ステキな金縛りのレビュー・感想・評価 (5)

メニュー

ステキな金縛り

劇場公開日 2011年10月29日
96件中、81~96件目を表示 映画レビューを書く

観て損はないです ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

元々三谷作品が好きなので、ひいき目に見てしまうかもしれませんが…
本気で「観て正解だった」と思いました。
三谷映画は「ラヂオの時間」「みんなのいえ」「ザ・マジックアワー」を観ましたが、自分の中ではこの作品が一番好きかもしれません。
期待を裏切らなかったです。

深津絵里さんは、こういうコメディな役のほうが似合うんじゃないかと。
ドラマ「ステキな隠し撮り」のコンシェルズといい、面白くてキュートな感じがすごく良かったです。

西田敏行さんは、前作でのマフィアのボスが(私的には)あまり好きではなかったので、近作も実はあまり期待をしていませんでした。
が、それを見事に裏切ってくれ、すっかり更科六兵衛さんのファンになってしまいました。

小林隆さん、梶原善さん、阿南健治さん、近藤芳正さん…と
三谷作品ではおなじみの、東京サンシャインボーイズメンバーの出演も、ホッとさせてくれます。
個人的には、小林隆さんが裁判長役なのが嬉しかったです。

佐藤浩市さんの勘違い?キャラが好きだったので、また村田大樹さんにお会いできたことに感動しました。
てか、彼はまだ売れてないんですね…(^_^;)

木下隆行さんが、思いのほかすごくいい演技をされていて、「その言葉をもっと早く聞きたかった」と家を出て行くシーンでは、切なくなりました。

ラストでの、エミとお父さんが会話(?)をするシーンは、この作品の泣きどころです。
「エミにお父さんを会わせてあげて欲しい」と思いながら観ていたのに、お父さんが来た時には、エミには幽霊が見えなくなっていた…。
姿が見えないからこそ切なさがこみあげ、涙を誘うんですよね。

エンドロールの最後、六兵衛さんの肖像画が笑顔になっていたのにも泣けました。
エミと万亀夫くんの写真で笑わせといて「そうくるかっ!」って思いました。

作品とは何ら関係ないのですが、
母親と来ていた小学校低学年くらいのお嬢さんが、「ここ笑うとこじゃないのに~」っていうところでケラケラ笑っていた(場内に響き渡っていました)のが、個人的にすごく気になりまして…。
あと、主婦友達どうしで来ていた感じの奥様方も同様に…。
笑いのツボは人それぞれなんで、しょうがないですけどね。

観客が少なくなった頃に、もう一度観たいと思います。

2011年11月7日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

期待し過ぎちゃった。

三谷幸喜監督が3年ぶりにメガホンをとったコメディ映画。

とにかく豪華キャストにビックリ!三谷ワールド全開です。

物語は~

ダメダメ弁護士のエミ(深津絵里)が

これが最後と引き受けた殺人事件。

容疑者は犯行時刻には、とある旅館で金縛りにあっていたと供述する。

その旅館に泊まったエミは

落ち武者の幽霊、更科六兵衛(西田敏行)と遭遇

法廷で容疑者のアリバイを証明してと懇願する。

幽霊が証言台に立つという、前代未聞の裁判!

証言させる方法は?真犯人は誰?

事件を通してエミが成長していく様が

笑いあり、涙ありで描かれていきます。

この映画がスゴイのは、チョイ役なのに有名俳優が出演してる所。

誰が何の役で出ているのか・・・楽しめますよん。

主要キャストは~

落ち武者役の西田敏行。大正解です。

キムタク同様、どんな役をやっても西田敏行ですけどね。

深津絵里は、なんてったって可愛らしい。

六兵衛の証言をモノマネで通訳するシーン。必見です。

検事役の中井喜一もイカしてる。スーツの似合う男はカッコ良い。

エミの上司は阿部寛。この作品で私は1番光ってるぅぅ~と感じました。

長身で踊るリズム感に欠けたタップダンス、笑えます。

今後、日本のドラマ・映画に欠かせない男優になりますよね。

エミの恋人役はTKOの木下隆行。

お笑いの人って本当に才能豊か。

これから俳優としても活躍するんだろうなぁ。

浅野忠信は・・・せっかく三谷作品に出たんだからさ

もっとハジケてほしかったな。ちょっとガッカリ。

でね。

いつも言うことなんだけど。この作品も上映時間が長いの。

2時間超え・・・。よっぽどの脚本、映像展開がないと

長さを忘れさせてくれないのよね。

私は2/3過ぎたあたりから、失速・・・を感じました。

良いキャラクターだったけど、市村正親さん演じる陰陽師の場面。

なくても良かったかなって・・・。

最後、ホロリとさせるべくして用意された

エミと幽霊の父(草なぎ剛)とのくだりも

コンパクトにしてほしかったです。

私はクレジットも楽しんで見るんだけど

この映画、オープニングが良いですよ~。お洒落なの。

因みに他の作品でお薦めは~

ディズニー映画の“101匹わんちゃん”と“ウエストサイド物語”です。

“ステキな金縛り”ものスゴォォォ~ク期待して観に行ったけど

三谷作品の中で、私の評価は“みんなのいえ”を超えない出来でした。

なので・・・星は3つです。

mammie
mammieさん / 2011年11月7日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

掛け合いのトライアングルの面積の広がりこそ三谷ワールドの笑いの醍醐味 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

幽霊をいかに裁判で証言させるか?
信憑性を持たせるか?
は勿論、
実体を観られる人と観られない人との違いとは?etc.etc.数多い疑問点へ1つ1つ答えるきめ細かな論述は、法廷ドラマの緊迫感を損なわずに笑わせる効果を持たせている。

終始、大ざっぱで乗り切った『サラリーマンNEO』とはエラい違いである。

また、『有頂天ホテル』の娼婦(篠原涼子)や、『マジックアワー』の売れない俳優(佐藤浩市)etc.過去の作品群とキャラがリンクしているのも興味深い。

三谷作品の最も笑いの核である会話劇において、幽霊本人と見える側との掛け合いだけで成立していない点に、今作の繊細さが象徴していると思う。

検事の中井貴一のような幽霊否定派・見えない側が加わり、三角形でキャッチボールする事で笑いのシチュエーションが発生し、盛り上がるに連れて、三角形の面積がどんどん拡大していく。

そんなスケール感が人間の生と死の境界線まで波及するから、客も「どうなるんやろ?」とハラハラ感じ取りながら、笑う事で劇場全体が魅力を共有化できる。

コメディ映画を楽しむ基本の中の基本が分厚い層を成す。

ただ、丁寧に積み重ねている代償として、長いね…。

豪華なのは嬉しいが、このボリュームやと胃モタレする。

あと、生死の扱いが軽んじていく展開もブラックな不意打ち要素が濃く、笑うのに戸惑ってしまう要因の1つに感じた。

その戸惑わせる設定がやがて事件解決の鍵だけでなく、死後の世界を把握する大きな分岐点となっていくので、いかに直ぐ受け入れるかで評価点が決まるのではないだろうか。

では、最後に短歌を一首。

『ホシ浮かぶ 裁き跨(またが)る 武者震ゐ 息吹き返し 真実の声』
by全竜

全竜
全竜さん / 2011年11月6日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

サービス過剰がアダに・・・

公式サイトのURLを《sutekina-kanashibari.com》とせず、《sutekina-eiga.com》としたところは中々の策士だ。実際に“ステキな映画”だ。

三谷作品でお馴染みの俳優が勢揃いし、その配役も楽しみのひとつ。
自作「THE 有頂天ホテル」や「ザ・マジックアワー」のキャラクターまで飛び出す始末。
三谷ワールド全開だ。

この作品はとやかく言うまい。
なぜならネタバレになってしまうから。

内容は4つ★。

だが、ラストはいただけない。
見えないものは見えないままの方が感動する。
上映時間142分・・・あと10分は切れる。

マスター@だんだん
マスター@だんだんさん / 2011年11月4日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

心地よく見れました

飛びぬけて何か凄いって感じではないのですが、
随所で笑えてホロりとされました。西田さん&深津さんの歌声も加わって
凄く心地よかったです。

法廷の場面が多いせいか、なんとなく役者さんが近くて舞台を見ているようにも
感じられましたね。

深津っちゃんが、少しふっくらして、可愛さ復活で◎でした。

たなぴょん
たなぴょんさん / 2011年11月3日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

女は度胸!貰えるのは笑いばかりではないよ!勇気と自信もどうぞ! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

三谷幸喜とくれば、その笑いに敵無し!今日本中を笑いの渦に巻き込んで欲しい!
でも、シナモンティーよりシナモントースト好きの私には今回笑いのツボがずれていて今一つ笑えなかったのが残念!自分のヘソ曲がりの嗜好を恨めしく思い化けて出たい気分であった。

最近の邦画界は、殆んどの作品がヒットコミックアニメの原作ものが主流であるが、そんな邦画界にあって、オリジナルで脚本を執筆し、更に自身で監督もすると言う天才肌を見事に見せてくれる、三谷幸喜氏の存在は今、我が国の映画界には宝であり必要不可欠な存在であると思うのだ。彼をう~ん日本のウッディー・アレンと呼んだら褒め過ぎかな?
それからこの作品に出ている俳優も、邦画界にはまた無くてはならない立派な俳優陣を揃えていてくれるのは実に頼もしく嬉しい作品なのだ。
渥美清亡き後、日本のコメディー映画の屋台骨を支えてくれる事が出来る俳優と言えば、西田敏行さんをおいて他にはいないだろう。
裁判のシーンでも証人である筈の落ち武者が、被告より目立ち、裁判を食ってしまう事をつまらんとヘソを曲げる被告も面白いが、映画『羅生門』でもあるまいし、死人を登場させる話をでっちあげる、三谷氏の発想力の面白さがこの映画の鍵を握る。まあ元々この発想はかの有名な天才シェイクスピアの発想が元になっていると言う事かも知れないのだが。

海外ではこの手の作品はシリアスものなのだろうが、義理人情の世界観を散りばめてのストーリー展開を仕掛けると言う事は、少なからず、巨匠山田洋次監督と寅さんの『男はつらいよ』の影響が日本人の心の中心に存在していると言う事の表れではないだろうか?

私がこの映画を観たのは、平日の昼間と言う事もあってか、映画館は現役主婦層の方々のお友達同士御一行様によって席は埋められ、映画館はまるで庭先の縁側さながらに横一列に連席の主婦達からは、笑いの混声合唱が響き渡るのだった。これを横目で一人観ていた私は、この笑いに飲まれて出遅れたのか不確かなままに映画の終わりを迎えたのだ。しかし映画館は多いに笑いの渦と化していた。その事は実に嬉しかった!
どうして落ち武者の霊が見られる人と見られない人が存在するのかと言う定義が面白いのだが、ここに三谷氏のこの映画のメッセージがあると思うのだが、度胸もありチャレンジャーのフットワークの軽やかな主人公が今一つパッと花開かないのは、自分自身に自信が持てないでいると言う事を落ち武者が教えてくれるのだ。そう311を体験した日本人は今迄とは違う価値観へと転換して来ていると思うが、今後この長引く経済の低迷の中で、経済を立て直し、被災地の復興と言う大きな課題を持つ私達にきっと必要な事は、己の底力を信じる事なのかも知れない。
生きる事が困難で、自殺を決意し、森のボロ宿に迷い込み落ち武者に対面する被告とは、今の日本人を表しているのかも知れない。袋小路で苦しむ自分達にもご先祖様と言う尊い歴史を一人一人が皆それぞれの人生に持っている事。自分一人で生きていると思うと心が折れる事も有る。しかし私達にはご先祖様から受け継いだ貴重なDNAがその身体に存在するのだ。目に見る事がたとえ叶わなくとも今の自分達をいつも隣で護っていてくれる心強いご先祖の存在、或いは神でも良いかも知れないが、きっとそんな存在が必ず何処かで今の日本を護っていてくれるのではあるまいか?映画の最後で自分の仕事をやり遂げた新米弁護士は、落ち武者の存在が見えなくなる。自分自身に自信を持って生きられた証なのだ。見えても見えなくても、自分の身体一つ取ってみても、その中には貴重な歴史に育まれた情報がDNAとして受け継がれているのだ。今一度、この力を信じて生きて行って欲しいと願わずにはいられない!

Ryuu topiann(リュウとぴあん)
Ryuu topiann(リュウとぴあん)さん / 2011年11月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人を楽しませる天才 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

はっきり言って最高でした。

しかもキャストが豪華すぎ。
更にみんな演技がうまいし、村田大樹が出て来た時はめっちゃ嬉しくて
テンションが上がりまくってました。

ストーリーも心温まる素敵な内容でした。

最後は思いっきり泣いていました。

最後エミに六兵衛とお父さんの姿が見えなかったのは、自分に自信を持ち生き生きとした感情を取り戻したからなんだと思ったら、とても切ないけれどとても感動しました。

そして例え目に見えなくても死んでしまった大切な人が見守ってくれてるんだと温かい気持ちになりました。

三谷さんの映画の中で一番泣けました。

とても素敵な映画でした。

ありがとうございます。

reversshot38
reversshot38さん / 2011年11月3日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

心があたたかくなります。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

題名からホラーかと思ってましたが、とっても面白かったです。
ほんのチョイ役のキャストの豪華なこと。
特に陰陽師の格好した人や、レッドバトラーばりのちょび髭はこんな人、今時いないし、ってつっこみたくなるほど。
困難を乗り越え、主人公が自信を持って法廷に臨むシーンは成長振りが窺えて頼もしいです。
ですが、仕事がうまくいくと幽霊が見えず、最愛の父とも語り合えないのが切なかったです。
エンドロールの後日談も楽しいので、最後までぜひ見てください。

瑠璃3
瑠璃3さん / 2011年11月3日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

シナモンティーを飲みながら ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作つきでないから、こんなにのびのび、自由な映画ができたのでしょうか。
役者の数は多いので、お気に入りの役者さんが観たいという方。
気を付けて下さい。
凄く、いや、とても奇抜な格好をしていることもあって、観ている方が驚かされてしまいます。
なんだか、仮装、コスプレと笑いだしたくなります。

お笑い路線だと思いきや、涙でうるうる、家族愛、色々なものが詰め込まれたびっくり箱、宝箱みたいな感じです。
出てくる役者さんたち、徹底的に、その役に紛しています。

最初は上映時間が長いと思ったのですが。
始まってみるとずんずん、ぐいぐいと引き込まれてしまうので、画面から目が離せません。
トイレに行く人もいましたが、皆急いで帰ってきます。

西田さんはアドリブだなあという感じはするのですが、他の役者さんはどうなのか。
安部んは、中井さんは。
長身のこの二人が真面目な顔で口にする台詞には頷きつつも、クスリと笑ってしまいます。

未佐緒00
未佐緒00さん / 2011年10月31日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

気分爽快!この映画すごい!!

最近の映画の印象としては、何かしら原作があって映画が作られてる。
けど、この映画は違う。三谷幸喜の手腕が見事に発揮。
映画館でいる人全員があんなに笑ってちょっと泣いて満足して帰る映画はそうそう無いんじゃないだろうか。

三谷ワールドの伏線の回収は見事。色んな所に張ってあるから回収するたびにここかー!なーんて思っちゃう。

この映画は二回観てもいい位面白い!

関脇
関脇さん / 2011年10月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

最高の法廷コメディ。

大笑いしました。映画でこんなに笑った事ないんじゃないか?ってくらい笑わせてもらいましたね☆

チョイ役でも豪華な顔ぶれのキャストを贅沢に使った作品です。三谷さんの人望なんでしょうか?とにかくスゴイ方々ばかり。

最高のエンターテイメント作品だと思います。

2011年10月30日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

意外に、TKO木下がイイ味出しています。

『ザ・マジックアワー』以来、3年ぶりの三谷作品。今回は、ドジで間抜けな?弁護士が活躍する法廷ドラマ。“三谷組”と言う言葉が有るのかどうか走りませんが(笑)、例によって、三谷映画の常連が多数出演。過去の作品からの、カメオ出演もあります。

深津絵里って、やっぱりスゴイんですねぇ。『悪人』でシリアスな演技を見せたかと思うと、この作品では一転、コミカルな役を演じています。あ、でも、『踊るシリーズ』もコミカルですね。でも、役の幅が広いのはすごいと思います。エミは、彼女でないとダメだったかも。

一方、アメリカABCの『フラッシュフォワード』でアメリカ進出を果たした竹内結子。こちらの主役級の女優さんですが、今回は、脇役です。って言うか、彼女のイメージとはちょっと違う役だったので、何処で出ているのかパッと見ただけでは、判りませんでした(苦笑)。あんなに濃い化粧をする必要があるのか(笑)。

その他、中井貴一とか、阿部寛とか、錚々たる一流俳優陣が出演している中で、お笑い界から出演のTKOの木下隆行が、意外に、イイ味を出しています。そうなんですよねぇ。お笑いの人って、演技させると、意外にイイ味をだすんですよねぇ。やっぱり、お笑いのネタをやっている=演じていると言うことなんでしょうか?

さて、何故かエンドロールにだけ、大泉洋が写っています。これは、Wikipediaによれば、大泉洋の番組で直接監督の三谷幸喜に出演の了承を得て、実際にちょっと出演したらしいのですが、映画がフジテレビ系であるのに、大泉洋の番組がテレビ朝日系であったことから問題化し、こういう形での“出演”となったらしいです。

三谷監督のやりたい事、出したい人が多すぎるのか、所々、冗長。もう少しシーンをカットすれば、もっと締まる作品になったと思います。でも、笑いあり、涙は・・・無かったと思いますが、中々楽しい作品です。

勝手な評論家
勝手な評論家さん / 2011年10月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

三谷幸喜のトリックにひっかかりました

最近、小説やマンガを映画したものが増えている。

面白いは面白いのだけれど、原作を知っていないとわからない細かいところで疑問符が残ったりする。

それに、時間内に全部がおさまっていない気がして物足りなく、もどかしく思うこともある。

最終的には原作に読みふけり、もはや映画を楽しむことから逸脱してしまう。

そういうのも好きなのだけれど、今回の「金縛り」はそんな疑問符は一切なしで、久しぶりに純粋に映画を楽しめました。

予測不可能な展開と、西田敏行さんのアドリブ混じりの演技。
腹を抱えて笑いました。
テレビでもやるんだろうけど、鑑賞している他の人と一緒に笑うって、楽しいものですね。

ぜひこの映画は映画館で見ることをオススメします★

mary*
mary*さん / 2011年10月30日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

隅から隅までザッツ・エンターテイメント!な傑作法廷コメディ

失敗続きの弁護士が、再起を懸けて臨んだ殺人事件の裁判。
しかし被告人の無罪を証明できるのは、
事件当夜に被告を金縛りにしていた落武者の幽霊ただひとり。
弁護士は幽霊を裁判所に召喚し、被告の無実の証明に挑む!

……え、本当の裁判でそんなの出来っこ無い?
バカらしいフィクションだって?
いやいや、あぁた、そんなこと言うだけ野暮ですぜ。
『ラヂオの時間』と同様、冷静になれば“んなバカな”な描写も多いのに、
映画のペースに巻き込まれ、いつの間にやら笑わせられ泣かされている。
だって隅から隅までスッゲー楽しい!し、おまけに優しさに溢れてるんだもの。

まず深津絵里と西田敏行のコンビが抜群!
「そんなん無理っすよぉ」といきなり若者言葉になったり洋食好きだったり、
中途半端に現代に馴染んじゃった落武者・六兵衛。
猪突猛進でド天然。「ヴゥァッハッハ!」と笑う姿や悪意の無い笑顔が可愛すぎる弁護士のエミ。
二人の丁々発止のやりとりが笑えて笑えて。
一方で、
過去の汚名を灌ぎたいと願う六兵衛と、父への複雑な想いを抱えたエミが
奮起する物語として一本スジが通っているのも好印象。

他のキャラも良い!
堅物キャラの反動が笑いと涙をもたらす中井貴一や、
確信犯的なダイコン演技が面白過ぎる竹内結子や、
前作『マジックアワー』のあの人とか……
ステキな面々が大挙登場でとても紹介しきれない。
僕があとひとりだけ挙げるとしたら……もうひとりの“落武者”(爆)。
なんでアンタが法廷内にいたんだよッ!

映画通の三谷監督らしく、
ソール・バス調のタイトルロールやゴシックな雰囲気漂う事件発生シーンなど、
ヒッチコック映画を彷彿とさせるオープニングとかも素敵だ。
他にも過去の名作へのオマージュがわんさか盛り込まれているようだが、
知ってる人はもっと楽しめたんだろうなあ、羨ましい。

本作で残念な点は3つ。
一つ目は、コメディにしてはちょいと上映時間が長過ぎること。
ニつ目は、贅沢だろうが、やはりミステリー的な面白さももう少し欲しかったこと。
そして三つ目は、これからまた数年は監督の新作映画が観られないこと。
三つ目のが一等残念です……なぁ〜んて綺麗にまとめすぎ?

ま、とにかく、今年公開されたエンタメ映画でも屈指の面白さ!
見事な“笑い泣き”でした。

最後に、これから本作を観る方々に一言。
「……エンジョイ!」

<2011/10/29鑑賞>

浮遊きびなご
浮遊きびなごさん / 2011年10月30日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

笑える法廷ドラマ、泣けるコメディ

三谷幸喜が本作を構想したのは約10年前。
以来、何度も何度も断られたとか。
映画はいざ公開してみなければ、何が当たるか分からない。
当たると思っていたのがコケたり、当たらないと思っていたのが当たったり。
後者に当てはまるのが、「お葬式」や「おくりびと」など、そして本作も。

「THE有頂天ホテル」「ザ・マジックアワー」と、日本ではなかなか当たらないコメディを大ヒットに導いて来た三谷幸喜、いくら何でもそろそろ息切れするだろうと思っていたら、またまた満足度の高い作品を完成させてしまった。
今回は、コメディ色の強い前2作とは違って泣ける要素を加え、満足度はさらにプラス。
「12人の優しい日本人」という傑作を作っただけに、今回も二転三転するオリジナルストーリーで、142分、全く飽きずに見れた。

役者たちもとても魅力。
深津絵里はもう終始可愛いし、西田敏行の存在はもはや語る必要無し!
呆気なく逝ってしまった阿部寛も、イイ奴にもヤな奴にも見える中井貴一も、意外と悪女役がハマってた竹内結子も、皆楽しそうに演じていた。

よくこんなユニークなアイデアを思い付くなぁ、と感心。
三谷幸喜の次回作には、またまたまた期待せずにはいられない。

近大
近大さん / 2011年10月29日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2011年No.1邦画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

いつもの三谷幸喜作品
よく出来てる。

トトロとかのジブリ作品に通じるものがある。

ストーリは殺人事件の証人として幽霊をつれて来る。
こんな奇想天外なストーリをよく思いつく。

ファンタジーになるのか、
三谷幸喜作品というジャンルになるのか、
どの年代の人も共通して楽しめる内容になっている。

子供でもわかりやすいと思う。

喜劇というのはこういうものだよね。
劇でも観てみたい。

笑いあり、涙ありの心温まる映画になっている。

興行的にも2011年邦画No.1になると思う。

Helguera
Helgueraさん / 2011年10月29日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

96件中、81~96件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi