ノルウェイの森 : 映画評論・批評

メニュー

ノルウェイの森

劇場公開日 2010年12月11日
2010年12月7日更新 2010年12月11日よりTOHOシネマズスカラ座にてロードショー

セリフの距離感で見せる村上春樹の世界観

難解な内容のうえ、未完のまま観客に投げてしまった感のある「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」が前作だけに、トラン・アン・ユンが「ノルウェイの森」を監督することに一抹の不安を覚えた人は少なくないはず。だが今回はかなりシンプルでわかりやすい作品になっている。

とはいえ原作者は村上春樹である。俳優と役柄のイメージがマッチするかどうかという問題ではない。村上作品独特の世界観を直接的な表現媒体である映像でいかに表すか、その方法論を見出さなければならない。そのキーは、セリフの距離感をいかに計るかという点だと考えていた。村上作品のセリフはどこか相手ではなく、もっと遠くに向かって発せられているようなところがあるからだ。

かくして本作は、脇の俳優陣に60年代の日本映画のような独特のセリフ回しを徹底させるという方法を採った。リズミカルで感情を排したような喋り方は、メロドラマになってしまう危うさを回避させ、トラン・アン・ユンのクラシックなテイストともマッチ。また彼の得意とする肌を通した表現は、登場人物それぞれの若さゆえの存在の危うさと、それに反する生の強さを浮かび上がらせた。とくに緑役の水原希子の頬やうなじから発せられる若さは、それだけで生を肯定している。存在の確かさが発する説得力は、映像ならではのものだろう。彼女がもたらした新鮮さは、この作品最大の収穫といえる。

ラストでビートルズのノルウェイの森が流れると、小説ではピンとこなかったメロディが、妙にしっくりきた。ということはこの冒険、かなり健闘したということか。

(木村満里子)

関連コンテンツ

インタビュー

トラン・アン・ユン監督、揺るぎなき松山ケンイチ&菊地凛子への信頼
インタビュー

2008年、村上春樹の世界的ベストセラー小説である「ノルウェイの森」の映画化決定という一報は、多くの驚きをもって日本全土を駆けめぐった。そこからさかのぼること14年、フランスで翻訳版を読んだトラン・アン・ユン監督にとって、映画完成まで...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

ノルウェイの森 コンプリート・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] ノルウェイの森 スペシャル・エディション[DVD] ノルウェイの森[Blu-ray/ブルーレイ] ノルウェイの森[DVD]
ノルウェイの森 コンプリート・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] ノルウェイの森 スペシャル・エディション[DVD] ノルウェイの森[Blu-ray/ブルーレイ] ノルウェイの森[DVD]
発売日:2011年6月22日 最安価格: ¥4,744 発売日:2011年6月22日 最安価格: ¥3,160 発売日:2011年10月26日 最安価格: ¥1,500 発売日:2011年10月26日 最安価格: ¥952
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
2.7 2.7 (全77件)
  • 気持ち悪い ヤッタやらない。濡れた濡れない。本当くだらない。 菊地凛子の恋愛ものに全く惹かれないし、何と無く不自然な会話のテンポ。ワザとらしい泣きの演技。 直子が死んだ場面の音楽も最悪。 見なきゃよかった。 ...続きを読む

    おこげ おこげさん  2017年9月24日 17:26  評価:1.0
    このレビューに共感した/0人
  • 映像はきれい。映像はね。 ホンマ純文学を映像化しているのがプンプン... 映像はきれい。映像はね。 ホンマ純文学を映像化しているのがプンプン伝わってくる。 高校時代に友人を亡くし、それがトラウマで精神的に不安定になった女性。 そして、華やかな大学生活も連絡ツールは... ...続きを読む

    キッスィ キッスィさん  2017年6月30日 20:27  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 悪くないです。 1カット1カットがどこを切り取ってもポスターにできるような美しい映画でした。 しかし、この映画の魅力は択一された台詞回しではないでしょうか? 見ていて気持ちのいい会話から、ぐっと胸に刺さる会話ま... ...続きを読む

    ねじまき鳥 ねじまき鳥さん  2017年5月22日 03:08  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi