崖の上のポニョ 特集: 「ポニョ」を読み解く4大キーワード(2)

ホーム > 作品情報 > 映画「崖の上のポニョ」 > 特集 > 「ポニョ」を読み解く4大キーワード(2)
メニュー

崖の上のポニョ

劇場公開日 2008年7月19日
2008年7月14日更新

プロデューサー発言に見る、「ポニョ」を読み解く4大キーワード

前のページから続く

海から見上げる崖の上に建つ宗介の家 海から見上げる崖の上に建つ宗介の家

■海

宮崎作品といえば主人公が空を飛ぶシーンは有名だが、今回の舞台は「海」。海を作品の大きな舞台として扱うのはほぼ初めてだ。

海の中の描写も楽しい 海の中の描写も楽しい [拡大画像]

「宮さんの好きなものは空と、それから海なんです。また、アニメーションで一番描くのが難しいと言われているのが“火”と“水”ですが、それらをどう描くかということです。『ハウル』に出てくる火の悪魔カルシファーで、彼は火をどう描くかに挑戦しました。カルシファーは、全編を通して宮崎駿ひとりで描いています。それで次は“水”です。ちなみに、『ハウル』の公開初日に宮さんは瀬戸内海のとある街を訪ねていましたが、そこで見た風景も、今回の映画と大きな関係があります」

ピクサーのCGアニメ「ファインディング・ニモ」は本物と見まごう海を描いたが、「ポニョ」は基本的に絵は全て手描き。「ニモ」のように写実的ではないが、海中のプカプカとした泡や嵐の際のうねる海面など、さまざまな表情をみせる。また、たびたび海の水が魚のかたちとなって現れることにも注目。

「『海も生き物である』ということです。『生きとし生けるものは人間だけではなく、小さな昆虫、石、海、波にまで命は宿る』。そんな思いを宮崎はやってみたかったんです」

空を飛ぶシーンはないが、ポニョやその妹たち、多種多様な海の生き物たちが海の中を時にまったりと、時にスピーディーに泳ぎ回るシーンや、変幻自在な波のうねりは、従来の飛行シーンに匹敵する見どころ。

子供たちに希望を与えるキャッチコピー 子供たちに希望を与えるキャッチコピー [拡大画像]

■生まれてきてよかった。

ジブリ作品では毎回印象的なキャッチコピーがおなじみだが、今回はこれ。ジブリ作品のコピーは糸井重里が多数考案していることでも有名だが、今回は鈴木プロデューサーによるもの。

「宗介とポニョが出会う不機嫌な顔の赤ちゃん。ポニョが機嫌を直してあげるんですが、あの赤ちゃんの出会いのシーンは何を言いたいのか? あの赤ん坊は、『生まれてこなければよかった』と思っているんです。(コピーは)それを逆転させたものです。『生まれてこなければよかった』という一言が、もしかしたら今の時代に重なるかもしれない。だとしたら、その逆を言ってあげることが、一番大きな意味になると思ったんです」

子供の目からみた美しく楽しい世界と少年少女のまっすぐな恋、無償の愛でつながった母と子、生命にあふれる海……そうしたものを通し、混迷した現代社会にあって「ポニョ」は、子供たちが「生まれてきてよかった」と言えるような作品にならんとして描かれている。

「崖の上のポニョ」の特集

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

日本人の萎えた心を蘇生させる、純度の高いファンタジーの傑作
映画評論

一途な想いを募らせて荒れ狂う波の上を全速力で走って走って跳躍し、どこまでも少年を追いかける少女――。横溢するパッションと歓喜のデフォルメに、アニメならではの幸福感が凝縮される。そう、幼少期にまで遡らなければ、もはや世の中を肯定すること...映画評論

フォトギャラリー

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す