アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン
ホーム > 作品情報 > 映画「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」
メニュー

アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン

劇場公開日

解説

木村拓哉、ジョシュ・ハートネット、イ・ビョンホンという日米韓のスターが共演するサスペンス。他人の痛みを我が身に引き受けることができる不思議な力を持つ男シタオが失踪し、捜索を依頼された探偵クラインは、彼の足跡を追ってロサンゼルスからフィリピン、香港へと渡る。そこでクラインは、香港マフィアのボス、ス・ドンポもシタオを探していることを知るが……。監督は「青いパパイヤの香り」のトラン・アン・ユン。

作品データ

原題 I Come with the Rain
製作年 2009年
製作国 フランス
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
上映時間 114分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

DVD・ブルーレイ特集

日・米・韓3大スター“共艶”! アメリカ、アジアを駆ける衝撃のノンストップ・サスペンス・アクションを見逃すな!
DVD・ブルーレイ特集

 年末から1月にかけては、正月映画、正月第2弾映画としてスケールの大きな作品が次々と公開されるが、 外出すれば寒さも体に応える季節、暖かい部屋でじっくりと大作を楽しむのも悪くない。そんな風に思っている人たちにお勧めしたいのが、6月の劇場公開も記憶に新しいノンストップ・サスペンス・アクション大作「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」だ。 DVD・ブルーレイ特集

インタビュー

トラン・アン・ユン監督 インタビュー
インタビュー

「青いパパイヤの香り」「夏至」といったアート映画で知られ、現在は村上春樹の大ベストセラー小説の映画版「ノルウェイの森」を撮影中のトラン・アン・ユン監督が、木村拓哉、ジョシュ・ハートネット、イ・ビョンホンという日米韓のスターを起用して作...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

トラン・アン・ユンが3人のスターを使って試みた泥だらけの実験
アイ・カム・ウィズ・ザ・レインの映画評論・批評

皮膚に細かく張り付く湿気、濃い緑が表情に落とす光と影。トラン・アン・ユン独特のエキゾチックで色気のある世界観に木村拓哉、イ・ビョンホン、ジョシュ・ハートネットらが美しく染まるのを想像した人は多いだろう。製作側もこの組み合わせに、芸術映...アイ・カム・ウィズ・ザ・レインの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
2.9 2.9 (全9件)
  • 木村拓哉。 ネタバレ! キムタクが昔から苦手なわたし。ありがちな理由(?)ですが、苦手なわけは、 「全てにおいて完璧」だから。 避けてきました。キムタク作品から。しかし、「十三人の刺客」で稲垣吾郎をみてから、 俳優、「... ...続きを読む

    ⁉︎ ⁉︎さん  2011年6月17日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • わかるんですがわからない あまり期待するとがっかりでしょうが、期待していなかったので それなりに面白かったです。 いろいろなことを試みようとしているのは非常に良く分かるんですが、 どうもチグハグな感じがします。 神モドキ... ...続きを読む

    赤いおじさん 赤いおじさんさん  2010年11月6日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • いい意味での裏切り イケメン達目当てで観ると裏切られます。 彼等の演技に驚愕してください。 特に木村拓哉さんの演技力は見ものです。 ...続きを読む

    belfry belfryさん  2010年3月23日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi