなく加藤に報告してあっけなく露見。

そこで片岡は死んだと思われてた大友組長を使って、さらに前作では対立関係にあった木村と手を組ませて花菱会に杯を貰いに行こうとする。

木村の子分の桐谷健太と新井浩文(・∀・)イイネ!!

バッティングセンターで柄の悪い客を脅したり、大友に「お前等道具持ってんのか?」「はい!」「出すなよヾ(゚Д゚ )ォィォィ」

≧(´▽`)≦アハハハハハ

ホテルで山王会の組員に大友が腹を刺されてうろたえるシーンも(゚д゚)イーヨイイヨー

「何かっていうと腹刺されるな・・・」

「兄貴すまねえ<(_ _)>」

「いやいや、そういう意味じゃねえんだよ(ヾノ・∀・`)」

アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノアッヒャッヒャ!

そこでこの2人は山王会に襲撃をかけるが、簡単に捕まって殺される。

その仇を撃つため、花菱会に助けてもらうために杯を貰いに行く。

ところがいきなり行ってもそんなの承諾するはずもなく、罵り合いの末木村は自分の小指を噛み千切るという壮絶な指つめガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル

前作でカッターで指をつめろと言い寄られるシーンと見事に対になっててΣd(゚∀゚d)イカス!

ちなみに大友は前作で左手の小指をつめてるけど、今回はできるだけ左手を見せないというさりげない演出もしてあって(・∀・)イイ!!

とにかくここの大友と花菱会の罵り合いだけでずっと見てられるワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

塩見三省の面構えも素晴らしいし、西田敏行の関西弁訛りの怒鳴りもまた゚+。゚(・∀・)゚。+゚イイ!!

そして神山繁扮する花菱会会長の大物感はさすがですな\(◎o◎)/

実際山王会の黒い噂も知ってて、何とかして潰せないかと画策してた花菱会はこの2人使えると踏んで手を貸すことにする。

ここから高橋克典扮する殺し屋が出てきて、次から次へと殺しまくっていく。

高橋克典台詞が全くないけど、それがまたいいじゃないか(*´・д・)*´。_。)ゥミュ

ただここの銃撃シーン、ちょっとあっさりし過ぎと言うか物足りない(;・∀・)

特に血があんまり出なかったり、冒頭近くでも中尾彬が頭を撃たれて死ぬところなんかもちょっとリアルじゃなさ過ぎる。

至近距離から頭を撃てば頭吹っ飛ぶぞ?ヾ(゚Д゚ )ォィォィ

まあそれはいいとしても、とにかくそこから山王会をどんどん追い詰めて行って、側近の舟木を捕まえて真相を吐かせる。

そこで行う拷問も、頭に袋を被せた上に電動ドリルで顔を突くという何ともえぐいやり方ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル

そして加藤が前会長を殺して会長の座に就いたことを洗いざらい吐かせて、山王会にその情報を流して、お伺いに来てた加藤に石原がちくったとでっち上げて内部から崩壊させていく。

そしてついに石原を引っ張り出して大友の所に連れて来る。

そこで大友はバッティングセンターの打席に石原を縛り付けて、頭にボールをぶつけて殺す。

これが硬球じゃなくて軟球ってところがまたえげつない(゚∀゚ ;)タラー

一体何発当たったらいっちまうんだろ?

そして側近を全員殺して、加藤を会長の座から引きずり下ろす。

そこで最初は怒鳴られまくってた幹部の名高達男と光石研が、態度をころっと変えて「てめえどこ座ってんだ( ゚Д゚)ゴルァ!!」とか「金庫が空ってどういうことだこの野郎!!!1週間待ってやるから金持って来い」と威張り散らすのもまたいい感じですなo(`・д・´)o ウン!!

そしてパチンコに行って金を稼ごうとしてる加藤を尾行して、大友がパチンコをしてる加藤を殺す。

大友は花菱会は自分たちの組を復活させてくれるなんて甘いことはしないと分かってて、しかも最初から流れに任せて動いてるだけでやくざにまた戻ろうとは全く思ってない。

だから加藤の側近連中を片付けたらそそくさと表舞台から退いて、出所した時に世話になった韓国マフィアの手を借りて加藤を殺す。

これで終わりかと思いきや・・・

結局木村の組を系列に加え、さらに加藤を引退させた山王会の後見人として東京にも勢力を伸ばしてきた。

水道橋博士が言ってたけど、これは今の日本のお笑い界のメタファーとしても興味深い。

気が付いたらいつの間にか関西勢に主導権を握られてたという感じ。

そして今回の登場人物は常に2人組ないし3人組で行動してるあたりも、お笑いコンビやトリオを連想させる。

そして片岡はまだ引っ掻き回すために、生き残った加藤の側近に木村が加藤を殺したと焚き付けて、直前に形だけだと木村組にがさ入いれをして拳銃や刀を全部押収して丸腰の状態にして、その直後加藤の側近が復讐に来て木村を殺させる。

そして木村の葬式があるが、そこに花菱会の幹部連中が勢揃いで、そこに大友を焚き付けてまた抗争をさせようとして、弔問に来た大友に拳銃を渡すが・・・

その思惑を見抜いてた大友に射殺されて終わり。

とにかく一番悪い奴だった片岡が死ぬことで全部終わったわけですな(*´・д・)*´。_。)ゥミュ

しかし片岡良かったな~ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

「加藤と裏切った石原に、きっちりけじめつけてくださいよ!!!」

Σd(゚∀゚d)イカス!

そして俺が一番印象的だったのが・・・韓国マフィアを演じた金田時男。

本物の迫力ってああいうことなんだなと実感した。

個人的にはたけし映画の中でも1、2を争うくらいの傑作だと思う。

初台験
初台験さん / 2012年11月5日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

狐と狸の群中で、忠義に尽くす犬二匹 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

北野武監督のヒット作『アウトレイジ』続編!

いきなり残念だった点から挙げてしまうと、前作のような、
並のホラーを凌ぐほどの緊張感に満ちたバイオレンス描写が薄まってしまった点かな。

だが人が死ぬ場面で驚くほど感傷が交じらない点はいつもの北野節。
パチンコ屋やバッティングセンターみたいな日常の中で人がコロリと殺される様は、やはり異様。

それに今回は画的な派手さが薄れた分、シナリオが面白くてテンポもアップしている印象だ。
アコギな方法で膨張した山王会とその幹部連中が
ずるずる崩壊してゆく様を眺めるのは、なんか爽快。
手際良いビル解体作業を見てるような快感とでも言いましょうか。

前作では辛抱強かった加藤会長もインテリ石原も、上の立場になって調子付いちゃったね。
仁義なんざ無視してのし上がったもんだから、
信用できる人間なんて一人もいない。
不満を暴力で抑え付ける事しか出来ない。
出世したからって調子に乗っちゃノンノン。奢れる者も久しからずってね。

代わりに策士振りを披露するのが敵対勢力・花菱会の面子。
表向きはあくまで山王会の味方のまま、捨て駒に持ってこいの大友・木村を焚き付けて
山王会を襲撃させる手際が憎らしいほど見事。顔では怒り狂ってるが、そのじつ冷徹で計算高い。
西田さん、塩見さん、顔も性根も悪過ぎです。あ、いや、役柄の事ですって。

そんな保身や損得感情のみで動く、狐と狸みたいな奴らの中で、
恩義・忠義に尽くす猛犬2匹——大友と木村がカッコいい。
彼らが手を組んだ理由は利害の一致じゃなく、互いへの罪滅ぼしと、
悪党なりにも“仁”を重んじる者同士としての尊敬の念からだ。

そしてあのラスト!
自分が殺られるなんてこれっぽちも考えてなかったろうねえ、片岡さん。
「へ?」という最期の言葉に、少し笑ってしまった。

それまでは確かに策略通りにコトを動かしていた彼だが、最後だけは読み違えた。
他の連中のように私利私欲で動く人間なら、思考を読むのは得意だったんだろうが、
大友はそんなタイプじゃないし、片岡が見下していたほどの間抜けでも無かった。
あれは落とし前とかケジメとかじゃなく、戦友を殺された事に対して
ただただ単純にブチ切れ(outrage)ただけだと思う。
人間臭くて、良い。

という訳で、僕はかなりかなり楽しめた。
今回が完結編という事だけど、また続編作ってほしいなあ。

<2012/10/6鑑賞>

浮遊きびなご
浮遊きびなごさん / 2012年10月29日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

古風なヤクザ・大友のケジメ

口を開けば「バカヤロー!!」「やれねーのか!!」「やってやろーじゃねーか!!」の連発でコメディーかと思えた前作に比べると少し知的な内容になった。
いわば前作は意地の張り合いで、今回は謀略の張り合いがテーマ。

刑事の片岡(小日向文世)が関東最大の山王会と関西の花菱会を衝突させようと画策する。このぐらいのこズルさを、日本の外交でも発揮して欲しいものだと思って観てしまう。
前作で一番悪い奴は、まんまと山王会の会長にのし上がった加藤(三浦友和)だったが、今作で一番のワルはこのマル暴・片岡だ。片岡の陰謀は際限がなく無差別で、獄中にいた大友(北野武)の足元にまで及ぶ。

前作で賢く立ちまわって山王会の若頭の座を手に入れた石原ののさばり方がいい。ある意味、今回の紛争の火種的存在で、敵からも身内からも、そして映画を観る客からも嫌われる役どころだが、加瀬亮が上手い。

ほかにも役者は多いが、それぞれの役割がはっきりしていて、ごった煮にならずにすんでいる。

バイオレンス描写は前回同様、ことさら過激だと吹聴するほどのものではない。むしろ、それに見合った色気が不足と感じる。前作の椎名桔平のような役者が出てこないのだから無理もない。今回は元宝塚の月船さららが背中の刺青を見せるぐらいだ。

大友が銃を向ける花菱会の中田(塩見三省)に向かって「さっさとやれ!!」と叫ぶ裏には、ここで死んだほうがずっと楽なんだという思いがあったに違いない。
利用されるのを拒みながらも義理を立てる時代遅れのヤクザ・大友の悲哀が出ているところが、前作のデキを上回った要因といえるだろう。

マスター@だんだん
マスター@だんだんさん / 2012年10月28日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

悪人が多すぎ!

全員悪人を演じてしまって、それも全員が主役級の演技。ここまで役者を集める必要があったのかどうかは、監督だけが知っていることなのでしょう?
次々とヤクザが殺られてしまう場面にしては、緊張感が伝わって来ません。あまりに簡単に復讐劇が進み、ベルトコンベアーに乗っているかのような、シナリオ通りの殺戮です。

巷では、民家の床下から3人の遺体と多数の行方不明者。家族間での暴行を強要されたり、聞くに堪えない事件の発覚です。
今回のアウトレイジ ビヨンドは、今ある現実を超えることが出来なかったようです。

やっくん
やっくんさん / 2012年10月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

48件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

採用情報