アララトの聖母
ホーム > 作品情報 > 映画「アララトの聖母」
メニュー

アララトの聖母

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

画像1

解説

画家アーシル・ゴーキーの絵画をモチーフに、アルメニア人虐殺の悲劇と現代の親子のエピソードを交錯させて描いたドラマ。監督・製作・脚本は「フェリシアの旅」のアトム・エゴヤン。撮影は「デュエット」のポール・サロッシー。音楽はエゴヤン作品の常連であるマイケル・ダナ。美術は「スウィート・ヒアアフター」のフィリップ・ベイカー。編集はエゴヤン作品の常連であるスーザン・シップトン。衣裳は「スウィート・ヒアアフター」「ノンストップ・ガール」のベス・ペスターナク。出演はこれが映画デビューのデイヴィッド・アルペイ、歌手として知られる「ピアニストを撃て」のシャルル・アズナブール、エゴヤン作品の常連であるアーシニー・カンジャン、「渦」のマリ・ジョゼ・クローズ、「逃亡者」のイライアス・コティーズ、「スウィート・ヒアアフター」「ビロウ」のブルース・グリーンウッド、「ラッキー・ブレイク」のクリストファー・プラマー、「ゴシップ」のエリック・ボゴシアン、「百合の伝説/シモンとヴァリエ」のブレント・カーヴァーほか。2002年カナダ・アカデミー賞主要5部門受賞。

ストーリー

映画作家のエドワード・サロヤン(シャルル・アズナブール)は、聖なる山アララトの麓で起きたアルメニア人虐殺の史実を映画にするため、カナダのトロントに撮影にやってくる。彼は、その虐殺で母を亡くした画家アーシル・ゴーキー(サイモン・アブカリアン)に注目し、少年時代の彼を映画に登場させようと、ゴーキー研究家の美術史家アニ(アーシニー・カンジャン)に撮影の顧問を依頼。未亡人のアニには二回の結婚歴があり、最初の夫との息子ラフィ(デイヴィッド・アルペイ)は、死んだ父親がテロリストなのか英雄なのか悩んでいた。二度目の夫の娘シリア(マリ・ジョゼ・クローズ)は、ラフィと恋人関係にあり、自分の父親の事故死の原因がアニにあると考え、彼女を激しく憎んでいる。そしてサロヤンの映画がクランク・イン。主人公の米国人宣教師に扮するのは、人気俳優マーティン・ハーコート(ブルース・グリーンウッド)。敵役のトルコ人総督には新人のアリ(イライアス・コティーズ)が抜擢。アリには同性の恋人フィリップ(ブレント・カーヴァー)がいたが、そのことで、フィリップと空港関税検査官の父デイヴィッド(クリストファー・プラマー)の関係はこじれていた。撮影現場でラフィは雑用係として働いていたが、映画の内容に触発され、父の真実を知るためにアララトへと旅立つ。やがて帰国したラフィは、空港の税関でデイヴィッドの取り調べを受けることに。ラフィは喪失の歴史を語り終え、解放。息子の身を案じて空港へと駈けつけたアニと固く抱き合うのだった。...

作品データ

原題 Ararat
製作年 2002年
製作国 カナダ
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
上映時間 115分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「アララトの聖母」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi